工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。

◆柱と柱をつなぐ桁(けた)・ベルトのような胴差し(どうざし)

外壁面のいちばん上部にあって棟木と平行な部材が桁と呼びます。

役割としては柱の上部をつなぐ部材で、さらに屋根をつくる垂木を受けてその屋根荷重を下の柱に伝えます。

また、風圧力を直接受けるので、屋根が持ち上がらないように、桁と垂木の接合部はしっかりしたものでなければなりません。

 

胴差しは2階の床をつくるための部材ですが、外壁まわりにあって、通し柱と通し柱をつないでいます。

管柱はこの上下に取り付いています。

また耐力壁である外壁をつくる大切な部材でもあります。

 

 

◇関連ブログ◇

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 管柱偏

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 大引き偏

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。

◆1階の床を支える大引き

大引きは1階の床を支える横架材で、その端部は土台で止められています。

床は、この大引きの上に根太を一定間隔で打ち付けたり、そしてその上に床板を張って仕上げます。

 

大引きは普通は半間(約90cmまたは1m)間隔で入れますが、床に厚板を使う場合は、根太を省略して、床板を直接大引きの上に張ることもできます。

 

床の荷重は大引きが受け、それをさらに半間間隔に立てた床束が受けて基礎や地盤に荷重伝えていきます。

 

 

◇関連ブログ◇

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 管柱偏

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 桁・胴差し偏

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。

◆耐力壁をつくる管柱

1階だけ、2階だけにある柱は管柱(くだばしら)と呼びます。

1階では梁や胴差しにかかる力を受けて支える部材で、2階では小屋梁や桁にかかる力を受けてさらに下の階に伝える役割を果たしています。

また、耐力壁をつくるための重要な部材です。材種はヒノキ、スギ、ヒバ、ベイスギ、ベイヒバを使いますが、ケヤキやクリを使った民家もあります。

 

真壁工法(柱や梁が壁の中に隠れてなく見えている工法)の場合、柱に割れを生じないように背割りをした材が使われたりしますが、柱の脚部に重要な接合部がある場合は背割り材ではないほうがよい。

 

 

◇関連ブログ◇

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 大引き偏

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 桁・胴差し偏

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。

◆壁をつくる下地材 間柱

柱と柱の間にあって、横架材(土台や梁、胴差し、桁など横に架ける材)の間に立てる柱を間柱といいます。

柱といっても正角(正方形)ではなく、通常45×120mmや30×105mm、30×90mmの平角の部材です。

間柱は壁をつくるための下地材であり、壁の厚さによって部材寸法が変わりますから、一つの建物に数種類の寸法の間柱が必要になります。

壁の中に隠れてしまう部材ですが、仕上がり面の壁を変形させないよう、また壁内に水分をだすことのないように、よく乾燥させた木材を使用することが大切です。

 

 

 

◇関連ブログ◇

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 土台偏

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 通し柱偏

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。

◆四隅に必要な通し柱

2階建て以上の建物で、1・2階を貫いている柱を通し柱といいます。

建物の四隅には必ず必要な柱です。

 

柱と梁や胴差しとの接合部(仕口といいます)にはかき取る(削り取る)溝ができるため、断面積が小さくなります。

ですから、断面寸法が4寸以上の材でなければなりません。

材種としては、ヒノキをはじめ、スギ、ヒバ、ベイマツも使うことができます。

 

 

◇関連ブログ◇

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 土台偏

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 間柱偏

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。

◆地面に最も近い土台

木造住宅の最下部で、基礎と建物の骨組み(軸組み)をつなぐ重要な役割を果たしているのが土台です。

 

建物の木材部分で地面に一番近いため、腐朽菌や白蟻に侵されないように、それらに強いヒノキやヒバ、クリが使われます。

ただし必ず心持ち材(赤身)でなければなりません。その他の材を使う場合は、防腐防蟻剤を加圧注入した材でなければなりません。

 

また薬剤は、時が経つと効果が弱まったり健康にもよくありません。

適した材を使ったとしても、床下の土台周辺を風通しがよく水分の少ない環境にしなければ、その性能は発揮できません。

 

そのためには、土台下に通風のための換気スリットをとるなどの工法が必要です。

また、床下の点検ができるように、人が入れる床下の高さを確保することが重要です。

 

 

◇関連ブログ◇

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 通し柱偏

~木の家の仕組みを知ろう~ 一戸建ての注文住宅のケースです。 間柱偏

敷地条件と家の配置・・・大阪の工務店ソーラーコムがおくるweb家づくり初心者教室。

敷地のいろいろな条件に対して、家の配置をどのようにしたらよいかの講座です。

敷地に建物を配置したとき必ず余白が生じます。

余白の部分には、アプローチや駐車スペース、庭や物干しスペースなどをつくるため、

必要な広さ、大きさ、形状を想像しながら、同時に家の大きさ、形状も考えることが重要です

また、道路が接する方角によっても家と庭の配置が違ってきます。

冬は特に太陽の光を家の中に取り入れないために、太陽の動きと隣家の影の影響も把握します。

大阪の工務店ソーラーコムではアメダスデータなどの気象データを基に日本の四季や太陽の動きを取り込んだ家の配置を考えています。

 

 

道路と建物の配置を考えるとき、
私たち工務店ソーラーコムでは、
①まず、道路からのアプローチを考えます。

●人のアプローチ―――道路から玄関まで
●車のアプローチ―――道路から
●自転車のアプローチ

人のアプローチでは、道路から玄関までの距離をできるだけ長く取ることで、
奥行き感がでて愉しむアプローチがつくれます。
もちろん、階段も無くしたり、段数も少なくなります。
②次に、建物はできるだけ敷地の北側に寄せます。

●隣家の日影にならず、冬の太陽光を室内に取り込みます
●冬の朝日や夕日を取りいれ、夏の西日は遮るために、
建物を南西方向に30度振った配置を提案します。
窓の開口部は南面を開放的に配置し、東面もできるだけ開放的にすることで
気持ちのいい朝を迎えることができます。
間取りをする前に、様々決め事が沢山ありますが、工務店の設計士と一緒に考えることができれば嬉しいですね。

 

敷地をチェック・・・大阪の工務店 ソーラーコムが開催するweb家づくり初心者教室。

敷地を取り巻くいろいろな条件を整理することは住まいの設計に大きな影響を及ぼします。

土地のもつ特性を生かした間取りプランをつくりたいものですね。

まずは敷地図を見て、方位、道路の幅、境界辺の長さや面積、土地の変形の角度や

接道の長さなどを把握しておく、これらは当たり前のこと。

工務店ソーラーコムの設計士は必ず敷地の中央に立ち、360度見渡し、近隣の地形や建物

など環境をしっかり把握あうることから始めます。

 

 

敷地のチェック項目としては、

1.正確な方位の確認

敷地ラインと一致していることはあまりない。日照計画に影響するので、敷地が何度くらい触れているかを確認する。

2.敷地と道路の高さ

敷地との高低差は人や車のアプローチに影響し、スロープや階段の長さが決まります。また、隣地との高低差は隣家に与えたり(受けたり)日影の検討が重要です。

3.道路と接する長さをチェック

旗竿地(はたざおち)や狭小地などは、人と車両方のアプローチの検討が重要です。でも意外と面白いプランも出来たりします。

4.境界から隣家までの距離は?

プライバシー、日照、通風、眺望に与える影響が大です。特に隣家が迫っている場合は要チェックが必要です。

5.隣地建物の窓の位置をチェック

お互いのプライバシーに影響します。お隣の家の窓が何の部屋にあたるかのかも確認します。リビング前にトイレがきたり、寝室同士が鉢合わせしないようにしなければなりません。

6.眺望の良い方向を探す

公園や隣地の庭など眺望の良い方向があれば、間取りのゾーニングや窓の位置を工夫し借景として生かしましょう。

7.周辺建物の外観・町並みを考える

新しい建物は既存の景観を壊さないデザインで、できれば町並みに寄与したい。周囲の様子を少し先までチェックすることも必要です。

8.街路樹の位置は・樹種は・高さは?

車の出入りの位置の検討に影響します。借景として取り入れることも考慮しましょう。

 

●外構・植栽について

建物配置や形状に大きく影響します。枝張りなどもしっかり確認の上、残す木と撤去する樹木を決めます。樹木を残す場合、建設時の作業に影響することもあるので、仮設工事検討まで行います。

 

 

他にも、歩道や、道路の交通量・塀の高さ・ライフラインの引込み状況・側溝・電柱・電線など様々なチェックポイントがあります。できれば工務店ソーラーコムの設計士と一緒に検討をして下さいね。

一戸建ての注文住宅で、光を取り入れ明るく心地よい住まいをつくる。

 

工務店ソーラーコムでは光や風を計算し尽くして、

明るく涼しい家づくりの計画をさせていただいてます。

 

 

太陽の光を取り入れた明るい住まいをつくる時、

季節を通して敷地に落ちる影を知るため影の動きを観察するのもいいでしょう。

 

 

日本には四季があり室内への光の入り方が大きく変わります。

冬至の時期に影の動きを観察し夏至との違いを確認してください。

 

 

同じ敷地でも建物の配置によって室内への日照が変わります。

朝日や西日を取り入れたい部屋を考え間取りの手がかりにしてみるのもいいでしょう。

 

 

直射日光が入らなくても間接的に取り入れて

室内を明るくする創意工夫も可能で楽しいものです。

 

 

また、北側の部屋でも窓を高い位置に設け建具を工夫すれば奥の部屋まで光を通します。

北側の窓は一日中明るさに変化が少ないという利点を利用した窓配置もできメリットもあります。

太陽の光を室内の奥深くまで取り入れて明るく快適な家づくりをしたいものですね。

 

 

 

木の家のメンテナンス・・・汚れた水回りのシーリングをきれいにする。

 

住まいのメンテナンスやリフォームを簡単にできる方法を解説します。

水まわりをきれいにしたい方は沢山おられることでしょう。

 

洗面台、キッチンカウンター、浴槽まわりなどの隅々のシーリングのカビや黒ずみは掃除をしてもなかなかきれいになりません。
汚れたシーリングは取り除き新しいシーリングに打ち変えましょう。

 

① カッターで古いシーリングを切り取り、

② 切り取った残りカスを清掃します。
残りカスやホコリがあるとシーリング材の接着が悪くなります。

③ ドライヤーなどで湿気が無くなるまで乾燥させる。

④ 打ち変える部分の両側にマスキングテープ(紙のテープです)を貼る。出来るだけ細く貼る方が仕上りはきれいですが、細すぎると長持ちしません。3ミリから4ミリで平行に貼れれば良いでしょう。

⑤ シーリング材を充填したら、食事用のナイフの先端の曲線の部分でならしてください。ヘラのような感じで余ったシーリング材を削り取るようにならします。

⑥ 暫くたってからマスキングテープを剥がしてください。シーリング材が固まってからではテープがめくれませんので、30分から1時間くらいが目安です。

 

後は、固まるまで触らなければできあがりです。

 

シーリング材は、コーキングと言われるもので、幾つか種類があります。
広く使用されているのは、水性のアクリル系とシリコーン系です。
アクリル系は水性ですので使い易く、指先でならしたり、はみ出した部分は雑巾で拭き取ればいいので後始末も楽々です。

 

シリコーン系は、耐水性が優れ耐久性も高いという利点があります。
ただ乾燥するまで匂いがきついので窓を開け換気をすることを忘れないでください。

使用場所、用途によって種類を選びましょう。