工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

i-works プロジェクトとは、、、。 

 


誰もがここちよいと思える住まい
心地よい、居場所のある家。

 

 

目指したのは、プレタポルテな家づくり。

プレタポルテとは「質の高い既成服」の意味。
誰かのためのフルオーダー住宅「オートクチュール」ではなく、建築を標準化することにより、オートクチュールの上質さを纏(まとわ)った既製服を、手が届きやすい価格で提供する。
それがこのi-worksの狙いです。
信頼できる素材・建材メーカー、地域工務店とコラボし、総合的にクオリティの高い住まい、確かな住まいを、日本全国に提案していきます。

 

健康的に、そして美しく。

小さくても、豊かな暮らしをめざして。
小さな家で豊かに暮らす。

 

小さな家は、決して“狭い家”ではありません。
広々と住むための工夫を考えることこそが、設計の醍醐味。
必要なものとそうでないもの、これからの生活を整理することで、
無駄がなくなり小さくまとめることが出来ます。

 

さらに小さな家だからこそ少ないエネルギーで暮らす。

無駄な空間にエネルギーを費やすこと無く、環境にもやさしい
住まいは、これからの日本にとって、とても大切なことなだと思います。

 

 

 

建築家 伊礼智 氏が監修してつくられる質の高い小さな家。

日本らしい佇まいを持った、簡素だけれども品格のある住宅を目指し、
長寿命性能、省CO2性能、快適性を備えた小さくても大きく暮らせる
家を提供することを目的とした本プロジェクトは、

審査委員から

「建築を標準化する一方で施工は地域工務店を活用し、
工業化と手作り感のバランスをとる仕組みを実現している。

ユニット住宅でもなく注文住宅でもない建築のあり方を追求し
地域貢献を展開している点を仕組みのデザインとして評価する。」

と、「設計デザインに加え、工務店x建材メーカーによる
『つくり手ネットワーク』」という信頼価値について、高い評価を頂きました。

 

 

伊礼 智 氏

1982年、琉球大学理工学部建設工学科卒業後、
東京芸術大学美術研究科大学院修了(奥村昭雄研究室)。

丸谷博男+エーアンドエーを経て、1996年伊礼智設計室開設。
2005年から日本大学生産工学部建築工学科居住空間デザインコース非常勤講師。
2006年「東京町家・9坪の家」、2007年「東京町家・町角の家」でエコビルド賞受賞。
主な著作:『伊礼智の住宅設計作法』
(2009年 編集/新建新聞社・発行/アース工房)/『伊礼智の住宅設計』
(2012年 発行/エクスナレッジ)

 

 

i-works project の仕様

 

 

伊礼氏が長年使い続けてきた
信頼おける建材パーツを標準採用。

i-works project には、グッドデザイン賞でも高い評価を受けた
「建材メーカーとのつながり」という魅力があります。

一時的な流行やデザインに流されるのではなく、
長い寿命と長い必要を兼ね備えた建材パーツを厳選。

また、住宅全体をパッケージ化したことにより、構造はもとより、
枠廻りや階段も国産材でプレカット化し、難易度の高い仕事を合理化。

キッチンや洗面台、置き家具は地域工務店の大工と建具屋で造ることで、
空間の中に溶け込むような意匠性と将来的のメインテナンスのし易さを
確保しています。

ハウスメーカーのように徹底した工業化を目指すのではなく、
職人技を活かしながら、手づくりの良いところと融合させました。

 

 

ゆたかな暮らしを実現する予算配分

i-works projectでは、ゼロからオリジナルで細かく設計
していくのではなく、プランが決まっています。

それは徹底的に無駄を省き、合理化されたプランであり、
品質にこだわり「住宅の質」を高めた、「標準化」された
プランだからです。

毎回異なる仕様や部材をばらばらに使っていたのでは、
コストだけがどんどん積み重なり、家全体としての「質」の
追求に至りません。

厳選された素材を決まった型で導入し、設計コストと
部材コストを効率よくすることで、家全体のコストメリットを
生み出し、「住宅の質」を高めることに繋がります。

 

設計と仕様部材を標準化することによって、
オートクチュール型の一品設計よりもコストを抑えることが
できます。

良質な空間をもつ住まいを、少し頑張れば手に入れることが
可能となり、おさえた予算を家具や植栽といった
「ゆたかな暮らしを構成するパーツ」にまわすことができます。

 

 

i-works プロジェクトが目指す家づくり

それは、誰もが心地よいと思える住まい。

特定の誰かのための「特殊解」でなく、「一般解」として、
心地よく住まうことのできる家を、
少しがんばれば手に入れることのできる価格で提供すること。

そのために、これまで伊礼智が手がけてきた住宅をブラッシュアップ
しながら各部位を「標準化」し、面積の異なるプランに展開する
計画となっています。

生活スタイルや家族構成により、選ばれるプランは異なるはずですが、
どれを選んでも氏の考える心地よい居場所のある住まいとなっています。

 

 

i-works プラン

 

<i-works1.0>

大屋根が印象的なi-works 1.0 。
延床29.34坪の、ほどよい広さと、
勾配天井の吹き抜けの開放感で
家族四人がのびのびと暮らすことができます。
玄関脇には外物置もあり
アウトドア用品などを納めることができます。

 

<i-works2.0>

延べ床面積およそ23坪のなかに
3つのベッドルームをもつ1階リビングの小さな家。
小さいながらも、外出時でも安心して洗濯ものを
干すことのできるインナーバルコニーや
納戸、外物置など、多くの収納スペースを有しています。

 

 

 i-worksパンフレットより抜粋

さらに詳しい i-worksプロジェクトの資料をご覧になりたい方は
資料請求よりお問い合わせください。

資料請求

 

木造ドミノ住宅 ―― 「 ソライロ ドミノ 」

工務店ソーラーコムでも木造ドミノ住宅に取り組むことになりました。

東京の相羽建設さんと建築家・野沢正光さんの協働で始まった

木造ドミノ住宅

 

取組み当初から大変良く知ってはいたものの、、、

関西・特に大阪では受け入れ難いスタイルと考え、

ずっと保留にしていたプロジェクトでした。

 

時代を経て、木造ドミノ住宅も漸く関西でも受け入れ易い、

柔軟性のある間取りとデザインの取り入れが出来るようになりました。

 

そこで、今回、ソーラーコム・スタイルのドミノ住宅、、、

「 ソライロ ドミノ 」 プロジェクトをスタートすることに決定しました。

 

「木造ドミノ」の特徴は、

何と言っても強固なスケルトン(構造・外周躯体)インフィル(間仕・内装)

の考え方と、大黒柱。

 

「 ソライロ ドミノ 」はプラス α で、標準化します。

 

勿論、完全自由設計の場合でもドミノ化しても、生涯に渡って、

可変性のある変えられる間仕切、

そして、永く住み続けることの出来る、地震に強い耐震構造の設計プランです。

20161220.jpg

間取りも生涯の家族構成によって変えられる間仕切りを使うインフィルになり、

お子様の成長やご両親との同居などにも簡単にリノベーション対応できる

設計プランです。

 

先ずは最初のご案内をさせていただきました。
「 ソライロ ドミノ 」の資料ご請求をお待ちしています。

 

資料請求

 

 

 

問い合わせが増えています!【i-worksの価格帯】

i-works 1.0 の価格については会員地域工務店各社で違います。
仕様によってもかなりの増減となっています。

 

先日も価格などについて、2件のお問い合わせをいただきました。

 

その時にお答えした一部が、以下の内容になります。
少しだけ公開いたします。

 i-works1.0 の価格

i-works 1.0 の外物置無しの場合で、
外壁はカルバリュウム鋼板zig張りの場合は2430万円〜。

 

外物置有りや、外壁仕上げがソトン壁左官仕上げの場合になると
50万円〜350万円と増額になっていきます。

 

ご存知の方もおられるかと思いますが、
この i-works は建築家: 伊礼智さん監修のプレタポルテの木の家です。
ですから、グレード的にはかなりハイグレードになっています。

 

が、、、価格以上のお値打ちのある高級標準化の注文住宅と言えます。
関西、特に大阪の皆さんにはなかなか受け入れ難いかもしれませんが、
ぜひ、ご検討をしていただきたい木の家ですね。

 

植栽も造園家の荻野さんの監修になりますので、
こちらの予算も計上してください。
家の内と外の庭の関係が答えを出してくれる気持ちの良い快適な設えになります。

i-works

詳しいご質問、ご相談は、
工務店ソーラーコムの川口重行まで。
電話でもメールでも構いません。

お気軽にお問い合わせください。

 

外壁仕上げは、左官塗り壁。

大阪 八尾市で進行中の注文住宅の木の家。

外壁仕上げの左官塗り壁は、ラス張り後、下塗り・中塗りが終了。

 

現在、上塗り仕上げまでの乾燥期間中。

 

下塗りをしっかりと乾燥させることが、

完成後のクラック(ひび割れ)防止のために重要です。

 

勿論、クラック防止(ひび割れ)のメッシュ貼りは、

中塗り段階で外壁面に全面張り。

クラックは外壁からの雨漏りの原因となり、あってはならないこと。

 

下地の段階でしっかり施工をすることが必要です。

 

もう直ぐ足場の撤去ですが、白い外壁の洋風の木の家が見えてきます。

お楽しみに !!

 

 

マイベストプロ大阪

マイベストプロ大阪にてコラム更新中!こちらもご覧ください♪

<おすすめコラム①>伐採体験と産直木材で割安に家が建つ!
<おすすめコラム②>土地探しの方法

 

家づくり計画セミナー セミナーの様子

大阪市内の密集地で家を建てる秘訣とは?

【10月23日(日)】グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
家づくり計画セミナーお申込ボタン

地震に強い長持ちする家づくりとは・・・ 耐震等級。

日本で「丈夫で長持ちする」家の条件はは3つ。

地震、白アリ、湿気、これまでもお伝えした通りです。

そのうちの一つ目は、地震に強いこと。

 

ではどうすれば良いのか?

耐震等級、構造計算書、地盤調査、地盤改良、、、様々ありますが、

今回は耐震等級についてお話しします。

耐震等級とは国が定める建築基準法でどの位の地震に対して

建物が倒壊しないかという基準になります。

 

耐震等級 1 は建築基準法で定める最低基準で、

100年に一度の地震が来ても倒壊しない強度ということです。

これをクリヤーしないと確認申請が許可に成らず、住宅の建築はできません。

 

耐震等級 1 は、あくまでも最低基準です。

耐震等級 1 の1.25倍が耐震等級 2 になります。

さらにこの耐震等級 2 の1.25 倍が耐震等級 3 になります。

耐震等級は2以上3に近づける

となると、、、やっぱり耐震等級 3 でないとだめだ !

、、、とはなりません。

耐震等級 3 の場合は、壁の多さや屋根・屋根など、日常の生活にも

制限が掛かるような我慢を強いられることになってしまいます。

 

例えば、南側の窓は大きく取れずに小さくするしか仕方がありません。

これでは明るく開放感のある室内にはなりません。

そこまで我慢して耐震等級 3 を確保する必要はないと私は考えています。

耐震等級 2 以上かつ 3 に近付ける方法が最良と考えます。

 

では、どうすればいいのか、、、。

プラス α  の構造・耐震対策を行います。

私がお薦めするのは、伝統工法と制震ダンパーなどの柔構造的な

考え方の耐震補強です。

特に伝統工法の長ほぞ込み栓工法などは、

理に適った方法で昔から京都や奈良の寺社建築で用いられて来た、

地震に強い構造補強方法です。

ただ残念ながら、現在の国が定める建築基準法では、

そのままでは構造補強方法と認められておりません。

個別の大変手間の掛かる方法を用いなければならないので

広く使われることが少なくなっています。

残念ですが、、、。

 

しかし、、、このことがプラス α の耐震になることは間違いありません。

制震ダンパーも揺れの力を摩擦や油圧の熱エネルギーで吸収して

地震の揺れを緩和させ有効です。

 

このような対策で、地震強い丈夫で長持ちする

耐震等級 2 以上、3 に近付き、3 以上とも言える耐震強度が確保できる訳です。

 

耐震等級は、2 以上、3 に近づける!

これを実践してください。お願いします。

 

私たちがグランフロント大阪で開催する

「家づくり計画セミナー」では、このようなこともお話ししています。

生涯で一番大きな買い物「家・住宅」ですから自分自身でしっかり勉強して、

絶対に失敗しない「家づくり・住宅購入」をしなければなりません。

お気軽にご参加ください。

 

家づくり計画セミナー開催中の様子

地震に強く、心地よい家って・・・?

↓  ↓  ↓

【7/23(土)残2席】グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
家づくり計画セミナーお申込ボタン

 

夏の日差しを遮り涼しく暮らす、遮熱・断熱・気密でパッシブクーリング。

自然をデザインする時の、キーワードはパッシブ !

パッシブとは簡単に言いますと、
機械に頼らず、自然のまま暮らすことと理解すると分かりやすくなります。

特に夏の場合はパッシブクーリングと言ったりしますが、
パッシブクーリングには3つの方法があります。

遮熱、断熱、気密、    この3つです。

 

遮熱の基本は、先ずは日射の遮蔽を行うことです。

夏の日差しを室内に入れない方法を考えます。

庇、日よけ、簾、植栽、壁面緑化、、、などです。

 

パッシブクーリングでは、夏の日射遮蔽のポイントは・・・

外側で日射を遮る方が効果が大きい !

室内側でカーテンやロールスクリーン・ブラインドで日射を遮るより、

外付けのブラインドや外付けルーバー・オーニングテントなどで

日射を遮ることが効果があります。

 

もっと良いのは植木・植栽が良いのですが、

常緑の松の木などでよりも、落葉樹の方がより良いと皆さんにお伝えしています。

夏は葉が茂り日差しを抑えて、冬は落葉して日差しを室内まで

取り込むことができます。

 

一石二鳥、夏冬対応の最高のハイブリッドパッシブクーリングといえます。

夏は涼しく、冬は暖かい、心地よい木の家はこのような設えをすることで

間違いなく出来上がります。

 

こんなお話しを「家づくり勉強会」ではお話ししています。

一緒に勉強いたしましょう。

 

「暑い夏も気持ちいい暮らし」の方法お話しします。

↓  ↓  ↓

グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
  ■■  「家づくり計画」セミナー ■■


お茶室のある大阪堺市の木の家

大阪堺市に完成した家は・・・お茶室のある家です。

中庭を挟んで離れのお茶室・・・。

こんなお茶室のある家づくりはなかなか経験出来ません。

木の家にある茶室の空間 撮影:工務店ソーラーコム

 

建築に携わって40年、住宅に特化して17年の私も、

久方ぶりの経験になりました。

 

若いスタッフ、若い職人さんには聞き慣れない文字が並びます。

茶室の図面には、茶炉、道庫、立礼・・・と聞き慣れない言葉が並びます。

 

使用する材料も・・・

例えば、床柱は栗の芯去り・六角・ナグリの無地柱。

半柱、付柱は北山面皮柱、

化粧垂木も北山丸太のタイコ、

垂木掛けは北山丸太に90φ、

壁止めには、檜の錆び丸太・・・などなど。

こんな言葉が並びます。

 

木の家にある茶室の空間 撮影:工務店ソーラーコム

さらに、こちらのお茶室の立礼には床暖房が装備されています。

高断熱、高気密に床暖房のお茶室。

現代のモダンなお茶室はこうなるのですね。(^-^)

 

土地探し、建築条件なしの探し方。

最近の面談対応から・・・二つ割、三つ割で土地を購入。

 

土地を探し始めたもののなかなか見つからない!

見つかった土地は建築条件付きの土地ばかりで

自分の希望通りの家づくりができない・・・どうしたらいいのか・・・。

 

この様なご相談を土地探し中のお客様から承ることが沢山あります。

 

前回、プロの不動産屋さんを通すという方法をお話しをしましたが、

他にはないのでしょうか?

 

今日はその内のひとつ、大きな敷地を狙う、という方法をお話しします。

例えば、55坪の敷地があったとします。

大き過ぎて総額が3000万円では手が出ません。

 

これを二つに分割出来れば27.5坪で1500万円。

これなら手が届きそうですね。

 

このようなケースがあれば二つ割にできないかと交渉をしてみることです。

勿論、三つ割でも構いません。

 

素人の方がこの交渉をすることはかなり難しいので、やはり工務店や

不動産屋さんなどのプロにお願いすることをお奨めします。

 

この方法の場合、二つ割にできる土地であるかどうかと、

二つ割にした場合に気に入ったプランができるかどうか、が問題になります。

 

そうなると工務店に相談して仮でもいいのでプランを作ってもらいましょう。

それから交渉です。

 

建築条件付きの無い土地を探すのは大変根気と努力が必要ですが、

ここが頑張りどころです。

 

一生で一番大きな買い物なのですから!!!


「土地探しの良い方法」まだまだお話しします!

  ↓  ↓  ↓

グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
■■ 6月26日(日)「家づくり計画」セミナー ■■

大阪堺市で和モダンの家が完成!

大阪堺市での和モダンの家、、、完成しました。

 

南海堺東駅近くで建築家の設計による和モダンの家づくりが完成しました。

 

屋根は瓦葺き、カルバリュウムの横平一文字葺きを合わせ持つデザイン。

外壁の仕上げは左官壁とタイル貼り。

元々あった植栽を活かした外構と外観が見所です。

 

こちらの和モダンの家は、高断熱・高気密・換気システム・

全館床暖房などを装備した性能評価を取った木造住宅になります。

 

久しぶりの建築家さんとのコラボレーションの木の家づくりが

出来た家の完成です。

 

 

 

土地探し…建築条件外しの方法

最近の面談対応から、、、土地探し土地購入のご相談。

建築条件付き土地の条件外しの方法は、、、?

 

土地購入のご相談があった場合、

ご質問にもよりますが、例えばこの様なお答えをさせていただきます。

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

それから、土地の件につきましてアドバイスをさせて
いただいてよろしいでしょうか。

建築条件付きの土地を条件外しで購入される場合は、
ある程度の価格アップは仕方ありません。
通常、5%から15%位の価格アップになります。

幅が大きいのは、その土地の売り出しの時期が直近ですと高くなり、
長いこと売れずに残っていると安くなります。

また、販売元が銀行などから借入を起こして資金繰りに困っていれば
少ないアップで購入出来ます。

 

そこでどうするのが良いかのアドバイスですが、
私のこれまでの経験で申しますと、

条件を外して土地を購入できるのであれば、
条件を外してご購入され、気に入った工務店に建築を
依頼されることをお奨めいたします。

家づくりは、建てるだけはなく、家守りメンテナンスで
その工務店と一生お付き合いをすることになるからです。
多くの皆様がそのようになさってこられました。

条件を外すことができず、他に○○さまが気に入った土地が
見つからない場合は、このままその工務店に建てていただく
ことをお奨めいたします。

今回、その工務店が条件を外してもよいということであれば
やはり気に入った工務店にお願いされるのが良いかと思います。

私の経験から申しますと、どうしても気に入った土地が
条件付きの土地しかなかった方など、選択肢がなかった皆様は、
仕方なく条件付きで建てられました。

私のアドバイスは以上になりますが・・・

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

いかがでしょうか。

 

建築条件付きの土地をどうしても外したい時は、先ず信頼のおける

同業不動産屋さんを通して交渉をお願いすることが得策です。

 

やはり餅屋は餅屋でプロに任せて交渉をしてもらうことをお勧めします。

不動産屋さんに依頼をしても仲介料や手数料は一切余分に掛からないの

ですから・・・。


不動産屋さんがお知り合いにおられない方はお気軽のご相談くださいませ。

ご紹介させていただきます。

 

 

 

土地探しは、「3つのポイント」をおさえましょう!

グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
■■ 6月26日(日)「家づくり計画」セミナー ■■