工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

アレルギーの無い家にしたい。

家の中に潜む、アレルギーの原因の ダニ・カビ対策。

今年の梅雨は雨が多いように感じます。

特に九州では大雨で災害が頻発しています。

 

湿気の多い梅雨の時期はアレルギーハウスにならないように、

アレルギーの原因であるダニ・カビの対策を考えないといけません。

 

特にハウスダストによるアレルギーは、ダニ・カビが原因になっていることがあります。

ダニは粉末状になって空気中に散った糞や死骸が、粘膜や皮膚から体内に

入り込んでしまうためにアレルギーが起こります。

さらに夏の時期のカビはアレルギー性の肺炎を引き起こすがあり注意が必要です。

窓の結露の写真

 

アレルギーの元となるダニ・カビ退治は掃除となりますが、

家づくり的に考えると「除湿」が大事です。

 

ダニ対策は、、、

■ 繁殖しにくい環境をつくる
    ・押入れやクローゼット内の湿度をさげ、風通しをよくする。
    ・ダニのエサとなる埃や人のフケなどをこまめに掃除・洗濯する。
    ・絨毯を無垢材の床板フローリングにする。

■ 死滅させる、取り除く。
    ・ダニは50度の温度環境で死滅するので、布団乾燥機を使用する。
    ・年に一度の布団丸洗いを実施する。
    ・こまめに掃除機で取り除く。布団・ソファーは念入りに!

 

カビ対策としては、、、

■ 繁殖しにくい環境をつくる。
    ・結露などの水滴はこまめに拭き取る。
    ・換気扇や、窓を開けて風通しをよくする。
    ・こまめに埃や汚れを掃除する。

■ 取り除く。
    ・カビは直接スプレーをかけると飛び散るので
                薬液を浸した布などで拭き取る。

 

完全に無くすのは難しいですが、減らすことは可能です。

できることから始めてみましょう。

 

湿度のないカラッと気持ちいい木の家の写真

ダニやカビのでない家づくりを考え木の家づくりや

OMソーラーの家づくりをしています。

結露のない、換気・風通しの良い、夏涼しく冬暖かい、

こんな家づくりの方法をお話ししています。

 

GF大阪のセミナールームで開催する「家づくり勉強会」を

一度のぞいてみてください。

 

家づくり計画セミナー開催中の様子

 

「自然の風を取り入れたここちいい家」のつくり方お話しします。

↓  ↓  ↓

グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
  ■■  「家づくり計画」セミナー ■■

シックハウス・アレルギーにならない健康を守る木の家

家族の健康を守る家を建てるには!

 

家族の健康を守る家づくりのポイントのひとつ、「素材」のお話し。

今回は木の家には欠かせない、「木材」についてお話しさせて

いただきます。

 

 

「無垢材」と「集成材」の違いとは何か?

ご存じですか?

 

まず、「無垢材」とはどんな木材を指すのか?

無垢材とは、「加工をしていない」「自然のまま」の木材のこと。

 

一方、集成材や、合板と呼ばれるものは、

接着剤を使って加工をした木材のことです。

ここに使われている接着剤が、実は健康に心配なものの一因になります。

 

家族の健康、シックハウス・アレルギーにならない家を建てるなら、

やはり無垢の木材を使うのが安全・安心です。


ソーラーコムで家を建てられた方にこんな方がおられます。

大阪市内で新築の家を買ったところ、引っ越して1週間して、

アレルギーが出てしまい、どうしても住み続けることができずに

家を手放すことになってしまいました。

 

その住宅は、集成材と合板、そして他にもビニールクロスなども

多く使われていました。

アレルギーの原因は、建材に使われている有害な接着剤だとわかりました。

 

その方は、それ以来、家の素材のことを色々と調べられた上で

2度目の家づくりをされ、現在では、無垢材と自然素材で木の家で

健康に暮らしておられます。

 

 

別の例では、無垢の木の家に住んでから子供のアレルギーや

喘息も改善されたという話しも耳にします。

もちろん、そのことだけが改善の理由ではないかもしれませんが、

自然のまま、加工されていないという木材がひとつの要素とは考えられます。

実は・・・無垢材住宅と鉄骨やコンクリート住宅で比較した

マウスの生態実験でも、無垢の木材の安心・安全が立証されています。

健康に優しい、自然そのまんまの「無垢材」を使った家づくり、

一緒に考えてみませんか?

 

 

シロアリを絶対に寄せつけない木の家のつくり方

シロアリ被害から守る、家づくりのお話し

 

①地震に強い

②湿気を無くし腐朽菌の発生を無くす

③シロアリの被害から守る

 

この3つが、日本で長持ちする木造住宅を建てるために

何より重要です。

勿論、他にも様々有りますが、大きくはこの3つを満足しなければなりません。

 

今回はそのうちのシロアリの「食害」についてご覧いただきたいと思います。

 

シロアリの木材の食べ方がこちら

写真は、国産のスギの切り株スライスを、シロアリの巣箱へ

入れた後の結果です。

ご覧いただくと分かるかと思いますが、中心部の赤い芯材(赤身)部分に

食害はでていません。

 

同じく、下がヒノキの場合ですが、外側の白い辺材部はスギ・ヒノキを

問わず食害にあっているのがわかります。

 

対して、ホワイトウッドといわれるの輸入材・集成材はご覧の通りです。

シロアリは柔らかい木材の白い部分を好むため、

さきほどのスギ・ヒノキの場合と違って、木材の中心部まで食害に

あっていることがわかると思います。

 

ホワイトウッド、レッドウッドといわれる輸入材は絶対に使ってはいけません。

例え薬剤処理をいているから大丈夫と言われても・・・です。

 

上の実験結果を踏まえると、特に、木造住宅の土台に使う木材は、

芯持ち赤身の角材を使うことで、シロアリの食害を防ぐ効果があることが

わかります。

 

芯持ち材と言われる木材の赤身の部分は、

硬く、湿気による菌にも強い成分が含まれており、

シロアリも好んで食べることはありません。

 

間違っても外国産の輸入材や集成材は、決して使わないでください。
やはり、日本の木の家には、日本の風土に対応した国産材を使うことが、

長持ちする家を建てるためには大切なことです。

シックハウス・アレルギーが心配な方の家づくり方法は?

  ↓  ↓  ↓

グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
■■ 6月26日(日)「家づくり計画」セミナー ■■

ビニールクロスの壁を塗り壁に変更できますか?

リフォームでビニールクロスの壁を塗り壁にしたりという希望が増えています。

自然素材の漆喰で仕上げるリフォームとは・・・

 

マイベストプロ大阪にコラムを掲載しました。

ビニールクロスの壁を塗り壁に変更できますか?

 

 

見て下さい。

木の家に生かしたい自然素材・・・漆喰壁

日本の伝統的な白い壁と言えば、漆喰壁。

今回は、自然素材の漆喰についてお話しています。

 

左官コストについて、土佐漆喰について、商品化されたクリームについて等々、

「マイベストプロ大阪」のコラムページに掲載しました。

『木の家に生かしたい自然素材・・・漆喰壁』

 

見て下さい。

 

木の家に生かしたい自然素材・・・珪藻土の左官塗り壁材。

自然素材の珪藻土(けいそうど)。

 

室内の湿度を調節し、保温・断熱性に優れ、室内の嫌な臭いを吸い取り、しかも耐火性に

優れ・・・、こう列記してみると、珪藻土は建築材料として、いいことずくめの素材。

 

珪藻土について「マイベストプロ大阪」のコラムページ更新しました。

『木の家に生かしたい自然素材・・・珪藻土の左官塗り壁材。』

 

見て下さい。

 

劇的ビフォーアフター見学会

 

★劇的ビフォーアフター見学会

 

羽曳野市でリフォーム工事中のHさま邸が間もなく完成いたします。

お客さまのご好意で見学会を開催させていただく事になり、

感謝です。

 

これまで工務店ソーラーコムの家づくりを沢山見ていただいた

Hさまの拘りが詰まったビフォーアフター・リフォームです。

 

コンセプトは、、、一番大事なのは「間取り」と「動線」!

見学のポイントは3つ !

 ★奥様の心が和む日常の動線 !

 ★狭い間取りから広々魔法の空間 !

 ★暮らしが充実する裏の動線、、、。

 

開催日は今週末 6/21 土曜日の一日限り!

見に来てくださいね (^-^)

詳しくは、こちらから→→

 

外壁は割れ肌の白いタイル。

写真の外壁タイル貼りは割れ肌タイルのレンガ目地張り。

目地は深目地仕上げ。

 

外壁タイル用のカチオン系の接着材で張り、

目地セメントの充填はない。

 

深目地になり、割れ肌と白いタイルが際立ち

目地がスッと通り鮮やかに仕上がります。

 

大阪、豊中市の I さま邸より。

今週末は奈良市でomクワトロソーラーの木の家 完成見学会

奈良市奈保町の住宅地にomクワトロソーラーの木の家が完成しました。

お施主さまは和歌山市から転勤を機会に家づくりを決断されたO
さま。

お打合せは大阪まで来社いただき、大変ご苦労をお掛けしましたが、Oさまお気に入りの木の家が出来たと喜んでいただき、感謝です。

 

木の家の配置は光や風・通風を考慮して敷地に対して平行ではなく、ソーラーコムの得意とする、少し角度をつけ太陽を取り込む配置としました。

2階の窓から吹き抜けを通して室内に入る明るい光は木の家を温め、ご家族に和みを与えてくれることでしょう。

 

こんな配置の他にも見どころはいっぱい

クワトロソーラーの太陽光発電、勿論omソーラーも、、、

子供部屋とロフトの関係、、、

リビング続きの和室には夏の涼しい風を取り込む地窓、、、

吹き抜けのキャットウォークと手摺の造作、、、

お客様からの視線に配慮した、キッチンとL形のパントリーの関係、、、

などなど、、、木の家づくりの参考となる設えが沢山あります。

 

今週末の土日、15.16日の二日間、11時から16時まで開催していますので、勉強にきてくださいね。

私、川口もお待ちしています。

マイベストプロ大阪の勉強会で京都へ。

大阪の専門家グループの勉強会に参加するのは今回で三回目。

今日はちょっと遠出して京都新聞社のセミナールームにきています。

これから家づくりを行う皆さんに、

家づくりに役立つ話をまとめ上げ発表するための勉強会。

毎回難しいテーマを与えられ苦労の連続ですが、

皆さんの家づくりに役立つように頑張っています。

設計から考える気持ちのいい木の家づくり。
シックハウスの心配のない自然素材の家の造り方。
アレルギーの心配のない木の家の造り方。
ゼロエネルギーハウスの木の家の造り方。
光と風と空気をデザインする家づくりの方法。

こんな内容をまとめています。

これまでの経験に基づく話の内容は問題ありませんが、

話し方、これがなかなか難しい、、、。

いくつになっても勉強です。大変です。(笑)