工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

ZEH (ゼッチ) ゼロエネルギーハウス

ネットゼロエネルギーハウス のことを省略してZEH ( ゼッチ )と読みます。

経済産業省が進める政策で2020年を目処に省エネ基準への適合を

段階的に義務化しようというものですが、、、。

 

最近、新規のお客様からも時々尋ねられることがあります。

勿論、しっかり勉強され、真剣に考えておられる皆様からですが、

大きなハウスメーカーも盛んに広告宣伝しているからでしょうか?

 

 

ZEH (ゼッチ) 、、、なんだか非常に解り難いと思ってます。

OMソーラーの工務店仲間では、

「ずっと(Zutto)前から、エコロジー(Ecology)な、家(House)」

と理解しています。

実際、ずっと前から、エコな家を造り続けてきました。

 

ともあれ、消費者様にとっても、地球環境にとっても大変良いことに

変わりはありません。

 

 

ZEH (ゼッチ)は太陽光発電の導入が必須になります。創エネですね。

そして、高性能のエアコンを設置します。

OMソーラーのZEH

 

 

勿論、高断熱、高気密、は当たり前に高性能ですが、、、。

熱交換型の省エネ換気設備も必須です。

 

日射遮蔽、高効率照明器具、高効率給湯設備、、、、

いやぁ、こう並べてしまうと、やっぱり機械的でアクティブ過ぎるきらいもありますね。

 

 

創エネでエネルギーを作った上で、

年間の一次エネルギーの消費量を抑えてエネルギー消費の収支を

プラスマイナス「ゼロ」または、ゼロ以下にする家づくり、ということです。

 

私的には、OMソーラーの会員工務店として、

もう少し自然との共生を考えたパッシブなZEH ( ゼッチ )をご提案したい

と考えています。

 

やっぱり、太陽光発電とエアコンだけの機械的と言われそうな

お家にはあまりしたくありません、、、。

 

開放的でパッシブ、換気や自然・四季など不変なものとの共生です。

 

これからは、ZEH(ゼッチ)を推進する政策が沢山出てきます。

少し前から、ZEH(ゼッチ)の家には国からの補助金もありました。

来年度はさらに政策を推し進めるための補助金も拡充されることでしょう。

 

補助金を確保するためのゼッチでは「あきまへん」が、

今後の住宅建築は、否応無しにZEH(ゼッチ) にせざるを得なくなります。

 

消費者様にはご負担が掛かる場合もありますが、

地球環境のために一緒に頑張りましょう。

 

ただ、「ずっと前から、エコロジーな、家」として!!

ZEH(ゼッチ)に関する詳しい資料をご希望の方は
資料請求よりお問い合わせください♪

資料請求

 

住まい、暮らし…不変の法則 身体に優しい、居心地・健康・安心

失敗が許されない注文住宅の住まいづくりは「不変の法則」を考えて計画を行います。

A. 人=身体 — 居心地、健康、安心・・・などなど
B. 自然 — 太陽、光、風、季節、木、自然素材・・・などなど
C. 感情 — 感性、感動、コミュニケーション、思いやり・・・などなど
D. 本物 — 美しさ、愛着、歴史=資産、文化・・・などなど

長い目で見て、住む人の幸せに繋がること。
住み継ぎ、資産となり得ること。
それを「幸せ基準」と呼んでも良いかと、、、。

これからは、この「幸せ基準」の「不変の法則」についての考えをお伝えします。
本日は、人(身体)に優しい条件について、、、

居心地、健康について考えると室内の温熱環境を抜きには語れません。
私が今現在実践していることは高断熱の性能は当たり前、気密性能の高性能化を進めています。

省エネ基準は、1980年から1991、1999と断熱のみの省エネ基準が規制されたのが始まりで、2012年ゼロエネ、低炭素認定など一次エネルギーの規制に変化して、2013年改正省エネ基準が決定発効され2020年には義務化されます。

改正省エネ基準は、
Q値: 外皮熱損失量、外皮即ち屋根・外壁・床から逃げる熱量を建物の延べ床面積で割った数値や、
Ua値: 外皮平均熱貫流率、単位温度当たりの総熱損失量を外皮等面積で割った数値を計算するなど、外皮性能数値を規制しています。

大阪の地域区分は6地域でUa値は0.87、ただしこの数値は最低基準の数値、法規制はあくまで最低基準ということなので断熱性能を確保するには更に数値を下げる必要があります。

断熱性能が上がると冬暖かく夏涼しい室内の温熱環境を得ることができますが、もう一つ大事なことは気密性能です。

夏、高温多湿の日本では住宅は昔から夏を旨とすべしと造られてきました。ですから、隙間だらけで夏は涼しいのですが冬の暖房効率が最悪でした。法規制も断熱性能優先で気密性能は後回しにされてきたところがあります。

この気密性能を表す数値をC値 といい、相当隙間面積と言います。家全体の隙間の合計を建物の延べ床面積で割った値で、建物の隙間が小さいほど建物から逃げる熱量が減り、室内は暖かく保たれます。

冬暖房すると暖かい空気は上昇気流で上へ上へと上がり隙間から空気が逃げる。すると下の方には冷気が外部から侵入。当然隙間風や底冷えで寒い室内温熱環境となってしまいます。これでは健康に良い訳がありません。足元からはいつも新鮮な空気が、、、とは訳にはなりません。

表面温度を高く保つ「高断熱」と合わせて、

暖かい空気を留める「高気密」が必須なのです。
ただし、魔法瓶の住まいでは息苦しく健康を害しシックハウスの原因にもなってしまいます。

ですから換気が必要なのですが24時間機械換気ではせっかくの気密性能が台無し。暖かい空気を取り入れながら換気もできる方法がベストと言えます。そんな夢のような方法もあるので調べてみてください。
( OMソーラーと言います。)

本日はここまでにいたしますが、続きは次回にお伝えします。

 

 

OMソーラーを体感できる完成見学会開催 3/28(土)・29(日)・4/4(土)・5(日) in池田市

⇒詳しくはこちらへ

 

家づくりストーリー「リフォームからOMソーラーの新築へ」

「マイベストプロ大阪」のコラムページを更新しております。

 

今回はB様(和泉市)に登場頂きました。

上棟後1カ月という時期に、お聞きしました。

 

●OBさんのお宅を拝見して決めたソーラーコム。

●コンパクトでも、私たちの思いを反映してくれた設計。

●必ず取り入れたかったOMソーラーを入れての見積もり。

●地鎮祭、上棟式、木材検品の思い出。

●現場で打ち合わせは、想像しにくいところも確認できるのが良かった。

などなど、お話し頂きました。

 

見て下さい。

 

→家づくりストーリー「リフォームからOMソーラーの新築へ」

 

 

—————————————————————————————–

♪B様もご参加いただいたOB様のお宅拝見♪

8/3(土)八尾市にてバスツアー開催します。

     →詳しくはこちらから

——————————————————————————————

 

OMソーラーは無限に進歩する。

年に一度のOMソーラー全国会議。

今年はOMの聖地:浜松での開催でした。

全国の工務店約250社が一同に会しての会議と発表会。

何より、全国の工務店の皆さんと情報交換ができたことが嬉しいです。

 

年間着工棟数100棟を超える山口県の安成工務店さんを始め、

50棟を超える九州、神奈川、四国、関東などの工務店も大集合!

工務店ソーラーコムもその中の一社として、

関西・大阪の工務店の代表として、参加させていただきました。

 

また、今回の全国会議は、、、

嬉しい表彰、ダブル受賞もいただくことが出来ました。

工務店として住宅OM総合保証の優良品質管理工務店表彰を四回目の受賞。

そして、工務店の優良品質管理者として、監督の納庄が受賞。

ダブル受賞は、近畿・大阪では、ただ一社の受賞となりました!

お世話になった、皆さまに感謝です!

 

勿論会議では様々な先進技術の発表を吸収できました。

特に今後のOMソーラーの未来に大きな期待が持てました。

 

「O Mを入れるからには、圧倒的な恩恵を」

「OMを入れるからには、無暖房に限りなく近づける」

記念公演でお話しされた、東大の前真之准教授・博士の言葉です。

 

建物外皮・窓の断熱性能が向上している現在、

これからは、可能な限り無暖房に近づく、

近づけなければならない。

これが、OMソーラーの使命でもある。

東大の前真之准教授・博士の力強い要請と受けとめたのは、

私だけではなかったはずです。

 

大阪の小さな工務店であれ、出来ることから前に進む。

OMソーラーで自然素材の木の家づくりが、

これからもお客様と一緒につくる、楽しい家づくりができそうです。

 

今年の全国会議では、他にも様々なメニューが盛り沢山でした。

オムロンコーリン株式会社の小林洋社長の記念講演では、

生活環境・生活習慣病予防におけるOMソーラーの可能性や、

オムロンヘルスケアの家庭での取り組みについて

非常に有意義なお話しをいただきました。

 

私も健康のために早速取り入れさせていただこうと思っています。

 

それから、太陽光発電のクワトロソーラーの進歩版は勿論、

真夏の涼風効果のあるOMソーラーも実験中で、

もうすぐ、夏のOMソーラーバージョンも皆さんの元に届けられそうです。

ご期待ください。

 

工務店ソーラーコムでは、夏のOMソーラー体験見学会を開催します。

8年、5年とOMソーラーの木の家にお住まいの、

二組のホームオーナーさまのお宅を訪問・見学バスツアー。

訪問見学のあと、お話しを聞く会を合わせて開催させていただきます。

きっと、貴重なお話しを聞くことができることと思います。

この機会にご参加ください。

 

また、この会には、OMソーラーの本部からも役員さんが参加しますので、

OMソーラーの、これまで・これから、など本音の話しも質問くださいね。

 

→詳しいご案内はこちらをご覧ください。

 

OMソーラーの木の家—完成見学会を開催します。

大阪は北摂の池田市で施工中のOMソーラーの木の家が完成します。

 

前面道路側の母屋は残しつつ、
奥の離れの建て替えは難工事でしたが、
無事に完成の日を迎えることが出来ました。

 

大きな片流れの屋根の最上部をさらに急勾配にして、

太陽熱の集熱を最大限に取り入れるハット型の屋根が特徴の木の家です。

 

阪急電車の池田駅前からひとつ通りを入ったビルが密集する立地ならではの特徴ある設計になっています。

敷地自身は100坪を超える面積ですが、奥の離れの建て替え工事ということで工事を行う通路は1.5mと狭い。

ある意味、狭小土地の建築の参考にもなりそうです。

 

お家は、玄関から一歩室内に入ると無垢の木の香りがいっぱいの木の家、、、。

森の中のような癒し空間にホッとします。

 

思い入れのある離れの建て替えということで思い出が詰まった部材の再利用も沢山させていただきました。

 

そんなOMソーラーの木の家の見学会は、

来週末の3月8日(土)と9日(日)の二日間、

11時から16時の間の開催です。

駐車場も3台準備しておりますのでご予約の上、ご来場ください。

「良い暮らし」とは、、、omソーラーの勉強会に参加しました。

良い暮らしのキーポイントは快適・経済性・省エネ・健康的の4つ。

このうちひとつが欠けても良い暮らしが出来る家にはなりません。

4つが高い条件で平均的に満足されなければ良い暮らしの出来る家にはなりません。

 

そのための要素は、、、

性能、機能性、質の良い居心地の3つが第一段階。

デザイン、趣味趣向の2つが第二段階。

そして、企業的価値と社会的価値をを高めてこそ良い暮らしの出来る家と言えるのではないかと、、、。

 

しかし、ここからさらに深堀をして細部を詰めることが肝要です。

この深堀する要素の中の沢山の部分が、

実は、omソーラーで解決できます。

 

そう、温熱環境・省エネルギー・低コストランニング・室内空気室、

それから、動線・明るさ・暖かさ・涼しさ・空気バランス・光環境も満足させることができます。

 

omソーラーの木の家ってほんとうにハイスペックだったんだ!

と、そんな当たり前のことを思い出させてくれた勉強会でした。

 

 

本気で言いたい放題!・・・スタッフ日記です→こちら

現在進行中の施工状況更新中です→こちら

社長コラム「木の家の豆知識」更新中です→こちら

読売新聞主催「マイベストプロ大阪」の川口ページです→こちら

 

 

omソーラーに拘った工務店の木の家づくりとは、、、。

 

工務店ソーラーコムでは現在施工中の現場は4物件。

そのうち omソーラーの木の家は、、、4物件。

実は、現在施工中の家ではomソーラーの木の家率は「100%」なんです。

 

また、現在設計中の木の家の物件も4物件なのですが、

その内 omソーラーの木の家は、、、2物件。

残念ながら設計中の omソーラーの木の家率は50%です。

 

8物件の内 6物件が omソーラーということは、

年間 OMソーラー率は75%なのですから、

omソーラーの家で言えば、なかなかの健闘というところでもあるのでしょうが、、、。

 

自然素材の木の家と omソーラーの組み合わせは

健康住宅と省エネ住宅のコラボレーションでもある。

家族の健康は住まいの健康が不可欠!

住まいの健康は室内空気室の換気が欠かせません。

 

住まいの中でも環境の悪い床下の換気までも自然に出来る

omソーラーは夢のコラボレーションと言えるのではないでしょうか。(^-^)

 

寒い冬はどうしても窓を開けて換気をすることが少なくなります。

高気密・高断熱の住宅では必要換気が少なくなるとシックハウスにもなってしまいます。

窓を開けることなく換気が出来る、、、自然のままの換気、

これが omソーラーシステムの木の家である。

 

勿論、換気だけでなく床暖房・全館暖房も当たり前。

その上、太陽はタダ! 嬉しいシステムである。

 

ゼロエネルギーの クワトロ omソーラーの木の家は地球環境に貢献し、

地球温暖化の抑制にも貢献する。

そんな訳で omソーラーの木の家づくりは工務店ソーラーコムのスタッフみんなのライフワークである。

 

 

本気で言いたい放題!・・・スタッフ日記です→こちら

現在進行中の施工状況更新中です→こちら

社長コラム「木の家の豆知識」更新中です→こちら

読売新聞主催「マイベストプロ大阪」の川口ページです→こちら

土地測量図ができたので、堺市でOMソーラーの木の家の設計スタートです。

 

できたての測量図を持ってきていただいた。

堺市で土地探しをして、お気に入りの土地が見つかり売買契約。

仲介不動産屋さんから取引までに境界確定測量図をいただくという、その測量図が手元にきた。

 

当初の敷地面積よりは少し小さくなったものの登記されている敷地面積より大幅に増えていた。

境界がはっきりしていない土地の場合は実測すると殆どの場合面積増となる。

 

昔の測量は1間、1尺の単位で登記されていたことの影響もあるのでしょうが、

それが43坪の土地の1割弱の4坪程となると大変お得である。

 

そんな訳でこれから、堺市でのOMソーラーの木の家の実施設計が始まります。

南東の角地で敷地環境はベスト。

楽しみな工務店のOMソーラーの木の家づくりが始まります。

 

夜のOMクワトロソーラー搭載の省エネの木の家。

南大阪の熊取町でお引き渡し前立会いがありました。

見学会の後ということで夕方開始も終わる頃は真っ暗。

夜ならではの検査確認や雰囲気を楽しめました。

 

夜の点検は室内の見え加減を確認することも大事なこと。

カーテン、ブラインド、簾、などの取り付けのチェック、

防犯灯や塀の高さなども再度の確認をいたしました。

 

こちらの南大阪の熊取町の木の家は、

大きく張り出した大屋根が特徴のダイナミックな外観。

その大きな屋根の上には太陽光発電のクワトロソーラーとOMソーラー。

 

明日もきっと晴れ、省エネ、環境にと貢献することでしょう。

 

 

omソーラーフォトコンテスト

福島、郡山で開催された全国会議の中で、住まいのフォトコンテストが開催され、受賞が発表されました。

グランプリは、、、これ!

入賞作品の中にも、同じような自然の中に建つomソーラーの家。
左上です。


思い出して自分の写真ファイルを帰阪後に見てみました、、、ありました。

そう、大阪府の河内長野市で3年前にお引き渡しさせていただいたSさま邸です。

工務店ソーラーコムはこのコンテストには参加できてなかったのが残念です。(仕事に追われつい、、、)

河内長野市のSさま邸のこの写真ならかなりいい線までいけたかも、、、ですね。

来年は是非とも参加したいものです。