工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

新年の御挨拶

 

明けましておめでとうございます。

 

平成最後のお正月は穏やかなお天気に恵まれ無事に迎えることができました。

皆さま初詣は如何でしたでしょうか。

私も元日にお参りし、健康などお願いして参りました。

 

さて、今日から本格的な仕事初めのところが多いのではないでしょうか。

弊社も今日から社員たちが出社してきました。

平成最後の仕事初め、今年も頑張って家づくりに励んで参ります。

 

振り返りますと、昨年も様々なお客様のお住まいを建てさせていただきました。

大阪府以外でも奈良市、生駒市、京都市、亀岡市など住まい手の皆さまのご依頼をいただきましたことに感謝申し上げます。

 

 

 

大阪豊中市では i-works 1.0 を2棟建てさせていただきました。

このうちの1棟は本年3月頃までモデルハウスとして運営させていただいております。

もう少しだけ自由にご見学いただけますので土・日曜のご来場をお待ちしております。

 

 

 

こちらの1棟、少し大きめの i-works 1.0 s にお住まいのO様に年末にお会いしました。

その折、奥様から素敵なお話しを伺うことができました。

 

i-works にはパッシブエアコンという室内全室集中管理方式の床暖房・冷暖房システムを標準装備しています。

O様奥さまは大変寒がりと建築前からお話しいただき「寒くない家・冷たくない床」とご要望がございました。

部屋中が絶対に寒くないこと、床板は冬でも冷たくないこと、ご主人様からも重ねてご要望いただきました。

 

初めての冬を迎えられた奥さまから年末に、「川口さんは絶対に、寒くない・冷たくないと言っていたが本当は半信半疑だった ! 」でも、「本当に暖かく、床も温かくて家に帰ると直ぐに裸足になっても大丈夫なので、気持ちがいい、快適です。」

 

こんなご感想をいただくことができました。

このような感想をいただき、有り難く感謝するばかりです。

 

パッシブエアコンは暖気を床下に送り床全体が温かく、上昇気流で室内空気も床面から天井へと暖気が廻り室内全体が同じ室温になる全室冷暖房システムです。

床下に空気を送って暖房をするOMソーラーと同じ原理ですね。

 

ガスの温水床暖や電気の床暖房の場合は、その部分は暖かいのですが、暖房の通っていない床板のところは非常に冷たく、室内気温もなかなか高くならないものです。

このお部屋毎の温度むらが身体健康に良くありません。

 

室内は勿論、トイレ・脱衣室・浴室がリビングと同じ室温であればヒートショックもありません。

お子様、お年寄りにも優しいパッシブエアコンを是非とも体感してみてくださいね。

 

 

モデルハウスの自由見学のできる期間はあと僅かになってしまいました。

この機会を逃さず、寒さ知らずの国産材で自然素材の木の家 i-works をご見学ください。お待ちしています。