岩出の家 i-works1.0

43

岩出の家 i-works1.0

設計・監修:建築家 伊礼智   施工:株式会社ソーラーコム

見どころ

 

この岩出市の見学会でも、伊礼さんの書籍をご覧になられた方がたくさんおられました。

やはりデザインと性能のバランスを求められるお客様が最近特に増えてきた気がします。

ソーラーコムがつくるi-worksの「何がいいのか」を簡単にまとめましたので、完成写真とともにご覧ください。

 

代名詞の天井高2,100mmには理由があった

 

キーワードは「重心」

 

照明は天井に付けず、壁付けブラケット・ペンダント・フロアランプを使い、重心を下へ落とします。
壁・天井には重たい見た目の木を見せず、床だけに木を見せる、「大壁(おおかべ)」という仕上げにします。
建具は床から天井まで、窓には余計な小壁や垂れ壁をつくらず、大開口の高さも1,800mmまでどっしり落とします。
家具の高さも低めにして重心を上げない。
余白の空間使いを絶妙に。余白を収納で埋め尽くさないこと。
吹抜けと天井の面積をバランス良くつくる。

 

画像の説明文
画像の説明文
画像の説明文

 

これらの設計作法により初めて低い天井が心地よくなるのです。

これまでのソーラーコムのi-works、5棟をご見学いただいた方はおわかりかと思います。

 

 

とは言え、住まい手仕様のアレンジがあってこその家

 

プラン通りでは1Fの収納は確かに少なめ…

収納が多めに必要な方、+αの居場所が必要な方にとっては。空間を壊さない程度のアレンジが必要になってきます。

置き家具なのか大工作り付けなのか、何か子どもとの特別な居場所が必要なのか、畳の間が必要なのか、など、

ソーラーコムのi-worksは、i-worksと呼べるラインはしっかりと守り、住まい手様の願いを叶えます。

 

画像の説明文
画像の説明文
画像の説明文

 

やっぱり冬暖かい、夏涼しい・・・

 

岩出モデルが完成する12月中旬、朝の外気温は4℃前後、室内は365日24時間緩やかにつけっぱなしの状態。

この「緩やかに」がポイント。

おかげで体感は20℃前後をずっとキープ。(もちろんそれ以上に上げることも可能です)

壁付けエアコン特有の嫌な風を感じることもなく、どこから風が来ているのかわからない程の優しい気流。

家全体を均一に暖めるので、家の中の温度差がありません。

だから20℃前後でも快適に暮らせます。

冬場は足元からじんわり暖気が吹き出し、夏場は天井や壁から冷気が優しく吹いてくれます。

 

画像の説明文
画像の説明文

 

 

建物で体感して納得

心地よく暮らせる設計作法も、アレンジを加えるi-worksも、そのクオリティを体感していただければ納得できます。

4間角(7,272×7,272mm)の大きさが入らない敷地であれば、

設計作法はそのままにソーラーコム設計施工の注文住宅「陽の木の家」での計画が可能です。

 

 

 

建物概要

設計・施工 設計・監修:伊礼智
施工    :株式会社ソーラーコム
建物概要 構造:木造2階建て
工法:在来軸組工法
敷地面積 170.22㎡(51.49T)
建築面積 59.88㎡(18.11T)
1階工事床面積 54.93㎡(16.62T)
2階工事床面積 52.97㎡(13.00T)
延床面積 97.90㎡(29.62T)
外装 外壁材:そとん壁スチロゴテ仕上げ
ウッドデッキ・木柄(イペ材)
内装  主要構造材:梼原杉・ヒノキ
 床材:東濃杉 無節
 内装:エッグパルプ
 サッシ:全開放引き込み窓(LW)・アルミ樹脂複合

大工家具
 ダイニングテーブル
 キッチン
 各収納

浴室:フルユニットバス
完成 2019年12月20日
システム 全館冷暖房「パッシブエアコン」(OMソーラー)