工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

地震に強い家を建てるには! 「耐震性能」は、まず地盤!

日本の家づくりで、「丈夫で長持ち・長寿命」の家づくりをする条件は3つ。

地震・白アリ・湿気・・・この3つに強い家を建てれば長持ち・長寿命の家になります。

今回は、「耐震性能」についてお話しします。

 

耐震性能を確保するには、住宅の何処が・何が一番重要かと言いますと、

何と言っても、「地盤」です。

 

建物の構造をどんなに強くしても、地盤が悪ければなんにもなりません。

地盤が悪いと、地震の時にすぐに家が傾いてしまったり、不動沈下を引き起こします。

(※ 不動沈下とは地盤の強さが均一でない場合、家が傾きながら沈下する状況を言います。)

 

日本の住宅地の場合、殆どが軟弱地盤と言われていて、1級地盤は全体の1~2割

程度と言われています。

地盤調査を行い、地盤が悪い場合は地盤改良をする事になります。

 

少し前までは、地盤調査をせずに住宅を建てていた建売住宅なども有りましたが、

2000年の建築基準法の改正により、住宅瑕疵担保責任という制度が施行され、

実質的には地盤調査は義務化されています。

 

ですから、必ず地盤調査を行い、悪い場合は地盤改良補強をしてください。

この地盤改良の費用としては、平均で100万円程度を家づくり予算に

見込んでおく必要があります。

 

そう考えると、実はこの100万円の予算は土地代ということになります。

地盤が良い場合はゼロ円で済む分けですから・・・。

 

では、土地を購入する前にその土地の地盤が良いのか悪いのか、

分かるといいですよね。

 

不動産屋さんは購入前に地盤調査などはさせてくれません。

なぜなら、悪い場合はお客様が購入を躊躇されたりするからです。

勿論、まだ購入していない土地の地盤調査をする事にも無理が有ります。

 

しかし、調べる方法もあります!

購入予定の土地に建物が建っていても、いなくても調べる方法があります。

目的の土地物件の東西南北、少し離れた2方向の地盤情報を見ることで、

ある程度の予測ができる訳です。

 

私たち工務店は、地域の住宅地の地盤調査情報を全て確認することができます。

気になる土地物件がありましたら、いつでもご相談ください。

 

そして、地盤の次は「基礎」になります。

そう、やっぱり足元・根っこが大切な訳ですね。

 

では、どのような基礎が丈夫で長持ち・長寿命の木の家のための基礎なのか?

ズバリ ―――  ベタ基礎です。

布基礎は絶対にダメです。

 

ところが大手ハウスメーカーなど住宅会社は、まだまだ布基礎の方が多い状態です。

なぜなら、安くて工期も早いからに他ならないからです。

 

基礎とは、基礎の底で住宅の重さ荷重を地盤に伝える役目を持っています。

伝える面積の少ない布基礎は丈夫で長持ちしないのです。

( 基礎の間に打つ防湿土間コンクリートはベタ基礎ではないので間違えないでくださいね。)

 

ベタ基礎は、一体となった基礎底全体で住宅の荷重を地盤に伝えてくれるので

丈夫で長持ち・長寿命の木の家になる訳です。

 

私たち木の家ソーラーコムが、グランフロント大阪で開催する

「家づくり計画セミナー」。

 

この勉強会では、このようなことなど長持ち長寿命の家づくりに

ついてお話ししています。

 

生涯で一番大きな買い物、最大の「家・住宅」ですから、自分自身で

しっかり勉強して、絶対に失敗しない「家づくり・住宅購入」をしてくださいね。

 

ご都合の合うときにお気軽にご参加ください。


家づくり計画セミナー セミナーの様子

長寿命の家のつくり方、お話しします!

↓  ↓  ↓

【8月28日(日)】グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
家づくり計画セミナーお申込ボタン

 

地震に強い家を造るにはどうすればいいの・・・。構造計算書。

日本で「丈夫で長持ち長寿命」の家づくりをする条件は3つあります。

地震・白アリ・湿気 この3つです。

先日に引き続き、一つ目の『地震に強い家づくり』についてお話ししています。

 

ではどうすれば良いかということで、

前回(=地震に強い長持ちする家づくりとは?)は耐震等級についてお話ししました。

今日は構造計算書について説明いたします。

 

構造計算イラスト

 

構造計算書とは、ずばり言うと「家の血統書」です。

住宅にかかる荷重は、風力・積載荷重・地震力・建物そのものの自重、

などがあります。

 

このような加重がどこにどのようにかかり、どのくらい耐えられるかを

計るもの、シュミレーションをして住宅の安全性を担保するものです。

 

前回お話しした耐震等級の1の場合は、

住宅を建築する前に役所に提出し建築許可をもらうための確認申請書には

添付して提出する義務はありません。

が、しかし、義務はなくともこの「構造計算書」は必ず作ることをお薦めします

 

何故なら、家の血統書といえる書類ですから、

将来50年100年経った時に家の値打ちが全く変わってきます。

お子さん、お孫さんの代まで永く住み続けた時に必要になってくるのです。

 

耐震等級1の場合は必要ないと言いましたが、

前回お伝えしたように、耐震等級は2以上、3に近づけることが必要です。

ですから、構造計算書は必ず作らなければなりません。

 

住宅会社、工務店に家づくりを注文する場合は、

「構造計算書は必ず作ってください」と言わなければなりません。

頑張ってくださいね。

 

私たち木の家ソーラーコムが、グランフロント大阪で開催する

「家づくり計画セミナー」。

 

この勉強会では、このようなことなど長持ち長寿命の家づくりに

ついてお話ししています。

 

生涯で一番大きな買い物、最大の「家・住宅」ですから、自分自身で

しっかり勉強して、絶対に失敗しない「家づくり・住宅購入」をしてくださいね。

 

ご都合の合うときにお気軽にご参加ください。

家づくり計画セミナー セミナーの様子

長寿命の家のつくり方、お話しします!

↓  ↓  ↓

【8月28日(日)】グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
家づくり計画セミナーお申込ボタン

 

奈良市にて土地探しから始まった陽の木の家オリジナル外壁の家が進行中です

奈良市のM様邸は土地探しから一緒に家づくりが始まりました。

ご実家とお勤め先の双方に便利な場所をポイントに探しましたが、

なかなか良い土地に巡り合うことができずに時間が過ぎていきました。

 

そんなときに巡り合ったのが現在進行中の奈良市の土地でした。

道路と敷地の高低差は3.5mとかなりの高さでした。

この土地の前に着いた時には、、、だめだ! と思ったものでした。

 

しかし、階段を上り敷地に立つと考えが一変!

敷地の奥行きがかなり長いうえに敷地の面積も十分でした。

ちょっとまてよ! 考えようでは最高の条件では?

 

こちらが、土地を見に行った時の道路正面、擁壁も高い。

奈良市の注文住宅の土地探しから ソーラーコム社長ブログ

 

駐車スペースと兼用の勾配アプローチを設ければ高い階段を通らずに

玄関・木の家の中に入れると考えが浮かびました。

駐車スペースは大型車が3台、自転車は無限に駐輪、余裕の広さですね。

 

M様もその考えに納得されこの土地を購入されることを決断なさいました。

さあ、それからは宅造法や開発申請などの法的問題がないかなど役所調査をし、

仮のプランを作成と大急ぎでした。

 

こちらが工事途中の勾配アプローチと駐車スペースになるところです。

奈良市 注文住宅の工事途中 ソーラーコムの社長ブログ

開発申請、宅造法、確認申請を完了し、建物解体が終わってから

既存擁壁の解体、新設擁壁の施工と工事も順調に進めました。

かなり大きな、高い、擁壁でしたので工事は慎重に進め、近隣の皆様にも

安心いただきました。

 

土地から住宅購入を考える場合、

建築条件のない物件探しで皆さんご苦労なさいます。

 

不動産屋さんが薦める物件だけではなく、

多くの不動産屋さんが薦めない物件の中にこそ実は掘り出し物があるのではないか。

今回の土地探し、土地情報の選択では、このことをつくづく思いださせてくれました。

 

土地探しをお考えの皆様は不動産屋さんばかりではなく、建築士・設計士の

意見も是非参考にしてくださいね。

 

現在、この奈良市のM様邸は基礎工事も完了し、棟上げ・上棟し、

大工さんの工事の進捗中です。

 

完成いたしましたらお引き渡し前に完成お披露目・見学会を開催いたします。

お楽しみに!

 

 

★現在開催中のイベントはこちら!

家づくり計画セミナー開催中の様子

【7/23(土)残2席】グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
家づくり計画セミナーお申込ボタン

 

地震に強い長持ちする家づくりとは・・・ 耐震等級。

日本で「丈夫で長持ちする」家の条件はは3つ。

地震、白アリ、湿気、これまでもお伝えした通りです。

そのうちの一つ目は、地震に強いこと。

 

ではどうすれば良いのか?

耐震等級、構造計算書、地盤調査、地盤改良、、、様々ありますが、

今回は耐震等級についてお話しします。

耐震等級とは国が定める建築基準法でどの位の地震に対して

建物が倒壊しないかという基準になります。

 

耐震等級 1 は建築基準法で定める最低基準で、

100年に一度の地震が来ても倒壊しない強度ということです。

これをクリヤーしないと確認申請が許可に成らず、住宅の建築はできません。

 

耐震等級 1 は、あくまでも最低基準です。

耐震等級 1 の1.25倍が耐震等級 2 になります。

さらにこの耐震等級 2 の1.25 倍が耐震等級 3 になります。

耐震等級は2以上3に近づける

となると、、、やっぱり耐震等級 3 でないとだめだ !

、、、とはなりません。

耐震等級 3 の場合は、壁の多さや屋根・屋根など、日常の生活にも

制限が掛かるような我慢を強いられることになってしまいます。

 

例えば、南側の窓は大きく取れずに小さくするしか仕方がありません。

これでは明るく開放感のある室内にはなりません。

そこまで我慢して耐震等級 3 を確保する必要はないと私は考えています。

耐震等級 2 以上かつ 3 に近付ける方法が最良と考えます。

 

では、どうすればいいのか、、、。

プラス α  の構造・耐震対策を行います。

私がお薦めするのは、伝統工法と制震ダンパーなどの柔構造的な

考え方の耐震補強です。

特に伝統工法の長ほぞ込み栓工法などは、

理に適った方法で昔から京都や奈良の寺社建築で用いられて来た、

地震に強い構造補強方法です。

ただ残念ながら、現在の国が定める建築基準法では、

そのままでは構造補強方法と認められておりません。

個別の大変手間の掛かる方法を用いなければならないので

広く使われることが少なくなっています。

残念ですが、、、。

 

しかし、、、このことがプラス α の耐震になることは間違いありません。

制震ダンパーも揺れの力を摩擦や油圧の熱エネルギーで吸収して

地震の揺れを緩和させ有効です。

 

このような対策で、地震強い丈夫で長持ちする

耐震等級 2 以上、3 に近付き、3 以上とも言える耐震強度が確保できる訳です。

 

耐震等級は、2 以上、3 に近づける!

これを実践してください。お願いします。

 

私たちがグランフロント大阪で開催する

「家づくり計画セミナー」では、このようなこともお話ししています。

生涯で一番大きな買い物「家・住宅」ですから自分自身でしっかり勉強して、

絶対に失敗しない「家づくり・住宅購入」をしなければなりません。

お気軽にご参加ください。

 

家づくり計画セミナー開催中の様子

地震に強く、心地よい家って・・・?

↓  ↓  ↓

【7/23(土)残2席】グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
家づくり計画セミナーお申込ボタン

 

地震に強い・丈夫で長持ちする木の家が欲しい。どうすればいいの?

 

永く住み継ぐいい家とは・・・

1. 心地良さ
2. 丈夫で長持ち
3. 使い勝手                そして、プラスα のこと!

 

これまで、「心地良さ」を得るためにどうすればいいのかを話してきました。

これからは「丈夫で長持ち」というテーマでお話しします。

 

日本で、「丈夫で長持ち」する条件は3つあるとこれまでも伝えてきました。

1. 地震
2. 白アリ
3. 湿気
この3つです。

そうすれば50年.100年.それ以上、長持ちする家づくりは簡単です。

 

そこで先ずは「地震」について改めて考えて参ります。

熊本の地震で前震、本震、余震と、度重なる地震に対して、

どのような対策が必要なのかと注目されています。

 

本質を考えると、何故地震に強い家が必要なのか? ということです。

戦後に建てられた現在の日本の家屋では地震に耐えることができない。

いつどのくらいの地震が何処で起こるかわかりません。

 

倒壊した家屋の下敷きになり亡くなられた方々は「逃げられなかった」

のではなく大丈夫だと思い込んで「逃げなかった」方々が多くおられました。

命を守るためには「逃げる」しかないのです。

( 逃げるための準備・時間については後ほどお話ししますが、、、)

 

地震に強い木の家の骨組み 撮影:ソーラーコム

何故、地震に強い家なのでしょうか。

「財産保全」であるべきです。

せめてこの位の地震には耐えて欲しいという要望。

お子さまやお孫さん、その先の代まで残せるような資産価値の高い

家づくりをしたい願望。

 

では、私たちはどうすれば良いのでしょうか?

キーワードは、

耐震等級、構造計算書、地盤調査、地盤改良、、、

さらに、ベタ基礎、布基礎、制震ダンパー、さらに伝統工法とは?

 

このようなこともこれからは話して参ります。お楽しみに。

 

家づくり計画セミナー開催中の様子

「地震に強い」だけじゃない、本当に必要なのはどんな家?

↓  ↓  ↓

【7/23(土)残2席】グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
家づくり計画セミナーお申込ボタン

 

夏を旨とする木の家づくりは通風・風通しを考え自然をデザインする。

平面プランでの通風・風の通り道はもちろん大事ですが、

断面の計画、上下の通風を考えるとさらに心地よい木の家になります。

 

入り口の窓は低い位置に設けて風を入れ!

出口の窓は高い位置に設けて風を抜く!

注文住宅を建てるなら、窓の通り道は「入口は低く、出口は高く」が基本

このように、通風と風通しのキーポイントは

「入口は低く、出口は高く」です。

 

よく和室に地窓があります。

その地窓の外側が坪庭であればさらに取り入れる風は心地よく、

この風が室内の床から天井へ・・・

そして欄間高窓や天窓・ハイサイドライトへと風が抜ける。

 

夏をエアコン無しで過ごす、

ここちよい自然をデザインした木の家になるのではないでしょうか。

 

住まい全体で考えると、

一階の北側の坪庭のある和室の地窓から風を取り入れ、

吹き抜けを通り一階から二階へと風の通り道があり、

そして二階の天窓や越し窓・高窓へと風の通り道をつくる。

理想的にはこんな家を造りたいですね。

夏涼しく、開放感のある自然を取り入れた住まいです。

 

早くも猛暑日が始まった今年の夏ですが、

風の道を考えて設計した木の家づくりを考えましょう。

 

せっかくの風も「風の道」を考えずに設計された家では生かしことができません。
家づくり計画セミナー開催中の様子

 

「都会でもできる!風通りのいい家」のつくり方お話しします。

↓  ↓  ↓

グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
  ■■  「家づくり計画」セミナー ■■

アレルギーの無い家にしたい。

家の中に潜む、アレルギーの原因の ダニ・カビ対策。

今年の梅雨は雨が多いように感じます。

特に九州では大雨で災害が頻発しています。

 

湿気の多い梅雨の時期はアレルギーハウスにならないように、

アレルギーの原因であるダニ・カビの対策を考えないといけません。

 

特にハウスダストによるアレルギーは、ダニ・カビが原因になっていることがあります。

ダニは粉末状になって空気中に散った糞や死骸が、粘膜や皮膚から体内に

入り込んでしまうためにアレルギーが起こります。

さらに夏の時期のカビはアレルギー性の肺炎を引き起こすがあり注意が必要です。

窓の結露の写真

 

アレルギーの元となるダニ・カビ退治は掃除となりますが、

家づくり的に考えると「除湿」が大事です。

 

ダニ対策は、、、

■ 繁殖しにくい環境をつくる
    ・押入れやクローゼット内の湿度をさげ、風通しをよくする。
    ・ダニのエサとなる埃や人のフケなどをこまめに掃除・洗濯する。
    ・絨毯を無垢材の床板フローリングにする。

■ 死滅させる、取り除く。
    ・ダニは50度の温度環境で死滅するので、布団乾燥機を使用する。
    ・年に一度の布団丸洗いを実施する。
    ・こまめに掃除機で取り除く。布団・ソファーは念入りに!

 

カビ対策としては、、、

■ 繁殖しにくい環境をつくる。
    ・結露などの水滴はこまめに拭き取る。
    ・換気扇や、窓を開けて風通しをよくする。
    ・こまめに埃や汚れを掃除する。

■ 取り除く。
    ・カビは直接スプレーをかけると飛び散るので
                薬液を浸した布などで拭き取る。

 

完全に無くすのは難しいですが、減らすことは可能です。

できることから始めてみましょう。

 

湿度のないカラッと気持ちいい木の家の写真

ダニやカビのでない家づくりを考え木の家づくりや

OMソーラーの家づくりをしています。

結露のない、換気・風通しの良い、夏涼しく冬暖かい、

こんな家づくりの方法をお話ししています。

 

GF大阪のセミナールームで開催する「家づくり勉強会」を

一度のぞいてみてください。

 

家づくり計画セミナー開催中の様子

 

「自然の風を取り入れたここちいい家」のつくり方お話しします。

↓  ↓  ↓

グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
  ■■  「家づくり計画」セミナー ■■

暑い夏をエアコン無しで乗り越える木の家づくりのポイント—家づくり勉強会。

夏をエアコン無しで乗り切るには、自然をデザインするパッシブクーリングを

考えると心地よい木の家になります。

 

そこで、心地よい風・通風を考えるには、風上と風下の窓の開口面積の関係を

考えてみます。

風のスピード( 風速 ) と窓開口の大きさで、取り入れたい風の種類を調整できます。

 

1つの部屋・1つの住宅で風の入口と出口を同じ大きさの窓開口が取れると

均等な通風ができて良いのですが、ほとんどの場合は同じ大きさにはなりません。

 

風の特徴で考えると、入り口の開口が小さく出口が大きいと、

入り口付近の風はスピード( 風速 )が上がり涼風感が得られます。

ここでお昼寝をすると、本当に涼しくぐっすり眠ることができるでしょうね。

( ただし、カゼをひかないようにご注意くださいね。笑 )

風上と風下の開口面積の関係(窓の大きさ・位置で風通りが決まる)

 

入り口は大きく、出口が小さい場合は、風のスピード ( 風速) はゆっくりですが、

室内に広く行き渡り、全体にやわらかな風を得ることができます。

 

グランフロント大阪での「家づくり勉強会」では、このような通風や風の通り道を

得ることのできる間取りの計画方法もお話ししています。

一緒に勉強してみませんか。

 

家づくり計画セミナー開催中の様子

 

「自然の風を取り入れたここちいい家」のつくり方お話しします。

↓  ↓  ↓

グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
  ■■  「家づくり計画」セミナー ■■

通風、風の通り道を考えここちよい木の家をつくる—家づくり勉強会。

自然をデザインするパッシブクーリング、風の通り道は平面プラン計画から考えます。

ポイントは風向き風速を考えます。

そして、風の入り口と出口の位置関係で大きく変わります。

 

同じ平面プラン計画でも、風の吹いて来る方向で通風と風の通り道は変わります。

同じ間取りの住宅を、風上方向に45度90度と左回転させて、

室内への通風を実験した模型でどの部屋に風が抜けているか確認しました。

 

黄色の部屋の通風はあまり無いことが分かります。

風の通り道を考えた平面計画のイメージ

 

その敷地、その地域に吹く風向きと風速・風量をしっかり確認した上で、

土地に合わせた住まいの配置を考えなければなりません。

 

通風は開口部・窓の配置と間取り・間仕切りで確保しましょう。
グランフロント大阪での、「家づくり勉強会」ではこのようなお話しもしています。

一緒に勉強してみませんか。

家づくり計画セミナー開催中の様子

「風の通り道まで考えた木の家」のつくり方お話しします。

↓  ↓  ↓

グランフロント大阪開催 「家づくり計画」セミナー

↓↓ 詳しくはこちらのイベントページをご覧ください ↓↓
  ■■  「家づくり計画」セミナー ■■