工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

自然素材の家は誰がつくる?どうすればできる?

『自然素材で、五感に心地よい家をつくる方法!その②』と題して、

マイベストプロ大阪の川口のコラムページを更新しました。

 

今回は、自然素材の家の造り方について書いています。

 

⇒⇒⇒こちら「マイベストプロ大阪 コラム」

『自然素材で、五感に心地よい家をつくる方法!その②』

 

見てください。

 

 

★『住まい教室』イベント情報掲載中★

家の素材と造り方を見直そう。

『自然素材で、五感に心地よい家をつくる方法!その①』と題して、

マイベストプロ大阪の川口のコラムページを更新しました。

 

自然素材の家づくりに最も必要な事は、住み手自身が参加することですので、

有害化学物質、新建材の選択、安全な家づくりについて書いてます。

 

⇒⇒⇒こちら「マイベストプロ大阪 コラム」

『自然素材で、五感に心地よい家をつくる方法!その①』

 

見てください。

 

 

★『住まい教室』イベント情報掲載中★

1軒の家に使われる「立木」は200本以上!だから森を大切に守る!

床面積35坪の2階建ての家に使われる「木」は.....なんと約220本!

家づくりには、50年、100年と永い永い年月をかけて育った木材をこんなにも沢山使っています。

何故、そんなにも沢山の木が使われているのかを...

マイベストプロ大阪のコラムで詳しく説明しています。

 

地球温暖化の原因の二酸化炭素を吸収分解し、環境を守る森。

森林資源を守りながら、どのように利用したらいいかということなどを書いています。

ご覧ください。

 

劇的ビフォーアフター見学会

 

★劇的ビフォーアフター見学会

 

羽曳野市でリフォーム工事中のHさま邸が間もなく完成いたします。

お客さまのご好意で見学会を開催させていただく事になり、

感謝です。

 

これまで工務店ソーラーコムの家づくりを沢山見ていただいた

Hさまの拘りが詰まったビフォーアフター・リフォームです。

 

コンセプトは、、、一番大事なのは「間取り」と「動線」!

見学のポイントは3つ !

 ★奥様の心が和む日常の動線 !

 ★狭い間取りから広々魔法の空間 !

 ★暮らしが充実する裏の動線、、、。

 

開催日は今週末 6/21 土曜日の一日限り!

見に来てくださいね (^-^)

詳しくは、こちらから→→

 

家づくりストーリー「老後のこれからの人生を安心して暮らしたい・・・冬暖かく、夏涼しい家」

「マイベストプロ大阪」のコラムページを更新しております。

 

3つのポイントの解説も加えています。

1.残された人生を安心して暮らしたい!
2.通路の狭い奥まった敷地での建て替えが本当に可能か?
3.古い家を大切に思う心と相続の事。

→家づくりストーリー「老後のこれからの人生を安心して暮らしたい」

 

見て下さい。

 

 

漆喰仕上げの白い壁の家。

シンプルモダンの真っ白い外壁、
アンティークな雰囲気を醸し出す内装しつらえ、
京町家風の漆喰壁の木の家です。

そんなこだわりの家が、大阪市内の淀川区に先月完成いたしました。

外観は高知県の漆喰を塗った左官壁。
白いほんとうに真っ白の外観に仕上がりました。

この漆喰は、最初から白く仕上がる塩焼消石灰の漆喰。
高純度にする事と純白の純麻スサを使用する事で、
塗りたてから白い仕上がりの表情を見せてくれます。

漆喰の原料は消石灰。
資源の少ない日本において消石灰は輸入に頼らない貴重な資源のひとつです。
中でも高知県は消石灰の生産が日本で第2位。
台風銀座でもある高知県は、古くから雨に強く耐久性のある漆喰外壁が発達してきました。お城の壁がそうです。

そんなこだわりの漆喰を採用した、
シンプルモダンとアンティークな内装の漆喰壁の木の家の
10年、20年後の状態が今から楽しみです。

 

近畿も梅雨入り。

近畿も梅雨入り。

梅雨入りの大阪城公園、

紫陽花園のアジサイも色づき始め、

瑞々しい小さな花を咲かせていました。

 

小雨のなかジョギングで汗を流してきました。

2,3日前の真夏みたいな猛暑のなかのジョギングにならなくて良かった(^_^;)

猛暑日のなか、気持も暑い工務店のお引渡し式。

6月始めというのに夏のような猛暑日。

そんな中、大阪市内で木の家のお引渡しを行いました。

 

大阪の数ある工務店の中から、ソーラーコムをお選びいただいたF様

気持を込めた木の家づくりが完成!

お引渡しの日を迎えることができました。

 

同業の工務店への公開見学会や

構造見学会・完成見学会も開催させていただき感謝です。

 

子供の健康を守る木の家で、すくすくと育つお子さま。

木の家で家族が健康に暮らされることを願っております。

 

これからメンテナンス点検や住まい手訪問など、

永いお付き合いが始まります。

よろしくお願いいたします。

 

郊外の地鎮祭は快晴のなかで、、、。

山裾の住宅地に、工務店ソーラーコムの家づくりが始まりました。

 

土地探しでは一緒に沢山の物件を見て回り、

近くには自然があるこの地に決められました。

(コラム 土地探しについて、あれこれ 『間取りと予算の確定はお済ですか?』 

 

ご主人様の拘りと奥様の拘りを融合させたデザインが決定!

1階のLDKは光と風を室内に取り入れる明るいプランになりました。

2階には大きなルーフバルコニーを持つ陽の木の家。

ちょっとログハウスの趣も取り入れたオシャレな木の家になりそうです。

 

地鎮祭を無事に執り行い、陽の木の家の工事が始まります。

完成が楽しみです。