スタッフ日記

ソーラーコムのお家一覧

住まいはいかがですか?(家づくりに役立つ知識も有り!)

今回住まい心地をお聞かせいただいた豊中の家のご家族。

とても快適にお過ごしいただいているご様子です。

木の家がもたらす家族の健康を中心に、取り入れて便利だったもの、家族の暮らし方の変化などをお聞きしました。


■木の家って暖かい。

当時のマンションから木の家に移り住んで約2年、いつも感じることは、木の家って本当に暖かいんです。

もちろん冬場0℃を切ることもあるうちの地域ですから、暖房無しというわけにはいきません。

子どもたちの健康のことも考え、我が家が取り入れたのはOMソーラーとペレットストーブ。

外が0℃近いときでも室温はずっと20℃をキープしてくれる。

何より、リビングだけが暖かくトイレや脱衣場がひんやりしているストレスを感じることもないし、

どこにいても温度差が少なく体がとてもラクになりました。

杉の床板にしっかりとペレットの暖気が保温され足元も暖かく過ごせています

打ち合わせでヒノキと杉のサンプルを触り比べてみたときのことを思い出しました。

(杉は柔らくて暖かい!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■毎日のお洗濯も助かっています。

 

家族みんなが花粉に弱いので、ほとんどが部屋干し。

大きな吹抜けと、日当たりの良さと、OMソーラーの気流で、外で干すのと変わらないくらい

気持ちよく乾きます。最近取り付けたシーリングファンのおかげで空気がよく動き

何度も洗濯機を回してしまうくらいです(笑)


 

■家族の口にするものや触れるものには気を付けたい


 

誰でも健康でいたいと思うのは当然で、食事や身の回りのものに気を使ったりします。

でも、とっても大切なのは「空気」。暑い夏、寒い冬は換気をしたくない…。

でも閉め切っていると空気が汚れて、常にその空気を口することになりますよね。

我が家は、自然パワー3点セットで毎日快適な空気環境を整えています。

「無垢の木の調湿効果」、「珪藻土でハワイのような家」、「OMでいつも暖房しながら換気」

おかげでジメジメ、カラカラ知らずの生活が送れています。

子どものアトピーもどんどん良くなってきています。

 

■収納

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設計の池田さんと相談して、小屋裏収納や土間収納やウォークインクローゼットなど

たくさんの収納場所をつくりました。おかげで家族の雑多な荷物が溢れることなくいつも片付いています。

ただ気を付けているのは、収納があればあるだけいいという訳ではないということ。

あればあるだけ荷物が増えるのが日本人の生活スタイルなんです。だから他の住まい手さんから教えてもらった

物を買う判断基準のひとつ「我が家の収納にそれは収まるか」を考えて買うようにしています。

収納スペースに満杯詰め込むより、少しはスペースがあった方が出し入れ作業もしやすいですし、

見た目も綺麗に見え、かわいくディスプレイもできますよ。

 

■子どもの気配が分かる間取り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソーラーコムさんの家づくりの特徴、初めに個室をつくらないということ。

1階はLDKが1つの空間で繋がっているので自然と家族が集まってきます。

子供室やお勉強スペースも吹抜けを通して繋がっているので、子どもの気配を感じることができいつも安心しています。

子どもが小さいうちは間仕切りもせずに開放的に、将来子供たちが独立したときには自分たちのプライべート空間に

するか、趣味の部屋にするか、気が早いかもしれませんが、将来の子どもたちの家族を招くこともできそうです。

他の住まい手さんのお話しでは、早く子どもが独立できるようにあえて個室は作らずすこ~しだけ居心地の悪い空間に

してあげるそうです(中高生が部屋にこもらないという意味で)。少し寂しい気持ちはありますけど、子どもの成長は

親の何よりの願いですからね。

 

■ちょっぴり奮発して採用して便利だった設備

1624サイズの大きなお風呂…子ども達と広々入れて時短にもなる

玄関土間の造作洗面…帰宅時の手洗いうがいや上靴などもガシガシ洗える

2口ある洗面化粧台…朝のケンカが減りました(笑)

ガス乾燥機 乾太くん…吹抜け洗濯が面倒なときはこれで一気に乾燥させてます

OM用PM2.5対策のフィルター…実感はないけれど、黄砂もつかず空気がとても快適です

3口横並びのガスコンロ…使い勝手が抜群です

家内一括浄水システム…シャワーや歯磨き時の浄水がとても快適です

 

 

■暮らし方にいい変化

木の家に住んでちょっぴり嬉しい変化もご紹介しておきます

 

・主人や子どもが早く家に帰ってくるようになった

・家を訪れる人達が心地いいと言ってくれる

・靴下を履かなくて済む、素足で居たくなる

・我が家がやっぱり一番落ち着く

・家族でキッチンに立ちたくなる

・寝目覚めが良くなった

・外に出て初めて寒い日だと気づく

 

 

■設計・打ち合わせ担当より

 

S様が掲げた家づくりの最優先事項が、「家族の健康」「子ども達の安心安全」「時短」でした。

すべての箇所に意味があり、採用する判断基準が値段の高い・安いではない、自分達にぴったり当てはまっているかどうかでした。

住んでからももっと便利に‥とたくさんの手を加えられ、お邪魔するたびにバージョンアップされていて、

住んでからが楽しい木の家、をまさに体現されているご家族です。

そして、近所のこども達も嬉しそうにこの家に集まってくるところも、第三者としてちょっと誇らしく思ってしまいました(笑)

住み心地が良い家を上手く利用して、家族の暮らしの質を上げている印象です。

迷ったときには最優先事項の本質に立ち戻る。

そういう意味では、ただの消耗品選びと家づくりにも何の違いやブレもなく、とてもスムーズに暮らされているのだと感じます。

お子さんの成長とともに暮らしがどう変化していくのか、またどこかで発信できればと思っています。

資料請求はこちら
facebook twitter

イベントお申し込みはこちらから

WEBから申し込む

予約フォームメールはこちら

電話で申し込む

0120-6788-13

FAXで申し込む

06-6788-1085 専用用紙