スタッフ日記

ソーラーコムのお家一覧

木工教室

子供たちの夏休みが始まって2週間。

子供たちは暑い中外で元気に遊んでいます

熱中症には気をつけて遊んでほしいものです。

 

さて、今週末は木工教室。

今年はイスと机、収納ボックスに廃材を利用してのフリースタイル。

最近はDIYもはやっていて、男性だけでなく女性の方もうまく工具を使って木を切ったり

電動ドライバーで組み立てています。

最近はのこぎりを使って木を切ること体験も少なくなっています。

日ごろできない体験を是非体験してみてください

スタッフ一同お待ちしております

 

設計 八木

木の家の健康効果!

こんにちは、横山です。
インターネットでニュースを見ていると、こんな記事が目に入りました!(^▽^)

「木造小学校ではインフルエンザにかかりにくい」

本文引用↓
木造の小学校では子どもたちがインフルエンザにかかりにくいというデータがあります。その理由のひとつは木のもつ調湿性。室内の湿度が高ければ水分を吸収し、低ければ水分をはき出す性能です。その結果、冬も適度な湿度が保たれ、風邪を引きにくい。樹脂製の壁紙を多用した家では結露しやすく、その結露がもとになってカビやアトピーの問題が出てきます。特に子供や高齢者がいらっしゃる家は木造のほうが安心ですね」

木の家は何といっても健康にいい。また壁や天井に木を使うことは視覚や聴覚にもやさしく、さらには“頭”にもいい効果があるらしい。

などなど…木の家に関する興味深いデータが…!

結露をなくし室温を保つ自然の木の適度な保湿性能
ランダムな木目で視覚からもほっとする、自然の木の癒し効果

自然の木で作った木の家は、健康生活にもってこいです!
木材エコポイントをつかって是非木の家にリフォーム、新築はいかがでしょうか?

健康でほっとする、そんな木の家に住みたいですね(^▽^)

Time has come!8/4(日)開催!木工教室チラ見せ!

こんにちは川口大貴です。
8/4(日)開催予定の木工教室に向けて準備を進めています。
材料の準備に伴い、まずはサンプルを作っていますが・・・

端材で試行錯誤・・・
工具と材料を集め、さて、どんな風に料理しようか・・

真っ直ぐ正確にカットするのも難しいですよ、お父さん方!

まずはキッズチェアー①
(これは完璧にしようと思うとE難度の技術が必要です)

ビス穴失敗してバキバキになったので、もう1個!

でもこれも完璧ではない出来・・・
足元ガタガタ言ってますね・・

続いてキッズデスクなるものも作ってみました。
ぬりえをしたり、ジュースを飲んだり。

やはり角材の脚を付けると難度が相当上り、時間もかかります。
でも出来た時感動(:_;)
愛情がこもっていれば何でもいいんです。
当日は角材を使わない板ものも用意しておきますので
初級編ということでトライしていただいても結構です。

私が作ったサンプルはお恥ずかしいので
画像を大きくして見ないでくださいね。

では木工教室、お楽しみに。8/4(日)!!

工務管理 お客様係 川口大貴

21日(日)はマイベストプロセミナーです!

明々後日21日はマイベストプロのセミナー、

アレルギーから家族を守る木の家のつくり方
2人に1人がアレルギー体質の時代 無垢材の家VSシックハウス症候群

が開催されます!(^▽^)

■ご家族の健康を第一に考える方!
■アレルギーとは無縁の住まいを願っている方

に聞いていただきたいセミナーです。

このセミナーで

■家族の健康を、自分自身で守る方法

■丈夫で長持ちする家のつくり方

が分かります!

社長川口もこのセミナーに向けて日々準備中です!
ためになる話が聞けるこのチャンス!是非手に入れてください!

================

申し込みはこちらから↓
2人に1人がアレルギー体質の時代 無垢材の家VSシックハウス症候群

是非ご参加ください!

地下室のある家

箕面市の地下車庫のある家に続き、吹田市でも地下室のある家の施工にとりかかっています。

 

初日の掘削ではこの程度ですが

段々と深く

深く

深~く掘り進めて行きます。

隣地が近い部分には、土崩れが起きない様に、H鋼と矢板を使って慎重に土留めします。

さらに補強で、橋を渡して倒れないように

橋の補強も万全です。

深い所は、奥から手前に掘り進めて行きます。

やっと掘り方終了。中から見ると圧巻です。

捨てコンまで完了しました。

ここまで実働で13日。通常の住宅の基礎だと、2日で終わる工程ですので、大変な工事でした。

まだまだ続く地下工事、続きは施工状況かブログにてお伝えします!

 

工務担当 納庄

今年もやります

今年もやります

親子木工教室!!

私が小学生のころは夏休みの宿題で、自由研究か工作のどちらかをすることになっていました。今でも同じようにこんな宿題があるのかはわかりませんが、夏休みの思い出にぜひお越しください。

今年は、小さい机とイス、去年に引き続きキャスター付き収納、そして、廃材を利用しての売りースタイル・・・腕の見せ所ですよ、お父さん

最後にはスイカ割りもやりますので、夏の思い出の一ページに加えてみてください

 

設計 八木

今週末7/27はマイベストプロセミナー!

大阪で活躍する専門家によるマイベストプロ大阪
「5つのお役立ちセミナー」


が開催されます!

川口は「アレルギーから家族を守る木の家のつくり方
2人に1人がアレルギー体質の時代 無垢材の家VSシックハウス症候群
というセミナーの講師として13:30~14:45(75分)登場します。

≪セミナー内容≫
このセミナーはご家族の健康を第一に考え、アレルギーとは無縁の住まいを願っている方に聞いていただきたいセミナーです。

高温多湿の日本では、室内の湿度を調節することが欠かせません。
天然素材は勿論、目に見えないところに使う素材選びを考えましょう。

・室内の湿度はどのように調節すれば良いのか?
・冬の寒い季節の換気と暖かさを両立させる方法は、、、?
・新築して入居一年が過ぎたKさまのご家族のアレルギー症状がどの
ように回復したのか、、、?
などなど、実例を交えながらお話し致します。

素材の知識、自宅の換気などの判断基準。
お家で、ご自身でできる対策。
自分だけでは出来ない対策のこと。
そして、暮らしの“カイゼン”方法をお教えします。

このセミナーはこんなことが学べます。

☑家族の健康を、自分自身で守る方法が分かる。

☑丈夫で長持ちする家のつくり方が分かる。

いい住まいとは、、、「○○○○」が穏やかであること。

それが「和やかな家庭」の源泉である。

住まいづくりは、住まい手と工務店が価値観を共有してつくること。

=================

アレルギーから家族を守る木の家のつくり方

日程 2013年7月21日(日)

時間  13:30~14:45
受付開始  13:15~
定員  20名
参加費  無料

申込期限  7月20日まで(事前申込が必要です)

会場 ブリーゼプラザ(ブリーゼタワー8F)
会場住所 大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー8階

=====================

申し込みはこちらから↓
2人に1人がアレルギー体質の時代 無垢材の家VSシックハウス症候群

是非ご参加ください!

泉南郡S様邸 上棟式

【S様邸in泉南郡】
薪ストーブのある、プライバシーを重視した2世帯の木の家

先週末は上棟式でした。
お施主様のご家族、弊社のスタッフと大工で執り行いました。
お施主様にも大変お喜びいただき、
今後の打合せにもますます力が入られるかと思います。

先週は炎天下が続きましたので、S様からも激励のお言葉を頂戴いたしました。
大変有難いお言葉です。
これから進んでいくOMパネルの設置作業には
一段と配慮して作業を進めていきます。

工務管理 お客様係 川口大貴

本日は住まいづくり教室セミナー

本日は当社スタジオにて住まいづくり教室セミナーでした。
テーマは「OMソーラーで見るエコな暮らし」そして「アレルギー知らずの暮らし」

前半はOMソーラーを中心とした
自然エネルギーを利用してエコで快適な暮らしをしませんか?というお話

後半は無垢の杉やひのきを取り入れた木の家だけでなく、
断熱材や家具にも目を向けて徹底的に自然素材を取り入れます。というお話
これは近年問題となっているお子様のアレルギー対策に、大いに役立つ内容でした。

私事ですが、これまでの数年間の東京生活で果物アレルギーになってしまいました。
原因は不明です。
でも大好きな桃やりんご、梨、チェリー・・・指をくわえて我慢しているという事実。
なった人にしかわからない、喘息やアレルギーのつらさ。
しかし建てる家とその環境によってはこれらも治してしまう・・
そんな家づくりにこだわっています。

本日ご参加いただいたF様、H様、たくさんの質問やご意見を頂戴し、
私どもも大変勉強になりました。

いつでもこのお話はさせていただきますので、
年内にもたくさん予定しているイベントにぜひご参加ください。

写真はH様のお子様が一生懸命つくったおもちゃの列車・・・?キャタピラ?
崩さず置いておきます。

工務管理 お客様係 川口大貴

品質向上勉強会

こんにちは。

昨日は夕方から、基礎屋さんと勉強会を行いました。

長い間弊社の現場の基礎をお願いしている業者さん。

当然陽の木の家の工事は良く分かっていますが、慢心は禁物です。

標準的な工事の方法を再度チェックしながら、設計、管理、現場の間で

問題点や改善点を洗い出していきます。

 

今回は地下工事の際にコンクリートの打ち継ぎ部分に入れる止水板の

圧着の段取りを再確認しました。

鉄板を高温に温めて、

止水板が溶けてきたら一気に圧着!

 

何度もやっていることですが、職人さんそれぞれの精度や、

現場の状況なりでうまくいかないことがあってはいけません。

防水の肝となる工事などは特に気をつけて、品質管理を徹底して

いきます。

ソーラーコムの家づくり、品質向上のため日々頑張っていきます!!

 

設計 池田