工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

上棟式を執り行いました、大阪市内の猫と暮らす家。

大阪市平野区で施行中の「猫と暮らす終の住処」で、

お施主様のご好意により上棟式が執り行われました。

 

 

先行床貼りで綺麗になった一階に祭壇を設け、

塩、お米、お神酒、ご神水をお供えの上、祝詞を上げさせていただきました。

 

これまでの工事の進捗に感謝し、

竣工までの工事の安全と無事の完成を祈願いたしました。

 

現在は、飲酒運転はご法度なので、お祝い酒などはなく、

お祝いの折り詰めなどが振る舞われます。

 

大工や職人、現場監督も気を引き締めて竣工まで頑張っていくための、

木の家の現場の節目の行事と思います。

 

これからも続けていきたい棟上げ後の上棟の儀式です。

一級建築士更新定期講習 & 終了考査を受けてきました。

3年に一度の一級建築士の更新定期講習と終了考査を期限ギリギリに参加してきまた。

大阪国際会議場の大会場には300人が集合、皆さん真剣でした。

( 当たり前ですが、、、^ ^ )

一級建築士、二級建築士、木造建築士たちが一緒に朝9時から8時間、

終了考査に1時間とカンズメ状態でみっちり勉強。

 

私も、終了考査 40問は無事に全問回答することができました。

 

これでまた3年間、工務店ソーラーコムの管理建築士として責任が全うできます。

 

実は、以前は更新定期講習はありませんでした。

 

一級建築士の免許は一度合格すると一生免許だったのです。

 

ところが耐震偽装など不正を行う少数の建築士がいたことなどで、

このような更新定期講習が義務付けられた訳です。

 

本当に情けない話しですが、、、。

 

しかし、建築基準法や施行令なども時代に合わせて改正される訳ですから、

改めての問い直しや勉強も必要かも知れません。

 

まだまだしっかり勉強し、消費者様・社会のお役に立ちたいと思います。

新年明けましておめでとうございます。

工務店ソーラーコムは本日が仕事始めになります。

 

少し長い正月お休みでしたが、仕事初めから目一杯の仕事に入ります。

 

大阪市内の二つの現場でも職人さんが早速作業にかかりました。

昨年はおかげさまで大変忙しくさせていただきました。

 

皆様に感謝申し上げますと共に、今年も頑張って参りたいと思います。

 

昨年はこの社長日記の更新があまりできていませんでしたが、

今年は頑張って更新したい思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

工務店ソーラーコムの今年は改めての教育の年と位置付けて、

従業員一同、勉強会・講習会への参加に勤めたく考えています。

 

秋山設計道場、伊礼智設計教室を始め、現場監督鍛錬塾、

民間・公的機関の研修会・講習会にも積極的に社員を派遣して参ります。

 

2020年に向けてのZEHや省エネについての国土交通省・経済産業省の講習会にも

スタッフ皆んなを派遣することになるでしょう。

 

何かと忙しくなりそうですが、

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ガレージハウスが大阪池田市で進行中。


ブログの更新を再開してから、現在進行中の現場の様子は

あまり書いてきませんでした。

これからは、時々はお伝えして参ります。

 

ガレージハウスが大阪池田市の木の家の現場で進行中。

 

大阪府池田市では伐採樹で造る国産材の木の家づくりが施工中です。

これから大工の手仕事が佳境に入ります。

 

屋根仕舞いが終わり、外壁仕舞いも完了して室内の造作工事へと

入っていきます。

大阪府池田市 ガレージハウスの注文住宅 施工:木の家ソーラーコム

 


こちらの木の家はガレージをインナーに取り込むガレージハウス。

ガレージハウスって何? と思われる方もおられるかと思いますが、

一般的にはガレージを室内の一部に取り込み一体感を持たせるもので、

家族・家具と一緒と言っても良いのかも・・・?

 

今回の池田市の家も、リビングで寛ぎながら、ダイニングで食事しながら、

何時でも大好きな愛車を眺めることができる設えになっています。

大阪府池田市で施工中のガレージハウスの木の家 撮影:工務店ソーラーコム

眺めるだけではなく大好きな愛車のお手入れをすることもでき、

愉しむことができます。

 

大工職人たちも出来上がりが楽しみな木の家となっています。

 

現場の中は今まさに、無垢の木の香りが充満していて、

大工の木工事が佳境に入っています。

 

一つひとつの木材を大切に無駄なく使う。

60年もの間、大地の恵みで育ってきた大木を伐採して造る木の家

だからこそ、大事に慎重に仕事を進めなければなりません。

 

築150年以上の古民家町屋リノベーション工事。

築150年以上の古民家商家のリノベーション工事。

 

岸和田市では、江戸時代から続く築150年を超える

古民家商家のリノベーション工事が進んでいます。

 

増築や改築を重ねられてきた古民家商家は、あの吉田松陰も

宿とした由緒ある商家、、、。

ゆっくり工事が進んでいます。

何だかこの様な仕事に携われことが大変幸せだなぁ~

建築に、家づくりに携わって本当に良かったと思います。

 

耐震の補強工事が完了し、これから内部の仕上げ工事を

進めるのですが、こちらのリノベーション工事は、OMソーラーシステムを

導入する珍しいリノベーション工事になっています。

 

築百数十年の住宅ですから、隙間風はご想像の通りで、

冬は隙間風で寒さが厳しい家でした。

 

断熱改修・気密性能を強化し、OMソーラーを導入して

冬も暖かい木造住宅に生まれ変わります。

 

古民家や由緒ある家、こんなリノベーション工事も楽しいですが、

一般にある普通の家を大切に長持ちさせるリノベーションも

これから沢山施工出来たらいいですね。

↓↓ 古民家の冬も暖かく! 「太陽で床暖房」OMソーラーとは? ↓↓

 

明けましておめでとうございます。

 

一年の計は元旦にあり!

新年を迎え考えることは、、、やっぱり新しい家づくり。

 

環境・省エネなど国の政策も変わり、

消費者さまの選択も日々厳しくなる中、

私たちソーラーコムも変わっていかなければ、、、

そんな想いの新年の始まりである。

 

住宅エコポイントの復活、

フラット35S金利引き下げ幅拡大、

住宅取得時贈与非課税枠の拡大、

長期優良住宅リフォーム補助金、

国産地域木材活用補助金。

 

そして省エネ基準の大改正。

更には、住宅性能表示制度の改正、

中古住宅税制改正、建物評価( 性能・質 ) 基準見直し、、、

 

国の政策だけでも知るべきことは多種多様。

今年もいただけるものは戴きながら ( 補助金 ) 、

独自の改善を加えて木の家づくりが出来れば幸せと想うのである。

 

読売新聞に紹介していただきました。

読売新聞に紹介していただきました。

「 聞かないなんて、もったいない。」

 

昨日11月25日の朝刊の31面に、

嬉し恥ずかしの顔写真付き。


 

マイベストプロ大阪木の家の専門工務店、住む人と一緒につくる人。

自然素材の家・木の家のプロ、ソーラーコム 川口で紹介されました。
 

ご覧になられましたでしょうか。

是非皆さんもご質問ください。お待ちしています。
 
 

工務店ソーラーコムの目立つ看板です。

 

従来からソーラーコムという看板の文字が小さくわかり辛い、、、

というご意見がありましたので、応急的に目立つ看板を設置いたしました。

 

オレンジ色の「ソーラーコム」と

黄緑色の「無垢の木の家」

Å型看板に蛍光色で両面に張り付けました。

 

これなら前の道路を走っている車の運転席からもはっきりと分かります。

これからは迷わず「無垢の家スタジオ」へご来場ください。

お待ちしております。

全国の工務店で優良な品質管理工務店を表彰する盾が届きました。

先日開催されたOMソーラー会員工務店が集まる全国会議で、

表彰いただいた優良品質管理工務店の盾がOMソーラー本部から

送られてきました。

 

彫刻家の「むらかみみか」さんという海外で活躍中の方の作品。

むらかみさんは、世界で沢山の賞を受賞はされておられるそうです。

 

優良品質管理工務店は、3年連続受賞の後、1年のブランクがあって

4度目の受賞。

今回は、工務店の優良品質管理者として現場監督の納庄が

個人受賞という、二重の喜びです。

 

優良工務店と優良品質管理者のダブル受賞は、

前にも書いたように大阪を含む近畿圏ではただ一社の受賞でした。

 

これもひとえに工務店ソーラーコムに

家づくりをお任せいただきました

ホームオーナーさまのお陰と感謝申し上げる次第です。

 

ありがとうございました。

 

 

♪イベント情報♪ 

※イベントによっては残りわずかとなっております。お早めにお申込み下さいませ。

8/2(土) 『親子でとんかち♪木工教室

☆8/3(日) 『暮らし拝見♪住んでいる人に聞いてみよう』バスツアーin八尾

☆8/24(日) 『住まい教室』 ~設計の基礎知識~

1軒の家に使われる「立木」は200本以上!だから森を大切に守る!

床面積35坪の2階建ての家に使われる「木」は.....なんと約220本!

家づくりには、50年、100年と永い永い年月をかけて育った木材をこんなにも沢山使っています。

何故、そんなにも沢山の木が使われているのかを...

マイベストプロ大阪のコラムで詳しく説明しています。

 

地球温暖化の原因の二酸化炭素を吸収分解し、環境を守る森。

森林資源を守りながら、どのように利用したらいいかということなどを書いています。

ご覧ください。