スタッフ日記

ソーラーコムのお家一覧

大工乗り込みました

現在着工中、池田市 OMソーラーの木の家の建て方が始まりました
施工状況でもお伝えしている通り、搬入通路が狭小のすべて手運び工事の現場です

手順としては、まずは土台を敷き、柱を建て、梁、桁を組んで行きます
敷地内に大量の木材(全て先日ご紹介した高知県梼原の無垢材!!)をストックできるよう
敷いた土台の上に材木を積み上げていきます

梁や桁は特に重たい・・・腕が・・
ガンダムみたいな腕の大工さんなら平気なのですが・・(:_;)

まだたったこれだけです・・・
この後大量に搬入して初日は土台・柱・梁・桁で終了

2日目!
構造金物と取り付けながら昨日搬入した材を組み上げていきます
総勢8名での懸命の作業ですね
めちゃめちゃ絵になります大工さん!

掛矢(かけや)でトンカン!いい音してます
かけやとは、大型の木槌のようなものです

全て桧と杉の梼原材ですが、写真に注目してください
紙に包んでいる梁や柱があるのがわかりますか?

これは化粧材なので、傷つけないよう目印としてはがさずにおいてます
そして、ブルーのスポンジ材できっちり養生もしていますね
施主様にお引渡しするまでの大切なお預かり物として工事しています

ソーラーコムの木の家の注文住宅は登り梁工法です
続きは施工状況で紹介していきます
まずは屋根仕舞いを目指して突き進みます!

現場 川口大貴

高知県梼原町 伐採祈願祭ツアー(11/9-10)vol.2

高知県梼原町 伐採祈願祭ツアーレポート第二弾です。

第一弾の記事は→【高知県梼原町 伐採祈願祭ツアー(11/9-10)vol.1】

~伐採も無事終え、雲の上温泉と民宿でのお食事へ~

大仕事が終えたあとは地元料理と温泉で癒されました。
梼原が誇る雲の上温泉 もう辺りは真っ暗ですが…

雲の上温泉

民宿ではおかみさんの手料理満載の豪華囲炉裏を囲んでいただきました。
皆さん、地元料理に囲まれご満悦でした。

雲の上温泉 料理

こんな分厚くていい味の鰹のたたきは見たことない!

鰹のたたき


~2日目、森林組合の工場で学ぶ~

梼原の朝は霧がかっていても爽やかです。
梼原の朝

2日目のメイン、製材・乾燥・加工 工場の見学。
大阪の工務店ソーラーコムの伐採祈願祭ツアーは一味違います。

何が違うかは・・・→社長ブログ


丸太集積場

丸太集積場2

乾燥釜 2週間120度でじっくり乾燥します。

乾燥釜

その後は、坂本龍馬にゆかりのある場所や
政府の観光モデル都市に選ばれた梼原町の観光地を巡りました。

梼原町の観光地

坂本龍馬はここ梼原から旅立ちました。

坂本龍馬脱藩の道

ここまで読んでいただきありがとうございました。
大自然梼原と坂本龍馬にお別れをして、また無垢の木の家づくりに励んでいきます。

大自然梼原と坂本龍馬


伐採祈願祭ツアー

現場 企画 川口大貴

高知県梼原町 伐採祈願祭ツアー(11/9-10)vol.1

11/9-10の2日間、高知県梼原町 伐採祈願祭ツアーを開催しました。
今回は、着工中、着工直前のお施主様とそのご家族、総勢9名でのツアーでした。

★  工務店ソーラーコムの伐採ツアーってどんなもの…?★

施主様自らが、ゆすはらの樹齢50年のヒノキ・スギを伐採し、
柱や梁などの部材として使用することができます。最適な木を選び、
いわゆる”生産者の顔が見える”家作りの原点を体感していただくツアーです。

ではどのような2日間だったのかご紹介していきましょう。
~一路、伊丹空港を出発し高知県梼原町へ~

到着後はレンタカーで坂本龍馬のふるさと、梼原町へ向かいました。

伐採ツアー

お昼にはさっそく高知のソウルフード、鍋焼きラーメンと鰹のたたきたっぷりの土佐丼をいただき伐採の体力をしっかりつけました!
鍋焼きうどん
土佐丼

高知から車を走らせること2時間、梼原町森林組合に到着

土日でも製材・加工場はフル稼働ですね…ご苦労さまです。

梼原町森林組合

梼原町森林組合2

~旅の一番の目的、伐採祈願祭~
この大自然の中で、施主様自らが伐採した木から一生ものの家が出来上がります
伐採ツアーは数あれど、自ら祈念して伐採できるこのようなツアーはなかなかありません。

伐採祈願祭

まずは皆で祈念して…
伐採樹がある地点へずんずん進んでいきます。

伐採樹

さぁトップバッターのF様思い切り行きましょう!
やはり男性は刃を入れる音が違いますね 迫力があります。

F様

I様も5ヶ月のおこさんを抱きながら頑張ってくれました!
カメラ目線でご機嫌ですね~♪
伐採

F様も思い切り振りかざしてくださいました。

伐採

本伐採は森林組合のベテランさんがこのように切り倒してくれて


伐採

伐採記念に切れ端をお持ち帰りいただきます。
竣工したら一生の思い出に玄関にお守りとして飾ってくださいね。

伐採

その後は、マイナスイオン溢れる大自然をしばし満喫しました
(この夫婦杉は樹齢なんと、、500年!!)
夫婦杉

 

 

~伐採も無事終え、雲の上温泉と民宿でのお食事へ~

続きは次回更新します!
お楽しみに♪

現場 川口大貴

「巣作り本能」?

突然ですが、「巣作り本能」って聞いたことがありますか?

 

本来は、犬や猫などの動物が出産間近に、そわそわしたり、

急に自分の巣を整えはじめたりすることをいいます。

その本能が時々、人間にも現れるようです。

体験されたお母さんもいらっしゃるかもしれませんね。

 

この言葉を知ったのは最近なのですが、私も2人目お産の前にありました。

この「巣作り本能」。

 

私の場合は無性に物が捨てたくなり(もちろん要らない物ですが)、

ビニール袋片手に、大きなお腹で右往左往。

ようやくひと段落着いた所で、上の娘に撒き散らされるという…(笑)

現在、その2人目も6ヶ月になりました。

そんな私に、第2?の「巣作り本能」が到来しています。

それが・・・

 

「「家が建てたい!」」

 

家を建てる工務店にいながら、「住めばどこでも都!!」

な私でしたが、子供が生まれてから、よくそう思うようになりました。

 

ソーラーコムで家を建てられたご家族の方にも、

「子供ができたので・・・」

「子供が小学校に入るまでに環境を整えたい」

という方が多くいらっしゃいます。

 

今、その気持ちがとてもわかります!!

なんでしょう、子供のために良い家を建てたくなるこの気持ち・・・。

 

これもやっぱり「巣作り本能」の一種なんでしょうか?

 

でも、子供の為の良い家って、一体どんなものなんでしょうか・・・。

悩みはつきませんが、それはまた次の機会に・・・。

伝統と現代の住まいづくり

こんにちは

今日はOMソーラー主催の「OM設計スクール」で京都まで行ってきました。

ゲスト講師は京都で設計事務所を構えられる豊田保之さん。

ご実家が400年以上続く左官業とのことで、日本の伝統工法である

土壁の良さを現代住宅にどう取り入れるかを日々実践されています。

 

 

見学させていただいた住宅は、お施主様がアレルギーをお持ちとのことで

化学製品を極力使わない、土壁や無垢の木など自然素材を使った

健康に配慮された住宅でした。

 

お施主様も住みだしてからアレルギーが改善したとのこと。

住宅の持つ医療的な力に再度関心させられました。

 

この住宅での一番のポイントは「土壁を使った室温調整」でした。

伝統素材の土壁と現代素材の断熱材など、新旧の素材を

うまく組み合わせることで、現代での暮らしに適した快適な住まいづくりが

できるというお話でした。

 

OMソーラーの家づくりの考えの根底にある「パッシブデザイン」という考え方。

いろんな角度から考えさせられ、とても勉強になりました。

 

いい家づくりは、いい家を観ることから。

 

設計 池田