陽の木の家 完成見学会

22坪の小さな家
  • 完成見学会
  • 予約制

大阪、枚方市に木の家の注文住宅「陽の木の家」が完成します。

22坪の小さな家。

伊礼さんのi-works2.0でも非常に注目される小さな家の「陽の木の家」バージョン。

建物も小さく、オプションコストも抑えながら、

地震に強く、湿気に強く、空気が新鮮な木の家です。

太陽熱暖房のOMソーラーが搭載されていますが、冬ではないので体感はできません。

代わりに、吹抜けを使った賢い冷房計画を見ることができます。

見学会は8月28日(土)、29日(日)、9月4日(土)、5日(日)の4日間です。

日 程 | 2021年8月28日(土)、29日(日)、9月4日(土)、5日(日)
時 間 | 11:00-16:00
場 所 | 枚方市(詳細はご予約後)
交 通 | 駐車場あり(電車は京阪「枚方市」駅より)

35坪の敷地に、建坪13坪の計画で「小さく建てる」が実践されています。

■1階13坪の中に必要なものが詰まっている

9帖とコンパクトに納められたリビング・ダイニング・キッチン・階段室があります。

狭さを感じないのは、約5帖の和室と繋がっているため。

コストを抑え、コンパクトに良い家を建てるため「お風呂もワンサイズ小さくていい」「収納も大容量はいらない」「間仕切りも最低限でいい」と、このように出来る我慢をしていくと、予算内に叶えたい家を建てやすくなってきます。

小さな家と言いながら、必要なものがあり、玄関と繋がる4畳半の納戸を設けることで収納への不安も解消されています。

 

■2階と吹き抜けが生み出す空気の心地よさ

吹抜け階段室を通って、夏の冷風、冬の温風が柔らかく動きます。

OMソーラーと補助的に設けた床下エアコンで冬の暖房は安心です。

吹抜けがあっても、家じゅうを暖気が動くため、昔の家のように寒くなることはありません。

2階の間仕切りも最小限に抑えられていることもいい要因です。

 

■収納を一か所にまとめた小さな家が生む効果

収納を各所に配置するのではなく、納戸一か所にまとめることができたため、プランがスッキリしています。

家事の時短効果もあり、家族が必要なものは自分で取りに行く、片づけることができると、家事は楽になるのです。

また22坪とコンパクトな家は、移動と掃除がとにかく楽になります。

狭さというストレスは感じることはほとんどないと思います。

光熱費は安く、手入れも楽、移動も楽、土地代も建物代も安いから、質を上げることができる。

そうしてi-worksは出来ていくのですが、今回は、その質を上げることも最小限に抑えられ、「安くいい家に住む」お手本のような家になりそうです。