工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

今日は南大阪の熊取町へ

世間はゴールデンウィークの真っ只中ですが、

今日は、南大阪の熊取町で始まる二世帯住宅の木の家の現場へ。

 解体工事が終わり更地となった敷地は広~い!

そして、今日は地縄張りの日.

 地縄張りとは、建物の配置を確認するために、敷地に建物の外壁のラインに沿って縄を張り確認するもの。

朝から現場担当の納庄と川口大が設置したものをお施主さまに説明・確認いただきました。
工務店ソーラーコムではお施主現場確認を工程の節目節目で行っています。

図面上だけではなく現場で確認していただくことで後々の心配が無くなります。

さあ、来週は地鎮祭です。

今日のご面談と、住宅メーカーの賃貸料

午前中は梅田のTOTOショウルームで、

プランに合わせた住宅設備の選定。

午後は無垢の家スタジオでの、奥様が最も気を遣うキッチン・水回りを中心としたお打ち合わせ。

 

梅田といえば、JR跡地のうめきたグランフロントが話題です。

4月27日のGW初日は大変な混雑だったようですね。

うめきたグランフロント大阪は注文住宅には欠かせない住宅設備メーカーが競ってショウルームを出店。

これから家づくりのご計画をお考えに皆様はかなり便利になることでしょうね。

私たち工務店も家づくりに携わる者として期待するところです、、、

 

 パナソニック、リクシル、ヤマハ、タカラスタンダード、ウッドワン、、、などなど新たに入居。

一方、阪急ビジネスタワーには、TOTO、YKK、大建、クリナップ、など、、、。

梅田に行けば全ての住宅設備・建材メーカーの製品を見ることができるという便利さです。

 

が、、、。

 

聞くところによると、、、グランフロント大阪のテナント賃料がかなり高額とのこと?

この賃料、、、全てエンドユーザーの皆様の負担になると思えばちょっと心配ですが、、、。

 

暫くすると撤退、、、?  そんな話しも聞こえてきます、、、。 

残れるメーカーは、、、P社、T社、、、とか、、、?
便利なことは有難いのですが、撤退を余儀なくされるメーカーが出ることが心配です。

大阪経済の起爆となる大阪中心部「うめきた」そうならないことを願っています。

ホームページが新しくなります、、、NEW工務店ソーラーコムHP

現在製作中のリニューアルHP。

5月始めから、手作り感い~っぱいのホームページになります。

今のホームページはリニューアルしてから約5年が経過しましたが、

とても気に入っています。

 

では?  

 

 何故?

 

作り変えるの?  と、、、疑問ですが。。。

自分でいうのも変ですが、

今のホームページは、見やすく、温かみもあり、とてもいい!

ご覧いただいた皆さまにも好評です。

 

でも、、、シンプルでもいいから、もっと手作り感を出したいという私のわがままが始まり、、、。

日々の仕事の合間をぬってスタッフ皆んなで製作中です。

 

手作り感となると、今後はこれまで以上に日々の更新が大切と思っています。

スタッフも私も、これからが大変ですが、頑張って日々更新いたします。

乞うご期待を !

うめきたグランフロント大阪

小雨模様の大阪梅田、乗り換えついでに前を通ってみました。

明後日にオープンを控えたグランフロント大阪は

招待客の入場が始まっていました。

4月30日には私もお客様と一緒にテナントとして入居している住宅設備メーカーのショールームに行きます。

楽しみです。

 

 

こちらは阪急村のビル群。

新装なった阪急ビジネスタワーはこのところ週一回のペースで

やはり住宅設備のメーカーのショールームに行ってます。

 

これからは梅田に行くと全ての住宅関連のショールームを見ることができるようになり

お客さまにとっては大変便利になりました。

勿論、私たちにとっても、、、。

今日の注文住宅の現場から、、、。

箕面市から地下のあるメゾネットの木の家、

注文住宅の現場から、、、お伝えします。

先日お伝えした難易度の高い地下工事のあるメゾネットの木の家である。

その地下工事が進んでいます。

 

現在は地下の基礎ベース部分のコンクリートを打設をしたところです。

地下工事には止水、即ち漏水(水漏れ)の防止が求められます。

で、コンクリートの打ち継ぎ部分の止水、漏水防止のための秘密が、、、

これ!!!

 

硬質柔軟性のあるゴムでできた、止水版と呼ばれる優れものである。

コンクリートの打ち継ぎ部からの水の浸入を防ぎます。

これで地下部分の水漏れの心配が無くなり安心ですね。

 

地下工事には気配り・配慮は勿論、完璧な施工計画が求められます。

現場監督・協力業者とも皆んなで注文住宅の家づくりを頑張ろう!

今日の面談から、、、住宅会社や工務店選びは難しい、、、。

終の住処を計画中のお客様とのご面談でした。

工務店選びに迷っておられるお客様。

お打ち合わせの後、ソーラーコムで約一年前に建築させていただいたホームオーナー様宅をご案内。

工務店ソーラーコムの木の家づくりを見ていただきました。

工務店選び、、、やっぱり最後は自分の目を信じることかも。

そして、信頼関係を築けることができる工務店を見つける、

ということに尽きるのでしょうね。

数ある住宅会社や工務店から一社を選ぶことは本当に難しいと思います。

自社の家づくりを悪くいう営業マンはおりませんので、、、。

結局、自身で勉強し情報を整理すること、

そして何より素人の目で家づくりを判断することができるようになる事が大事!

そうです、勉強なんですね。

今はインターネットなど情報が溢れています。

ともすれば訳が解らなくなってしまいます。

自分で勉強し、素人の目を信じることができるように頑張ことが大事。

そして、身の丈に合った暮らしが楽しくなる家づくりを、、、。

北から、南まで、大阪は広い?

大阪府の北から南は広い、、、でも、、、。

 

大阪府最南端に位置する熊取町。

そして、大阪府最北端に位置する箕面市森町。

二カ所でほぼ同時に注文住宅新築工事がスタートしています。

 

現場の担当者は日々時間を掛けて移動。

効率の良い工事現場の段取りが求められます。

 

しかし、高速道路網のおかげで移動は意外と時間がかかりません。

熊取町から箕面市森町まで1時間以内の移動が可能になんですよ。

当然、工務店ソーラーコムの無垢の家スタジオからもそれぞれ1時間かからずに移動が可能です。

ありがたいですね。

 

写真は解体工事に着工した熊取町の二世帯住宅の木の家。

こちらは、地下工事中の箕面市森町の地下のあるメゾネットの木の家。

 

勿論、二つの木の家ともOMソーラーシステムが装備されています。

西から東まで満遍なく木の家づくりができて、

大阪府内は勿論、近畿一円の木の家づくりに貢献したいものです。

高台の傾斜地に建つ、箕面市の木の家

高台の傾斜地に地下のガレージ・玄関があるいう

少し特殊な工事が進んでいます。

3月後半、快晴の中無事に地鎮祭を執り行い、

現在、地下工事の進行中。

RC 鉄筋コンクリート造の地下の上に2階建て木造。

この木造はメゾネットづくりという4層構造のOMソーラーの木の家。

土を掘削する基礎・地下工事も掘削重機を上下2台配置し慎重に進めました。

高低差が4mあり、上下に道路のある二面道路の敷地。

条件は良いもののかなり難易度の高い工事といえます。

雨天に備え、掘削面の山留め・シートの養生が欠かせません。

工事の進捗は、これまでの崖地の工事や擁壁工事の経験を活かすことが肝要!

監督・協力業者、、、一体となって頑張れ。

OBホームオーナー様お宅個別見学。

完成お引き渡しをして6年が過ぎた無垢の木の家、

これから木の家づくりをご計画中の2組のお客様をご案内させていただきました。

 

こちらの大阪府八尾市のKさま邸は

工務店ソーラーコムのブランド「陽の木の家」の第1棟・最初の無垢の木の家。

ホームオーナーさまのO様にはいつも大変お世話になっています。

ほんとうにありがとうございます。

今日も1時間30分程の長時間見学、お話しを聞くことができました。

参加されたIN様・IW様も熱心に質問をされ、

私の出番は少々ですみました。

 

流石、6年お住みになったオーナーさま。

OMソーラーのことについても経験に裏打ちされた説得力あるお話しが大納得。

充実のホームオーナー様お宅見学会でした。

次回は、5月11日(土)に再びご訪問させていただきます。

 

ご一緒に参加したい方は、川口までご連絡ください。

お待ちしています。