工務店社長日記

ソーラーコム社長ブログ

耐震構造についてのご質問、面談対応の現場から!

消費者様と設計の話しをする時、多々出る話のひとつが、、、

地震対策です。

 

耐震性能をアップするには様々な工法があります。

いろんな制振工法、いろんな免震工法、いろんな金物工法、、、

本当にいろいろあります。

 

否、集成材の構造材が強い、鉄骨造が強い、コンクリート構造が強い、、、

数え上げたらきりがありません。

 

 

ひとつ言えるのは、バランスが重要!!

 

少し前、TVのNHKスペシャルで、熊本地震の被害状況の特集を

放送していました。

その中でバランスが大変重要ということを伝えていました。

ご覧になられた皆様も多いと思います。

( 実際、設計の面談対応時に消費者様に尋ねると、見た見た、

と言われる方が多いです。)

 

耐震構造、、、耐力壁の1階と2階の「直下率」という言葉が出ていました。

「直下率」、、、素人の皆様は、余りご存知ない方が多いと思います。

 

即ち、2階の耐力壁のある位置の直下には、1階にも耐力壁を設けなさい

ということ。

勿論、間取りや窓開口部により100%とはいきませんが、

出来るだけ近づけることが地震時の耐震性能はアップします。

 

ただ、この場合もバランスが重要で、

四角い家の4面にバランス良く配置しないと思った効果発揮できません。

 

東西南北の4面に1階も2階もバランス良く耐力壁を配置することが

大変重要です。

 

こちらは、現在プラン中のあるお家の設計図です。

1階と2階の耐力壁のところを色付けしています。

100%ではありませんが、ほぼ100%に近い位置に設置ができています。

 

さらに水平構面、即ち床の構造面をガッチリ固めること、

屋根の小屋組をガッチリ固めること。

無理な間取りにせず、水平面・立体面の全てをバランス良く

配置することが重要です。

そして、構造計算書 ( 許容応力度計算書 ) を必ずつけてもらうように

ハウスメーカーなどに伝えてくださいね。

 

 

 

 

 

ZEH (ゼッチ) ゼロエネルギーハウス

ネットゼロエネルギーハウス のことを省略してZEH ( ゼッチ )と読みます。

経済産業省が進める政策で2020年を目処に省エネ基準への適合を

段階的に義務化しようというものですが、、、。

 

最近、新規のお客様からも時々尋ねられることがあります。

勿論、しっかり勉強され、真剣に考えておられる皆様からですが、

大きなハウスメーカーも盛んに広告宣伝しているからでしょうか?

 

 

ZEH (ゼッチ) 、、、なんだか非常に解り難いと思ってます。

OMソーラーの工務店仲間では、

「ずっと(Zutto)前から、エコロジー(Ecology)な、家(House)」

と理解しています。

実際、ずっと前から、エコな家を造り続けてきました。

 

ともあれ、消費者様にとっても、地球環境にとっても大変良いことに

変わりはありません。

 

 

ZEH (ゼッチ)は太陽光発電の導入が必須になります。創エネですね。

そして、高性能のエアコンを設置します。

OMソーラーのZEH

 

 

勿論、高断熱、高気密、は当たり前に高性能ですが、、、。

熱交換型の省エネ換気設備も必須です。

 

日射遮蔽、高効率照明器具、高効率給湯設備、、、、

いやぁ、こう並べてしまうと、やっぱり機械的でアクティブ過ぎるきらいもありますね。

 

 

創エネでエネルギーを作った上で、

年間の一次エネルギーの消費量を抑えてエネルギー消費の収支を

プラスマイナス「ゼロ」または、ゼロ以下にする家づくり、ということです。

 

私的には、OMソーラーの会員工務店として、

もう少し自然との共生を考えたパッシブなZEH ( ゼッチ )をご提案したい

と考えています。

 

やっぱり、太陽光発電とエアコンだけの機械的と言われそうな

お家にはあまりしたくありません、、、。

 

開放的でパッシブ、換気や自然・四季など不変なものとの共生です。

 

これからは、ZEH(ゼッチ)を推進する政策が沢山出てきます。

少し前から、ZEH(ゼッチ)の家には国からの補助金もありました。

来年度はさらに政策を推し進めるための補助金も拡充されることでしょう。

 

補助金を確保するためのゼッチでは「あきまへん」が、

今後の住宅建築は、否応無しにZEH(ゼッチ) にせざるを得なくなります。

 

消費者様にはご負担が掛かる場合もありますが、

地球環境のために一緒に頑張りましょう。

 

ただ、「ずっと前から、エコロジーな、家」として!!

ZEH(ゼッチ)に関する詳しい資料をご希望の方は
資料請求よりお問い合わせください♪

資料請求

 

家づくり「設計/プラン計画セミナー」

現在、好評いただいているグランフロント大阪で開催しています

「家づくり計画セミナー」は従来通り開催して参りますが、

以前から、工務店ソーラーコムの無垢の家スタジオで、

不定期に開催していた「設計/プランの考え方」教室を一新して、

年4回程度の定期開催に切り替えて開催して参ります。

 

家づくりで、設計/プランの考え方を基本から学べるセミナーは

殆んどありません。

 

よく見かけるのは、参加の後に営業的なことがあるものや、

資金計画から入るプラン勉強会です。

 

このような勉強会とは一線を画して、

素人の消費者様が自分で考えることのできる

設計/プランの勉強セミナーとなっています。

 

 

「家づくり計画セミナー」では時間不足で、

設計/プランのお話しが殆んどできていませんでした。

 

また、お子様同伴では会場に入れないという制約も有り、

ご迷惑をお掛けしていました。申し訳ございませんでした。

 

 

設計/プランをしっかりご自身でも勉強して、設計士と一緒になって、

設計/プランを考えて行きたいとの要望にお答えにすることにいたしました。

 

新バージョンの第一回目は、新年の1月29日(日)の開催になります。

 

無垢の家スタジオは小さなスペースなので4名様までの募集になります。

 

内容を少しお伝えすると、

まず、「敷地に対して家の配置はどうすればいいの?」

から始まり、「光を取り込み」 「風を通し」 「視線を抜く」 心地良い設えの勉強。

 

自然との共生、環境、太陽エネルギーの捉え方から、

パッシブクーリング、日射遮蔽、OMソーラーの詳しい内容まで。

 

また、動線、収納、ストレスの無い設えから、

女性目線のプランの考え方まで盛り沢山で勉強いただけます。

 

きっとこれから家づくりを考えておられる皆さまのお役に立てるセミナーと思います。

お気軽に、お問い合わせ、お申し込みください。

 

 

 

発表して10年経った陽の木の家に、 Si 誕生—価格は?

ソーラーコムの木の家・標準化住宅、

ブランド名称は 「 陽の木の家 」

 

 

第1棟が完成してから10年が経ち、

工務店ソーラーコムの木の家といえば 「 陽の木の家 」であると

知る人ぞ知るブランド。

 

 

認知されてから10年を記念して、

陽の木の家 「 木造ドミノ 」 仕様のタイプ Si   のユーザー様を募集します。

大黒柱のある尺モジュール806タイプで、

3LDK+1、工事床面積  91.5 ㎡(27.68坪)の家。

 

外壁は丈夫で長持ち、カラーモルタル寒水掻き落とし仕上げの

落ち着いた質感を持っています。

 

構造、内外装仕上げも全てこれまでの陽の木の家同様の

100年長持ち住み続けられる仕様。

 

おまけに地震に強い伝統工法の長ほぞ込み栓工法も

標準採用しています。

 

 

住・設、照明器具まで含んだ、今すぐ生活できる仕様で

本体価格

なんと・・・ 1580万円!!

 

 

お気軽にお問い合わせください。

資料請求もお待ちしていますね!

 

資料請求    

i-works プロジェクトとは、、、。 

 


誰もがここちよいと思える住まい
心地よい、居場所のある家。

 

 

目指したのは、プレタポルテな家づくり。

プレタポルテとは「質の高い既成服」の意味。
誰かのためのフルオーダー住宅「オートクチュール」ではなく、建築を標準化することにより、オートクチュールの上質さを纏(まとわ)った既製服を、手が届きやすい価格で提供する。
それがこのi-worksの狙いです。
信頼できる素材・建材メーカー、地域工務店とコラボし、総合的にクオリティの高い住まい、確かな住まいを、日本全国に提案していきます。

 

健康的に、そして美しく。

小さくても、豊かな暮らしをめざして。
小さな家で豊かに暮らす。

 

小さな家は、決して“狭い家”ではありません。
広々と住むための工夫を考えることこそが、設計の醍醐味。
必要なものとそうでないもの、これからの生活を整理することで、
無駄がなくなり小さくまとめることが出来ます。

 

さらに小さな家だからこそ少ないエネルギーで暮らす。

無駄な空間にエネルギーを費やすこと無く、環境にもやさしい
住まいは、これからの日本にとって、とても大切なことなだと思います。

 

 

 

建築家 伊礼智 氏が監修してつくられる質の高い小さな家。

日本らしい佇まいを持った、簡素だけれども品格のある住宅を目指し、
長寿命性能、省CO2性能、快適性を備えた小さくても大きく暮らせる
家を提供することを目的とした本プロジェクトは、

審査委員から

「建築を標準化する一方で施工は地域工務店を活用し、
工業化と手作り感のバランスをとる仕組みを実現している。

ユニット住宅でもなく注文住宅でもない建築のあり方を追求し
地域貢献を展開している点を仕組みのデザインとして評価する。」

と、「設計デザインに加え、工務店x建材メーカーによる
『つくり手ネットワーク』」という信頼価値について、高い評価を頂きました。

 

 

伊礼 智 氏

1982年、琉球大学理工学部建設工学科卒業後、
東京芸術大学美術研究科大学院修了(奥村昭雄研究室)。

丸谷博男+エーアンドエーを経て、1996年伊礼智設計室開設。
2005年から日本大学生産工学部建築工学科居住空間デザインコース非常勤講師。
2006年「東京町家・9坪の家」、2007年「東京町家・町角の家」でエコビルド賞受賞。
主な著作:『伊礼智の住宅設計作法』
(2009年 編集/新建新聞社・発行/アース工房)/『伊礼智の住宅設計』
(2012年 発行/エクスナレッジ)

 

 

i-works project の仕様

 

 

伊礼氏が長年使い続けてきた
信頼おける建材パーツを標準採用。

i-works project には、グッドデザイン賞でも高い評価を受けた
「建材メーカーとのつながり」という魅力があります。

一時的な流行やデザインに流されるのではなく、
長い寿命と長い必要を兼ね備えた建材パーツを厳選。

また、住宅全体をパッケージ化したことにより、構造はもとより、
枠廻りや階段も国産材でプレカット化し、難易度の高い仕事を合理化。

キッチンや洗面台、置き家具は地域工務店の大工と建具屋で造ることで、
空間の中に溶け込むような意匠性と将来的のメインテナンスのし易さを
確保しています。

ハウスメーカーのように徹底した工業化を目指すのではなく、
職人技を活かしながら、手づくりの良いところと融合させました。

 

 

ゆたかな暮らしを実現する予算配分

i-works projectでは、ゼロからオリジナルで細かく設計
していくのではなく、プランが決まっています。

それは徹底的に無駄を省き、合理化されたプランであり、
品質にこだわり「住宅の質」を高めた、「標準化」された
プランだからです。

毎回異なる仕様や部材をばらばらに使っていたのでは、
コストだけがどんどん積み重なり、家全体としての「質」の
追求に至りません。

厳選された素材を決まった型で導入し、設計コストと
部材コストを効率よくすることで、家全体のコストメリットを
生み出し、「住宅の質」を高めることに繋がります。

 

設計と仕様部材を標準化することによって、
オートクチュール型の一品設計よりもコストを抑えることが
できます。

良質な空間をもつ住まいを、少し頑張れば手に入れることが
可能となり、おさえた予算を家具や植栽といった
「ゆたかな暮らしを構成するパーツ」にまわすことができます。

 

 

i-works プロジェクトが目指す家づくり

それは、誰もが心地よいと思える住まい。

特定の誰かのための「特殊解」でなく、「一般解」として、
心地よく住まうことのできる家を、
少しがんばれば手に入れることのできる価格で提供すること。

そのために、これまで伊礼智が手がけてきた住宅をブラッシュアップ
しながら各部位を「標準化」し、面積の異なるプランに展開する
計画となっています。

生活スタイルや家族構成により、選ばれるプランは異なるはずですが、
どれを選んでも氏の考える心地よい居場所のある住まいとなっています。

 

 

i-works プラン

 

<i-works1.0>

大屋根が印象的なi-works 1.0 。
延床29.34坪の、ほどよい広さと、
勾配天井の吹き抜けの開放感で
家族四人がのびのびと暮らすことができます。
玄関脇には外物置もあり
アウトドア用品などを納めることができます。

 

<i-works2.0>

延べ床面積およそ23坪のなかに
3つのベッドルームをもつ1階リビングの小さな家。
小さいながらも、外出時でも安心して洗濯ものを
干すことのできるインナーバルコニーや
納戸、外物置など、多くの収納スペースを有しています。

 

 

 i-worksパンフレットより抜粋

さらに詳しい i-worksプロジェクトの資料をご覧になりたい方は
資料請求よりお問い合わせください。

資料請求

 

木造ドミノ住宅 ―― 「 ソライロ ドミノ 」

工務店ソーラーコムでも木造ドミノ住宅に取り組むことになりました。

東京の相羽建設さんと建築家・野沢正光さんの協働で始まった

木造ドミノ住宅

 

取組み当初から大変良く知ってはいたものの、、、

関西・特に大阪では受け入れ難いスタイルと考え、

ずっと保留にしていたプロジェクトでした。

 

時代を経て、木造ドミノ住宅も漸く関西でも受け入れ易い、

柔軟性のある間取りとデザインの取り入れが出来るようになりました。

 

そこで、今回、ソーラーコム・スタイルのドミノ住宅、、、

「 ソライロ ドミノ 」 プロジェクトをスタートすることに決定しました。

 

「木造ドミノ」の特徴は、

何と言っても強固なスケルトン(構造・外周躯体)インフィル(間仕・内装)

の考え方と、大黒柱。

 

「 ソライロ ドミノ 」はプラス α で、標準化します。

 

勿論、完全自由設計の場合でもドミノ化しても、生涯に渡って、

可変性のある変えられる間仕切、

そして、永く住み続けることの出来る、地震に強い耐震構造の設計プランです。

20161220.jpg

間取りも生涯の家族構成によって変えられる間仕切りを使うインフィルになり、

お子様の成長やご両親との同居などにも簡単にリノベーション対応できる

設計プランです。

 

先ずは最初のご案内をさせていただきました。
「 ソライロ ドミノ 」の資料ご請求をお待ちしています。

 

資料請求

 

 

 

問い合わせが増えています!【i-worksの価格帯】

i-works 1.0 の価格については会員地域工務店各社で違います。
仕様によってもかなりの増減となっています。

 

先日も価格などについて、2件のお問い合わせをいただきました。

 

その時にお答えした一部が、以下の内容になります。
少しだけ公開いたします。

 i-works1.0 の価格

i-works 1.0 の外物置無しの場合で、
外壁はカルバリュウム鋼板zig張りの場合は2430万円〜。

 

外物置有りや、外壁仕上げがソトン壁左官仕上げの場合になると
50万円〜350万円と増額になっていきます。

 

ご存知の方もおられるかと思いますが、
この i-works は建築家: 伊礼智さん監修のプレタポルテの木の家です。
ですから、グレード的にはかなりハイグレードになっています。

 

が、、、価格以上のお値打ちのある高級標準化の注文住宅と言えます。
関西、特に大阪の皆さんにはなかなか受け入れ難いかもしれませんが、
ぜひ、ご検討をしていただきたい木の家ですね。

 

植栽も造園家の荻野さんの監修になりますので、
こちらの予算も計上してください。
家の内と外の庭の関係が答えを出してくれる気持ちの良い快適な設えになります。

i-works

詳しいご質問、ご相談は、
工務店ソーラーコムの川口重行まで。
電話でもメールでも構いません。

お気軽にお問い合わせください。