工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

上棟式を執り行いました、大阪市内の猫と暮らす家。

大阪市平野区で施行中の「猫と暮らす終の住処」で、

お施主様のご好意により上棟式が執り行われました。

 

 

先行床貼りで綺麗になった一階に祭壇を設け、

塩、お米、お神酒、ご神水をお供えの上、祝詞を上げさせていただきました。

 

これまでの工事の進捗に感謝し、

竣工までの工事の安全と無事の完成を祈願いたしました。

 

現在は、飲酒運転はご法度なので、お祝い酒などはなく、

お祝いの折り詰めなどが振る舞われます。

 

大工や職人、現場監督も気を引き締めて竣工まで頑張っていくための、

木の家の現場の節目の行事と思います。

 

これからも続けていきたい棟上げ後の上棟の儀式です。

上棟・棟上げ工事開始、愛ネコと一緒の暮らし易い注文住宅木の家づくり。

大阪市東住吉区で施行中の注文住宅木の家の現場。

 

今年最初の棟上げ上棟です。

構造材は、高知県梼原町森林組合からの産地直送木材。

 

天然の木の香りが辺り一帯に漂い通行中の方々からもいい香りだね~とありがたいお言葉。

 

木材は先立って、高知梼原町森林組合へ出向き、梁材や柱材を全品検査したもの。

 

産地直送の採れたての天然素材です。

 

木材生産者が大切に大切に60年間育て上げた木材だからこそ真剣に検品をさせていただき、一本一本丁寧に製材し、加工して、運ばれてきた木材たちです。

 

この中の一部は、お施主様と私たちが実際に高知梼原町森林組合に行って、
お施主様の手で斧入れ頂いた後、伐採した大木を製材加工した木材たちです。

 

大工さんの腕にも気合が入り、お施主様にも喜んで頂けることでしょう。

 

これからの工事の進捗が楽しみです。

一級建築士更新定期講習 & 終了考査を受けてきました。

3年に一度の一級建築士の更新定期講習と終了考査を期限ギリギリに参加してきまた。

大阪国際会議場の大会場には300人が集合、皆さん真剣でした。

( 当たり前ですが、、、^ ^ )

一級建築士、二級建築士、木造建築士たちが一緒に朝9時から8時間、

終了考査に1時間とカンズメ状態でみっちり勉強。

 

私も、終了考査 40問は無事に全問回答することができました。

 

これでまた3年間、工務店ソーラーコムの管理建築士として責任が全うできます。

 

実は、以前は更新定期講習はありませんでした。

 

一級建築士の免許は一度合格すると一生免許だったのです。

 

ところが耐震偽装など不正を行う少数の建築士がいたことなどで、

このような更新定期講習が義務付けられた訳です。

 

本当に情けない話しですが、、、。

 

しかし、建築基準法や施行令なども時代に合わせて改正される訳ですから、

改めての問い直しや勉強も必要かも知れません。

 

まだまだしっかり勉強し、消費者様・社会のお役に立ちたいと思います。

新年明けましておめでとうございます。

工務店ソーラーコムは本日が仕事始めになります。

 

少し長い正月お休みでしたが、仕事初めから目一杯の仕事に入ります。

 

大阪市内の二つの現場でも職人さんが早速作業にかかりました。

昨年はおかげさまで大変忙しくさせていただきました。

 

皆様に感謝申し上げますと共に、今年も頑張って参りたいと思います。

 

昨年はこの社長日記の更新があまりできていませんでしたが、

今年は頑張って更新したい思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

工務店ソーラーコムの今年は改めての教育の年と位置付けて、

従業員一同、勉強会・講習会への参加に勤めたく考えています。

 

秋山設計道場、伊礼智設計教室を始め、現場監督鍛錬塾、

民間・公的機関の研修会・講習会にも積極的に社員を派遣して参ります。

 

2020年に向けてのZEHや省エネについての国土交通省・経済産業省の講習会にも

スタッフ皆んなを派遣することになるでしょう。

 

何かと忙しくなりそうですが、

本年もどうぞよろしくお願いいたします。