工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

狭小地?・・・いえいえ広いけど進入口が狭い広い木の家づくり。

大阪・池田市、築78年が経つ古民家の建て替え工事が、

着工準備に入り、いよいよ始まります。

 

先ずは解体工事から始まりますが、一部を残す一期工事は、

超極端に狭いという進入口の条件で工事は困難を極めます。

しかし、だからこそやり甲斐は最大級です。

勿論、ご近所の皆様のご協力がなければ工事も進められません。

 

電気・給排水設備の切り離し、荷物の移動からスタートですが、

思い出の逸品を生け捕りし新築の木の家に活かすべく担当の大工も早速の出番となります。

お隣の箕面市でもうすぐ完成するMさま邸から中川棟梁が参上。

丁寧に生け捕りし、古建具や古材を再生・活かし切ることでしょう。

 

その、箕面市Mさま邸は来週末に完成見学会が開催されます。

傾斜地を最大限に利用し、子育てを楽しむ、スキップフロアーの木の家は、

柱は隠し、白い壁を強調!

床板と天井には贅沢に無垢の木材を使用し!

桁・梁・小屋組は無垢の木を現しとしたシンプルモダンな木の家。

一言で言えば、「シンプルモダンな白い木の家」と、私は言っています。

 

そんな新しい木の家の見学会は来週末に開催です。

自分の目で見て、触れて、体感してはいかがでしょうか。

詳しい見どころ、詳細は、こちらから

お申し込みは、こちらから、、、ご参加お待ちしています。

もうすぐ完成・・・傾斜地に建つスキップフロアーの木の家in箕面市。

足場も取れて、外構工事中の箕面市の木の家の現場。

建物が建ち、改めて見るとかなりの傾斜地である。

傾斜地の上下に道路があるという恵まれた立地を生かした木の家づくりでしたが、もうすぐ無事に完成します。

 

地下一階、地上二階の子育てを楽しむ家は、

傾斜地の地下工事が、実はかなりの難工事のはず、、、。

工務店ソーラーコムがある東大阪市の石切の傾斜地や、

四條畷市の163号線沿いの清滝の傾斜地での建築工事の経験が生かされた工事。

そして、何より私は坂の街「長崎」の出身ですから、急な地形には慣れているのである。(笑)

 

箕面市の「子育てを楽しむ家」は、スキップフロアーの木の家。

お施主さまのMさまがご自身で設計プランを考えられた理想のお家。

お施主さまの拘りがあちらこちらに満載の興味深い木の家です。

 

完成見学会は来月、9/7(土)と9/8(日)の二日間になります。

11時から4時まで、予約なしで自由に見学していただけます。

お近くの、大阪・北摂の皆様、また大阪府下の皆様のご来場をお待ちしております。

詳しい内容は、イベント情報をご覧ください。

一緒につくる木の家・・・土地探し in 堺市。

ご主人の勤務地へのアクセスと、奥さまが住み慣れた堺市での土地探しは、

南向きの住みやすい物件が見つかった。

 

まだまだ暑い日中、愛車プリウスに乗って堺市東区付近の3物件を視察。

一つ目、二つ目は期待はずれ。

三つ目の物件は、南側と東側が道路になっている東南の角地、ベストです。

車もあまり通らない住宅地なので、お子様にも安心。

と言うことで、こちらの物件で決まりそうな予感がします。

 

土地探しは「縁」のものとよく言われます。

1年も2年も探していても、見つからない時はなかなかいい土地に巡り合えない。

しかし、何かのタイミングでサクッと見つかる。

不思議なものです。

 

土地探しはやっぱり、熱意・根気、、、粘りに尽きると思いますね。

堺市東区でいい木の家づくりが出来そうです。

消費増税前の住宅購入は、、、お得?

今日の某TV局のニュースで、、、!

消費税アップ前の購入は、、、本当にお得?

な~んて特集が、ありました、、、。

正にその通り。

住宅計画、家づくりは消費増税に惑わされる事なく、

本当に「今」なのかを考えることが大事ですね。

「今でしょう」、、、ではないのですよ(^-^)

9月末までに契約すると消費税は5%でいいのですよ、

と、こんな言葉には要注意!

先日のブログでお知らせした通り、住まい給付金や、

減税の拡充があると、年収によっては逆転現象もあり得ます。

住宅購入は必要な時期に必要なお家を購入する。

この鉄則は忘れないようにいたしましょう。

クワトロソーラーのおかげで、ゼロエネルギー住宅。

猛暑が続く毎日ですが、

こんな暑い毎日、屋根の上で仕事をする職人の足の裏は、油断すると火傷状態になってしまう。

OMソーラーやクワトロソーラーの集熱パネルの上では目玉焼きがすぐに出来上がるほどなのである。

でも、少し見方を変えると有り難く思えることもある。

OMクワトロソーラーの発電量は最大になっているはず、、、。

さらに、OMクワトロソーラーはそれだけではなく、

発電をしながらお湯を沸かすことができ総合力で省エネをアップ!有り難いのである。

ですから、空気集熱式・省エネシステムのOMソーラーと合体した、

ハイブリッド・クワトロソーラーならではの

創エネ・省エネシステムでゼロエネルギー住宅が可能になりました。

工務店ソーラーコムでは現在4つのOMソーラーの木の家が施工中です。

そのうち2つの木の家の現場で、このOMクワトロソーラーをご採用いただきました。

暑い毎日が続いてもOMクワトロソーラーが働いている、

太陽の恵みをいっぱいいただいていると思えば、

耐えられるかも知れませんね。(^-^)

消費増税対策「すまい給付金」

消費税率の引き上げによる住宅の駆け込み需要や

その後の落ち込みを緩和する対策の準備が進んでいる。

減税措置に続き給付措置についても内容が公表された。

住宅を取得する場合、消費税率の引き上げ前後で購入額には大きな差が生じてしまいます。

過去の税率引き上げ時には駆け込み需要とその反動減が起こったことを踏まえ、

国は混乱を抑えるため今回は減税と給付という2本柱の対策を打ち出している。

住宅ローン減税は、最大控除額を200万円引き上げることがすでに発表され、

税率が上がるタイミングで200万円分控除額を引き上げる予定。

しかし、住宅ローン減税は納付する税金から控除する仕組みなので、納税額が少ない方には恩恵が小さい。

例えば年収400万円の世帯が消費税8%の時に2%の金利で

2500万円の住宅ローンを借りた場合、10年間の合計控除額は1.344.000円。

同じ条件で年収600万円の世帯が借りた場合の控除額は2.208.000円となり、

約85万円の差が出る。

この不公平感を小さくするために設けられたのが、「すまい給付金」である。

あくまで予定ですが、年収600万円の世帯は、給付を受けられないが、

400万円の世帯は、30万円の給付金が受けられる。

まだ差は残りますが不公平感は軽減される。

住宅ローン減税と合わせた負担軽減策で、

駆け込みを少しでも抑制したいというのが国の狙いなのです。

家づくりは、消費増税や国の施策に振り回されず、

家族が必要とする時に、必要な条件で家を建てる。

しっかりと考えて決断しましょう。

土地探しと地域型住宅ブランド化事業の木の家づくり。

猛暑が続くお盆明け、

大阪の豊中市で、土地購入から木の家づくりを考えておられるお客様との面談から仕事が始まりました。

土地の出物が少なく売主が強気の昨今、

良い土地に巡り合うのがなかなか難しい時代です。

アベノミクスや消費税アップの影響があるのでしょうか?

本来、今頃は土地が大量に出てきてもおかしくない。

昨年の今頃は、そう言っていたものでし。

国の施策で誘導でもしているのかと考えたくなる、、、?

なにはともあれ良い土地に巡り合い家づくりが始まり、

タイミングも良く地域型住宅ブランド化事業をご利用いただけそうです。

住宅ブランド化事業の平成25年度の第一回募集では、

上方町屋の会の提案が前回に続き採択されました。

分配された棟数は少ないものの続けて採択されることに意義がある。

敷地の特性を読み取り、
            光を取り入れ、
                    風を通し、
                        視線の抜けを考える設計。

住宅ブランド化を利用した、楽しい木の家づくりが出来れば嬉しいですね。

40度の猛暑が続くお盆休み前の、木の家の打ち合わせ。

暑い、、、挨拶代わりの、暑いなか、

大阪は池田市の建て替え工事の打ち合わせへ。

昭和10年に新築された数寄屋造りのお家の建て替え。

1期工事は母屋を残し離れを建て替え、

その後に母屋の工事となる。

この奥まった離れの建て替えがなかなかの難工事である。

狭い所の建築は手馴れているとはいえ、

トラック・レッカー車は勿論、小型の重機も入らないかも、、、?

全て手作業!?

やり甲斐がありワクワクするのである(^-^)

無事、ご契約もいただき、先ずは切り離し解体工事から始まる。

狭い所の建築は近隣への心配りが肝要。

挨拶回り・工事の説明から始まります。