工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

凝縮された「雑木林」と「ビオトープ」のある木の家、Y様邸。

中庭・外庭造り、内池・外池造りと外構工事が進んでいます。
池の底には粘土を擦り込み池の水が浸透しないように設えます。

池の淵の石積みは元々の敷地にあった生駒石。
この地、東大阪の瓢箪山付近の山手側にはこの手の自然石が沢山埋まっています。
この石を含む地盤は建物の地盤も強固にしてくれています。

地盤の強度はこの礫混じりの地盤が一番強固な地盤と言われています。
大阪では極稀な地盤で大阪平野の山手側に限られます。

この生駒石だけでは足らないところは
ごろた石を持ち込み積み増して池が出来上がります。

この内池がある庭の柱と梁に囲まれた空間はステンレスの金網で囲まれています。
天王寺動物園の自然園ではないですが、
小さな凝縮した自然の雑木林がイメージされています。

井戸水を循環させる池には、メダカやゲンゴロウ、
雑木林にはリスや小鳥・フクロウが、、、。
小さな、自然がある、お施主だけの森が出来上がります。

新年早々の見学会をお楽しみに‼️

大きな木製窓サッシのある平屋増築リノベーションの木の家。

大きな木製窓のある平屋増築リノベーションの木の家。

東大阪市のJ 様邸が完成しました。
お引き渡し前の完成見学会も開催させていただき、
お引越しも日曜日に無事行われました。    感謝です。

ペレットストーブの「ほのか燦」も早速運転開始、
床下からの全館暖房でワンちゃんも喜んでいることでしょうね。

こちらのJ 様邸は木製窓サッシや樹脂サッシの大型窓を採用いただきました。
アプローチ側のお庭にリビングから繋がるウッドデッキ側には
木製窓サッシのアイランドプロファイルの片引き込みの全開放大型窓を採用。

リビングから中庭のウッドデッキ側に繋がる窓には、防火対応の樹脂サッシの大型窓を採用しています。
桧の木塀に囲まれた主庭・中庭は、リビングはウッドデッキを通して両庭に繋がります。
居心地最高です‼️