施工物件

施工状況

木造ドミノの家@枚方 上棟しました

2017年6月10日(土)
IMG_20170609_181211

木造ドミノの家が上棟しました。

無事上棟式も終え、これから外部の塗り壁下地や、屋根工事、OMソーラー工事、サッシや断熱材工事に移っていきます。

猫ちゃん達の暮らしが気になります

2017年6月5日(月)
猫ちゃん達の動線

先日完成した、光庭パティオのある、猫と暮らす終の住処。

お引き渡し後、猫ちゃん達はお気に入りの場所を見つけてくれたのかとても気になっています。

その後のストーリーはブログでも発信させてもらおうと思いますのでお楽しみに。

「光庭のある、猫と暮らす、終の棲み家」追い込み中。

2017年5月15日(月)
P1050133修正済み

角地の敷地いっぱいに建つ大阪市東住吉区のN様邸。

今月末の見学会【5月27日(土)、28日(日)】に向けて、

外構工事が追い込み中です。

 

猫たちとの暮らしを考え、光と風を通す光庭のある家。

光庭のウッドデッキにシンボルツリーが入りました。

 

玄関横の植込みにも植栽が入り、玄関・外構回りも

整ってきました。

 

見学会には、住まい手お施主様に直接お話しを聞ける

交流の場を設けます。

ご都合あわせの上、ご来場ください。予約制です。

光庭パティオのある、猫と暮らす、終の棲み家。 完成見学会 5/27(土)・28(日)[予約制]

仕上がり具合@東住吉区N様邸

2017年4月15日(土)
IMG_20170415_152449_173

東住吉区で進行中のN様邸、外壁左官壁がついに仕上がりました。

今回は初めてご提案させていただいた色の配色。

ラーチ調の淡く明るい茶色と、左官壁も少しは赤みのあるベージュ。

落ち着きもありつつ、渋すぎず明るすぎず。

良い色合いになったのではとしみじみ。

ま狭いところも大工さん、左官屋さんが頑張って仕上げてくれました。

 

足場がばれるのが楽しみです。

 

設計 池田健太

もっといい家をつくる為に! “木材品質検品”

2017年1月25日(水)
IMG_20170112_114209

現在、大阪市内で家づくり進行中の

「角地に立つ、猫たちと住む木の家」。

 

 

こちらのお家に使用する木材の品質検品を行なうため、

高知県の梼原(ゆすはら)町森林組合へいって参りました。

 

検品は、200本以上にもなる木材を、

一本一本、目で確かめてチェックをおこなっています。

 

検品で主にチェックを行っている点は下の3つです。

 ①強度

 ②耐久性

 ③美しさ

 

 

ず、①強度 とは、

柱や梁などの構造材に使用する木材の強度が、

構造計算の通り「安心できる強度」となっているか確認します。

 

この強度は、「ヤング係数」と言われる、木材の強度をあらわす

数値を機械を使って測定していきます。



 

 

次に、②耐久性 は、

木材が「長持ちするものであるか」を確認していきます。

 

経年変化による「割れ」や「狂い」が出にくい耐久性のある木材であるか、

「含水率」(木材に含まれる水分率)を測ってみていきます。



 

一般的に、含水率20%以下なら安心だと言われていますが、

ソーラーコムでは、含水率10~15%の木材を合格基準としています。



 

 

そして最後に、③美しさ です。

美しさは、色合いや節の多さなどを、木材を使う場所によって、

バランス良く配置する作業です。

 

自然で育ったまんまの無垢材は、同じ種類の木材でも、

木や部位によって、色の赤みの強さが違ったり、

節の多さにも差があります。



 

同じ品質でも、床材など、目に見える木材には

色、模様の美しい木材を優先的に選び、

そうでない材は、壁の中で使用したりという選別をおこないます。

 

また、見た目がバラバラの木材が隣同士に並んでいては、

見栄えもよくありませんので、その配置も計算していきます。

 

 



このような検品作業に約1日。

時には産地に一泊して、森林組合さん協力のもと、

1棟1棟、この木材品質検品を行います。

 

本来なら絶対に必要な作業ではないといえますが、

住まい手の皆さんに少しでも、安心、安全で、

見た目にも心地いい暮らしをしていただけたら、

という想いでこの検品を行なっています。

 

今回検品した木材も、いよいよ大阪へ運ばれてきて、

棟上げ工事へと入りました。

工事の様子はまた次回お伝えさせていただきます!

資料請求はこちら
facebook twitter

イベントお申し込みはこちらから

WEBから申し込む

予約フォームメールはこちら

電話で申し込む

0120-6788-13

FAXで申し込む

06-6788-1085 専用用紙