スタッフ日記

ソーラーコムのお家一覧

【イベント報告】伊礼さん来場i-worksイベントとproject定例会

6/24(日)に開催されたi-worksイベント(伊礼先生によるご講演とi-worksタウン見学)は大盛況のうちに終了しました。ご参加いただいた皆様本当にありがとうございました。

直ぐにイベントをレポートしようと思ったのですが、モデルハウスのオープン準備などでとても遅くなってしまいました・・・これからモデルハウスのご見学はお申込みの上、いつでもどうぞ!

 

まず第一部は伊礼さんによるご講演。

プロ向けではなく、一般参加者様向けにどのようなことをお話しくださるのか、とても楽しみにしていました。

住まい手の要望を目一杯詰め込んだものが暮らしやすい・・?

冒頭、我々プロのほうが聞き入ってしまうような「注文住宅から提案住宅へ」という新建新聞社三浦社長の言葉が登場するお話。住まい手の要望をふんだんに詰め込んだ従来の注文住宅では、どこかまとまりが無く、つじつまの合わない設計になってしまう。(工務店は気前もいいし聞き入れてしまうんです)それで街の景観は良くなっているのか。そこで提案住宅というのは、要望を聞いてそれをそのまま叶えるものではなくて、「提案」をするもの。設計士が提案するものの中に住まい手の要望も入っていますよ、というものであるということです。

 

そうすることで何が叶うか。。。

 

①    プロの手で調整の取れたあなたの住まいは地域の景観そのものになり、自分の事しか考えないような住宅(例えば採光のために建物を北側目一杯に寄せて北隣りの敷地が売れ残る…など)が生まれないということ。もちろん間取りや内装もすっきりまとまりある空間になります。

②    住まい手様の暮らし方は尊重するけれど、あくまで設計に関しては素人。プロがすべき仕事はプロにお任せいただき、図面の見た目では決してわからない心地よさを体感して欲しい。ソーラーコムでは、それが何故欲しいのかという「理由」を重点的に伺うようにしています。「予算●●円で何㎡の何が欲しい」と言われると何も提案できなくなってしまうのです。理由さえ伺っておけば、プロですから何通りも手段があって、それを叶える提案をします。その中で予算を見ながら気に入ったものを選択していく方が、まとまりもいいですよね。何より任せるということは、家づくりをする上で疲れない秘訣です。提案住宅。良い言葉です。

あとは、書籍でもおなじみのi-worksの歴史、過去の作品を紹介しながらの伊礼さんの設計作法を語っていただきました。ソーラータウン久米川の話はいつも、i-worksの歴史と蓄積を感じさせてくれます。小さい家の原点です。

 

 

家に大きさは関係ない。

小さくてもいい。

 

でも居場所がないといけない。

 

ちゃんと自分の好きなことをやっていられて、

家族といえども干渉しないで一緒にいられる。

 

そんな設計が目指すところである。

 

そんなお話でした。

 

 

 

伊礼さんの書籍「オキナワの家」の紹介も少しされています。

こども向けだが、大人にもむく。

こどもたちに伝えたい家の本です。

 i-worksの定例会

さて、ここからは、i-worksの定例会という「i-works project」に加盟する全国の工務店が定期的に集まり、日本の住宅を良くしていこうという会です。

建物が竣工したりすると各社持ち回りでホストを務めます。

7月は今回のi-worksタウンの完成に合わせてソーラーコムが務めさせていただきました。

前半はi-worksの見学、後半はグランフロントで今回のi-worksタウンにまつわるエピソードや1.0のカスタマイズバージョンの設計、広報、反響の結果など、今後の更に伊礼建築の設計作法が広まっていくことを願い、講演をさせていただきました。

同じi-worksといえど、細かい部分で工務店のカラーが出るので、各社さん、協力業者さんも興味津々のようでした。

 

やはりi-works定例会はとてもいいものでした。

製作玄関ドアのユダ木工さん、今回のモデルハウスのZiG、ガルバリウムの雨樋のタニタハウジングさん、セルローズファイバー断熱のマツナガさん、皆さんお越しで、より良い素材ひとつひとつが結集して、作品となっていくことを実感できました。

懇親会でも熱い建築家たちの話やこれからもいい住まいを作り続けるために必要なことなど、普段話せないエリアの方々とも交流が持てて、色んなことに役立てそうです。 

写真は、ヒノキの無垢材から作られたサッカーボールを持つ伊礼先生。でもポーズはラガーマン笑 W杯期間中にちなんでいます。

(ユダ木工さんからi-works玄関引き戸200セット販売の記念として)

 

伊礼先生特別講演の様子はVTR化され、i-works1.0豊中モデルハウスで公開します。

i-works1.0の見学をもう一度ゆっくりされたい方も、伊礼さんのお話を聞いてみたい方も大歓迎です。