工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

太陽の床暖房(OMソーラー)で、大きな吹抜け大空間のある木の家

住まい手に話しを聞く、8年経ったOBホームオーナー様宅見学会を開催します。

 

■ 冬暖かく、夏涼しいを実現

「細く仕切られた家に住むのは嫌だったんです。
 家全体がひとつの部屋のような空間が理想でした。」
ホームオーナーのK様は、こう語られます。

ただ、オープンな間取りにすると、冷暖房の効率が悪くなりそうで心配、、、。

そんな時、友人に誘われて参加した見学会で、初めてOMソーラーを知ったそうです。
「 これだ ! 」と思いましたとK様。
太陽の熱を利用するというのは環境的にも素晴らしいですし。

 

■ 木の香りと温もりに包まれ、子供たちは元気いっぱい !

そこで、
OMソーラーと無垢の木を用いたシンプルで心地いい住まいの実現を目指されました。
そしてできあがったのが大きな吹抜けが 1・2 階をつなぐワンルームのような木の家でした。
トイレや浴室以外は扉もなく、家中が緩やかにつながっている。
また、仕上げには土佐杉と珪藻土を採用。
表しの大きな梁や柱からは木の温もりが伝わる。

「 無垢の杉板の床は足触りが気持ちいいし、壁の珪藻土も湿度を調整するので、とても爽やか。それにOMソーラーのおかげで家の中のどこにいても温度が均一で快適です。」と大満足の様子のK様です。

家中を元気に駆け回っていた子供たちも、
8年経ってのびのびと健康的に成長されました。

 

■ 土佐杉は、「 産地直送材 」

産地から直接仕入れる土佐杉は、
FSC国際森林認証材の梼原町森林組合からの供給材。

床や天井には厚み35ミリの杉無垢板を採用し、
大きな断面の杉の梁や柱が印象的なK様邸。

森林組合から直接仕入れる無垢の木材は、
中間業者を省いて流通コストをカットしている為、
無垢材をふんだんに使った木の家が通常より3割お安くできました。

 

■ OMソーラー
        太陽エネルギーを利用し、建物全体を床から暖めるから大空間も可能。

OMソーラーは太陽の熱エネルギーを利用して
床暖房や換気を行い、お湯を作ります。

冬は屋根に降り注ぐ太陽熱で軒先から取り入れた空気を暖め、
ダクトを通して床下に送る

これにより基礎コンクリートに熱が蓄えられ、
その熱が建物全体を床から暖める仕組みです。

そのため、家中が均一な暖かさになり、
こちらのK様邸のような間仕切りの少ない、
1階と2階をつなぐ大きな吹抜けのある、
大空間の家づくりが可能になります。

 

見学会の詳細、ご予約はこちらからどうぞ。

      ↓↓ 見学会のご予約はこちらから(予約制) ↓↓

    

お電話・FAXでもお問い合わせください♪

 

 

①吹抜けを介してダイナミックに繋がる1階と2階はまさにひとつの部屋のよう。どこにいても家族の気配が感じられるし、1階にいる母と会話もできるので、子供たちは安心して2階で遊んでいます。

 


②1階は間仕切りのないワンルームのLDK。木と珪藻土で仕上げられた室内はすがすがしく、シンプルだが豊かな空間。K様夫婦がこだわって選んだ木の家具も、よく調和している。

 

③リビングの吹き抜けに面した2階子供室。オープンなので風通しもよく、野球ごっこもできる。バルコニーに通じる吹き抜け上部のすのこ状の廊下も楽しい。

 

④奥の寝室まで見渡せる2階は、間口5mの家とは思えないほどの大空間。思う存分走り回ることができ、「家中が公園みたい」と、子供たちの友達にも好評だ。手前の子供室も奥の寝室も、将来は間仕切りを設けられるようになっており、家族の成長に合わせて自在に変化する。

 

⑤腰板に無垢のパイン材を使用したオリジナルキッチン。背面の収納も木製にこだわって造作。

 

⑥キッチン裏に配された洗面室。洗面台や棚も造作したもので、シンプルな医療用大型シンクを採用。

 

⑦キッチン脇の小さなパソコンコーナーとその奥のユーティリティを見たところ「ファクスもリビングから見えない場所に置きたかったので」と、奥様。ユーティリティは、家族全員の衣類がすべて収まる収納スペース。収納を集中されたことで、寝室や子供室にはクロゼットがなく、空間がスッキリしている。

 

⑧外壁も珪藻土で仕上げたK様邸の外観。バルコニーに用いた杉板がシンプルな外観のアクセントに。屋根にはOMソーラーの集熱板が設置されている。

 

⑨廊下がなく、玄関から直接リビングへ。玄関ホールは風除室の役目も果たす。

 

⑩敷地面積:85.07㎡(25.78坪)
延床面積:110.00㎡(33.33坪)
1階:55.00㎡(16.67坪)
2階:55.00㎡(16.67坪)
竣工:2006年3月

 

 

見学会の詳細はこちらから。

 

       ↓↓ 見学会のご予約はこちらから(予約制) ↓↓

    

お電話・FAXでもお問い合わせください♪

 

光と風、子育て世代の木造注文住宅

木造注文住宅の、お引き渡し前、「完成見学会」を開催します。


兼ねてから工事施工中の「家族の皆の絆を大切にする家」をコンセプトの木の家が枚方市に完成いたします。

つきましては、お施主様のご了解の下、お引き渡し前 完成見学会を開催させていただくことになりました。

開催日は、9月16日(土)・17日(日) と 9月23日(土)・24日(日)の4日間開催となります。

更に24日(日)はお近くのOBホームオーナー様宅バス見学会も同時開催いたします。

限られた敷地面積で快適に暮らすアイデアの数々を、木造注文住宅をお考えの皆様の参考にして下さい。

 

見どころを紹介します。

★“暮らし”の長持ちを考えた「木造ドミノ」
 子供が小さいうちは2階をひとつの大空間にして、のびのび遊ばせてあげたい。
 成長したら、間仕切り壁をつくったり、ドアを取り付けたり、プライベート空間を
 増やしてあげたい。
 そしていつか、夫婦だけの時間が戻ったら、また大空間に戻して、趣味の時間を
 過ごそうか・・・。
 木造ドミノは、そんな家族の成長に合わせて、暮らしを変え続けることができる
 家づくりです。

★ウッドバルコニーはこの家の顔です!
 左官仕上げの外壁のアクセントになるウッドバルコニー。
 2階のフリースペースともつながって居心地もGood!

★キッチン・ダイニングからの眺め
 小上がりのくつろぎスペースや、家の前に広がる公園の風景、景色、子供
 たちの様子が一望できるように設計しました。

★最も居心地のいい場所
 お昼寝や読書、来客にも使える小上がり畳コーナー。
 吹抜けからは陽の光がふりそそぎます。
 家族が自然と集まる、小さくても心地いい、小上がり畳とつながる縁側
 ウッドバルコニー。

★OMソーラーのある家
 夏はいつも新鮮な空気。
 冬は、どこにいても家中ほんのり温かい暮らしが家族を健康にしてくれます。

★まわりが家に囲まれていても快適
 隣家の状況、光や風の入り具合を徹底的に計画。
 家づくりの基本で、一番大切なことです。

★こだわりのモザイクタイルが魅せる造作カウンター
 焼きムラのある優しい風合いのモザイクタイルを1枚1枚ていねいに貼って
 仕上げました。

★ご主人の小さなお楽しみ♪
 スペースを利用した掘り込みカウンター。読書やパソコンなどリラックス
 タイム♪
 ロールスクリーンで目隠しできるご主人のミニ書斎です。

★玄関まわりのゴチャゴチャは土間収納で一発解決!
 ベビーカーや傘、季節物の靴、コート類もガバッと収納できる優れもの!
 来客がある玄関は、いつもスッキリさせておきたいですよね。

★家族のものは1ヶ所に集積
 家族全員分のたっぷりウォークインクローゼット収納♪

 

下記のイベント予約フォームまたはお電話(0120-678-813)よりお気軽に

お申込ください♪     

          ↓↓ ご予約はこちらから ↓↓ 

    

お電話・FAXでもお問い合わせください♪

 

木造ドミノ住宅の第1棟となる、「家族全員の絆を大切にする家」の完成見学会に、ご参加お待ちしています。
 

木造注文住宅、広々リビングのつくり方。

広々としたリビングは住まい手の一番の要望といっても過言ではありません。

ここでは小さくても、開放的なリビングのつくり方をお話しします。

 

そこで考えたいのは、屋外を積極的に室内に取り入れること。

リビングの機能を外部に延長した「アウトドアリビング」で家族の団欒や食事を楽しみたいものです。

 

また、街中の狭小地や住宅密集地でも屋外の開放感をリビングに取り入れることができれば、広々した愉しい家が出来上がります。

 

リビングと一体化した屋外ウッドデッキを造る場合には注意しないといけないことは、外との一体感と外部からの視線のカットを両立させることが、間取り設計計画のポイントです。

 

 

「住宅密集地で、開放的な木造住宅で暮らす」

住宅密集地の敷地をギリギリまで利用して開放的な家を建てると、外部からの視線が敷地内まで届き、プライバシーを守れなくなります。

費用のかかるコートハウスではなく、敷地を最大限使って、開放的かつプライバシーを確保する方法として、建物の外壁の外側に壁を立て、半屋内のアウトドアリビングをつくる方法があります。

外周の壁には開口を設け、通風(風通し)と採光を確保します。

リビングコーナー部(建物角部)の両側には直交する大きな片引き込みのサッシ設置。この窓を開けると、室内からアウトドアリビングまで続く開放的な空間になります。

外側外周の壁の内側は反射光を採り入れるため、白い仕上げにするとより明るく開放感が増します。

壁が高すぎると圧迫感が生じるので、2階の窓からの視線も考慮しながら高さを設計します。

注意しないとならないメリット・デメリットとして、敷地いっぱいに建物を建てる場合は耐火の延焼ラインを考慮して、開口部に防火サッシを用いなければなりません。

ただし、この壁を設けたことは、高価かつ見栄えや使い勝手の悪い防火サッシをリビングで使わずに済むというメリットもあります。

大阪のような都会では、中心地への近さを求めるほど敷地の狭小化を余儀なくされます。

一見不幸なことのように思われがちですが、住宅の広さが住まい手や家のクオリティーや生活の質の向上に本当に寄与するのか、今一度考えてほしいものです。

建てる住宅が広くなれば、面積の増加による総工事費増加は元より、掃除・メンテナンスの手間や十数年後に発生する修繕費なども増え、住まい手の暮らしに負荷がかかることになります。

とは言っても、ただ狭い住宅をつくればよいわけでももちろんありません。

階段を複数設けて回遊動線を立体的に配置するなどの建物内の動線計画や、テラスをつくって外部を内部に取り込むような空間の使い方など、設計の工夫を住宅内に散りばめることこそが、住まい手の満足度を向上します。

たとえば、30坪以下でも4人家族が十分豊かに暮らせる住宅は実現可能なのです。

 

 

本日はここまで、、、

続きは、、、また来週に更新致します。