スタッフ日記

ソーラーコムのお家一覧

木の家の木材、自分で伐採!いざ、高知県へ!

 

今回で、第20回を迎えた、高知県「伐採祈願祭ツアー」。

今まで、延べ64組180人以上の方にご参加いただいています。

 

今回は、なんと、3家族様同時伐採!

お子さんもたくさん来てくれて、とっても賑やかなツアーとなりました。

3家族様分の、3本の大木に斧入れをおこない、
ドド~ン!という地響きとともに大木が倒れる瞬間は、圧巻、感動!

 

気になるツアーの様子を、写真でお伝えします。

それでは、どうぞ!!
↓↓↓

高知県に到着! 澄みきった空気と水、そんな好環境で育った樹木に会いに行きます。

 

高知県、梼原(ゆすはら)の森に到着。思わず見上げてしまうほど大きな樹木たち。

 

途中、森林組合の方に木の話しをしてもらいながら、記念樹の元へ向かいます。

 

伐採させていただく木々に感謝を込めて・・・。

 

斧入れさせていただくのは、50~60年生の大木。

お子様も一緒に斧入れをおこないました。

 

斧入れが終わったら、組合の方にバトンタッチ。

 

ご家族皆さんが息を呑んで見守るなか、

チェーンソーの音と、杉の大木の「ギシッギシッ」と倒れていく音が森に響きます。

 

そして・・・、ドド~ン!という音とともに横たわる大木!

とともに、「おお~~!」と歓声が上がります。

この木が、やがて製造過程を経て、木の家を支える木材と生まれ変わります。

 

瑞々しい杉の切り口。

 

伐採された木材が、どのように管理、加工されていくのかもご覧いただきました。

 

工場横には木材のチップの山!

こんなに大量のウッドチップは工場ならでは。

 

 

他にも、高知県のおいし~いご飯や、民宿、市場など、

ここでは書ききれないほど、

木材のふるさと高知県を皆さんで堪能していただきました。

 

1泊2日の旅、お疲れさまでした。

 

ご自身で伐採した木材を使っての家づくり。

あの記念樹は、一生、皆さんのお住いを支えてくれる梁・柱へと生まれ変わります。

それを見るたび、今回の旅のことを思い出してくれたら嬉しいです。