スタッフ日記

ソーラーコムのお家一覧

伐採ツアーに行ってきました♪

これから木の家づくりをされるご家族と一緒に、

木材の産地へ赴く「伐採ツアー」。

 

今回は2組のご家族様と一緒に高知県の森に行き、

2本の原木を伐採していただきました!

 

先週まではずっと雨模様が続いていたので、

「週末は晴れますように!」という想いが届いたのか、

当日は汗ばむくらいの気温に!

(想いが届きすぎたのか、少し暑すぎたようですが…^_^;)

 

 

飛行機で高知へ飛び、車で森林組合のある「ゆすはら町」まで!

そしてその足で原木が並ぶ森まで行き、

自然の恵みをいただく感謝の儀を終えた後に、いざ伐採!

 

今回は1歳~13歳のお子様たちを含むご家族1人ずつ

それぞれのご家族分の原木に斧入れ式を行ないました。

伐採ツアー 高知県の原木を伐採中

そしてその原木を森林組合の方がチェーンソーでドシーン!

と伐採。

大~きな杉の木が地面に倒れる様は、何度見ても圧巻です!

梼原町森林組合さんが伐採してくれる様子

 

伐採の後は工場の見学をさせていただき、

その後は温泉、そして民宿へ。

 

今回の夕食は初のバーベキューでした♪

いちょうの樹でバーベキューの夕食!

森林組合さんが花火も用意してくださり、

とっても賑やかな夕食となりました。

 

翌日は梼原町の観光へ…。

 

そしてこちらも初!の高知県立牧野植物園へもいってきました。

植物学者の牧野富太郎博士にゆかりのある約3,000種類の

植物などが、なんと約6ヘクタールの敷地で鑑賞、観察できます。

緑い~っぱい、子供さんたちにも好評で、

また次回もぜひ来たい場所となりました。

 

帰りの飛行機ではみんなグッスリだったかもしれませんね…♪

 

今回伐採していただいた原木は、これから乾燥、加工されて、

家づくりが始まるころ、大阪へやってきます。

我が家の木材との再会、私たちもとっても楽しみです!

 

「外の気温がわからないんです。」

 

今日の“き”になる木の家すみここちのお話し。

 

今年お引渡しをさせていただいた、
豊中市の住まい手さま宅へお邪魔したときのこと。

その日は気温27℃、
陽射しも強く、半袖でちょうどいい日。

 

けれどお部屋の中は長袖でも涼しいくらいでした。

 

奥様のお話しを聞くと、

「OMソーラーがあるからかな?
最近、暑くなってきて、子供たちが汗だくになって
帰ってくるので、『え、そんなに暑かった?』と
思わず聞き返してしまうんです。
引っ越してから、外の気温が分からないんですよね(笑)」

とのこと。

 

すっかり汗ばむ季節になりましたが、
お家ではサラッと涼しく過ごしていただいているようです^^

 

こちらの住まい手さまのお家のリビングには、まだエアコンがありません。

「購入はひと夏越してみてから考えようかなぁ~」
とのこと。

 

梅雨の季節も、今年はカラッと気持よくお過ごし
いただけますように…♪

 

 

打矢

 

『知的富裕層が選ぶ先進的健康住宅』

 

心筋梗塞、動脈硬化、うつ病、夏型肺炎……。
現代病の原因は「居住環境」にある。

 

うちから光が溢れる木の家の外観の下に、
危機感をあおる帯書きが目を引くこちらの本。
「知的富裕層が選ぶ先進的健康住宅」

 

OMソーラー代表の飯田さん著、幻冬舎から
現在発売中の書籍です。

Amazonでも、「住まいと健康」カテゴリでの
販売ランキング第1位にもなっていました。

遅ればせながら当社にも届きましたので、
ご紹介させていただきます。

 

題名にある「知的富裕層」とは、
決して“高学歴なお金持ちのセレブ集団”
といったことではなく、
地球環境保全や生物多様性、地域の活性化、
人間らしいライフスタイルといった考え方や
価値観、社会の動きに高い見識を持ち、
金銭的な側面だけに縛られない、
いわゆる「グリーンコンシューマー」のことです。
(書籍より抜粋)

※グリーンコンシューマー とは…
環境にやさしいライフスタイルを実践する
消費者のこと。

 

そう考えると、情報感度の高い
最近の日本人の多くは、
この「知的富裕層」に当てはまるのではないか、
と思えますね。

 

これまでは、住まい心地や気持ちよさなど、
心に訴えかける、OMソーラーの価値を
お伝えさせていただくことが多かったですが、

研究結果や、技術に基づく価値についても、
本の内容を通して、
皆さんにお伝えできるようにできればと思います。

 

Amazonや書店でぜひチェックされて見てください。

ソーラーコムでも、イベント参加特典として
プレゼント中ですので、こちらもぜひお立ち寄りください(*^_^*)

 

 

さいごに・・・

気になる書籍「知的富裕層が選ぶ先進的健康住宅」の
中身を目次でもご紹介♪

——–

〈本書の目次〉

はじめに
第1章 心筋梗塞、動脈硬化 浴室内での突然死は交通事故の4倍
第2章 命を脅かす「現代病」の原因は日本の住宅が抱える温熱環境と換気不足にある
第3章 「温熱環境」と「換気」にこだわれば健康寿命をのばす居住環境は実現する
第4章 風向き、日照時間、気候……科学的分析に基づいた家づくりで「健康リスク」を低減する
第5章 生活の中心である「家」にこだわり、家族全員の健康を保つ
あとがき

——–

 

打矢

 

豊中市OMソーラーと自然素材の木の家 わくわく土間タイル選び!

 

豊中市で現在、注文住宅を建築中の、S様のお家。

お打ち合わせの色決めで使う、玄関の土間タイルがずら~っと
並びました。

 

右上にある模型がS様のお家の完成イメージ。

このお家に入ってすぐの玄関に使用するタイルの候補がこんなに!
(写真に写りきっていないものもまだまだあります。)

 

この中から選んでいただくのですが・・・
色だけでなく、それぞれ質感も違うので、私も見ているだけで
悩みそう!

 

「この色だとこんなイメージで、この質感だとこんな感触で・・・」

でもこの悩んでいる瞬間も楽しいのが注文住宅の醍醐味ですね♪

 

個人的に気になるのが、タイル「色の名前」。

セルシィレッド、モニカゴールド、レッドクリフなどなど・・・

おしゃれな名前で、見ているだけで楽しいです。

 

この中からS様はどのタイルを選ばれるのでしょうか…?
楽しみです(^▽^)

 

打矢

内容盛りだくさん♪2016年上半期イベントのご紹介♪

 

本日は、今年2016年上半期

ソーラーコムの木の家イベントをご案内いたします♪

 

今年は毎月イベント・セミナーを開催!!
ご都合の良い日がありましたら、ぜひぜひご参加ください♪

(詳細ご案内があるイベントは、イベント情報ページにリンクしています。)

 

見学会♪

 1月24日(日) 豊中市  OMソーラーの家 構造見学会
2月6日(土) 京都市 二世帯住宅の木の家 完成見学会
2月27日(土)-28日(日) 池田市 OMソーラー2年目の木の家 庭園見学会
3月12日(土)-13日(日) 大阪市 子育て世代の木の家 完成見学会
3月20日(日)-21日(祝・月) 豊中市 OMソーラーの家 完成見学会
5月上旬頃 伊丹市 木の家 完成見学会

 

住まい計画セミナー
(会場は全てグランフロント大阪 セミナールーム)

 ① 1月31日(日)  10:00~12:00 
 ② 2月28日(日)  12:30~16:00 
 ③ 3月26日(土) 12:30~16:00 
 ④ 4月24日(日)  12:30~16:00 
 ⑤ 5月28日(土) 12:30~16:00 

 

皆さまのご参加をお待ちしています!

打矢

 

    ↓↓ イベントのご予約はこちらから ↓↓

      

お電話・FAXでもお問い合わせください♪

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

あけましておめでとうございます。

 

昨年は、たくさんのご縁に恵まれ、

大阪を中心とした各地で、木の家づくりに

携わることができました。

皆々様、ほんとうにありがとうございました。

 

これからも、現在木の家づくり中のお施主様方をはじめ、

ホームオーナーの皆さま、

大工・職人さん、高知県の森林組合さん、

協力業者さん、そのほか家づくりに関わるすべての皆様方に

感謝の気持ちを持って、

私たちが目指す、いい住まい、いい木の家を

つくり続けて参りたいと思います。

 

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

現在は、

・京都市 2世帯住宅の木の家、
・大阪市 子育て世帯の木の家(3月5日・6日完成見学会予定)、
・豊中市 OMソーラーの木の家(3月12日・13日完成見学会予定)、
・堺市 建築事務所コラボの家、
・伊丹市 ご夫婦で住まう木の家、

の建築が進んでいます。

 

春先には、今年初めの完成見学会のご案内ができるかと
思いますので、皆さま、ぜひ足をお運びください。

 

本年も、たくさんの方々にお会いできる1年となればと思います。

皆さまにお会いできますことを、心から楽しみにいたしております♪

打矢

 

珍しいいただきもの

現在、京都にて2世帯住宅の木の家づくりが進行中

お施主さまO様より、珍しいお野菜をいただきました。

 

O様は京都の現場へ赴くとよく、手づくりのお野菜をくださり、

いつもスタッフ皆で分けていただいています。

O様、いつもありがとうございます。

 

今年の夏も、おいしいトマトなどをいただき、

トマトは我が家ではサラダ&シャーベットにて

いただきましたが、すごく美味しかったです。

 

いつも食べるのに夢中になって写真を撮るのを

忘れてしまうのですが…

今回は、忘れずに写真におさめました。

↓↓↓


その名も“ヤーコン”
ご存じですか・・・?

 

実は私は初めて見聞きしました。

ちょっと調べたところ、ヤーコンは、南米原産のキク科の野菜だそうで、

ヒマワリを小さくしたような可愛いお花が咲くのだそう。

 

見た目は“サツマイモの形をしたジャガイモ”のようです。

(聞くところによると、美容にも効果的らしいです…!)


切った感触は梨のようでしたよ~。


きんぴらと迷いましたが、かき揚げにしていただきました。
山芋のような食感の甘いお芋ですごく美味しかったです。

 

O様ありがとうございました(^_^)

 

打矢

摂津市にて木の家完成見学会をおこないました

先週末、摂津市で完成した木の家にて、見学会をおこないました。

お施主様のMさま、

ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。

 

この春、お引渡しをさせていただいたお家のホームオーナー様も

お越しくださり、大変うれしい見学会となりました。

 

こちらの摂津市の木の家は、太陽で床暖房OMソーラーと、

“日本一”と言われる性能をもつ、「湯布珪藻土」の塗り壁をとりいれた木の家。

(湯布珪藻土について紹介したブログはこちら→「ホンモノの珪藻土はこれだ!!」)

 

住み心地は・・・抜群にちがいありません。

 

見学会にご参加いただいた方からの感想でも、

木の香りはもちろん、この珪藻土が素敵だったという声が多かったです。

これから始まる木の家でもオススメしたい自然素材のひとつになりました。

 

OMソーラーの吹出し口にみ興味津々・・・。

 

 

皆さまご来場ありがとうございました。

 

打矢

 

 

 

木の家の木材、自分で伐採!いざ、高知県へ!

 

今回で、第20回を迎えた、高知県「伐採祈願祭ツアー」。

今まで、延べ64組180人以上の方にご参加いただいています。

 

今回は、なんと、3家族様同時伐採!

お子さんもたくさん来てくれて、とっても賑やかなツアーとなりました。

3家族様分の、3本の大木に斧入れをおこない、
ドド~ン!という地響きとともに大木が倒れる瞬間は、圧巻、感動!

 

気になるツアーの様子を、写真でお伝えします。

それでは、どうぞ!!
↓↓↓

高知県に到着! 澄みきった空気と水、そんな好環境で育った樹木に会いに行きます。

 

高知県、梼原(ゆすはら)の森に到着。思わず見上げてしまうほど大きな樹木たち。

 

途中、森林組合の方に木の話しをしてもらいながら、記念樹の元へ向かいます。

 

伐採させていただく木々に感謝を込めて・・・。

 

斧入れさせていただくのは、50~60年生の大木。

お子様も一緒に斧入れをおこないました。

 

斧入れが終わったら、組合の方にバトンタッチ。

 

ご家族皆さんが息を呑んで見守るなか、

チェーンソーの音と、杉の大木の「ギシッギシッ」と倒れていく音が森に響きます。

 

そして・・・、ドド~ン!という音とともに横たわる大木!

とともに、「おお~~!」と歓声が上がります。

この木が、やがて製造過程を経て、木の家を支える木材と生まれ変わります。

 

瑞々しい杉の切り口。

 

伐採された木材が、どのように管理、加工されていくのかもご覧いただきました。

 

工場横には木材のチップの山!

こんなに大量のウッドチップは工場ならでは。

 

 

他にも、高知県のおいし~いご飯や、民宿、市場など、

ここでは書ききれないほど、

木材のふるさと高知県を皆さんで堪能していただきました。

 

1泊2日の旅、お疲れさまでした。

 

ご自身で伐採した木材を使っての家づくり。

あの記念樹は、一生、皆さんのお住いを支えてくれる梁・柱へと生まれ変わります。

それを見るたび、今回の旅のことを思い出してくれたら嬉しいです。

 


 

 

お施主様より…『木の家に住んで3ヶ月経ちました』

今年の春にお引渡しさせていただいたお施主様より、

素敵なお写真とともに嬉しいご連絡をいただきました。

 
 

『我が家は引っ越してもうじき3ヶ月。

キュウリはあっという間に頂上のバーに到達、毎日が楽しい限りです。

またお近くにお立ち寄りの際はお訪ね下さい。

また落ち着いたら木のスタジオを訪ねてみたいと思います。』

 

 

娘さんたちが無垢材の床の家で気持ちよさそうに熟睡!

とっても可愛い写真にスタッフ一同、癒やされました。

 

Mさまありがとうございます。

また素敵なお写真お待ちしています!

 

打矢