『我が家の木の家を伐採に行ってきました!』

  • 投稿日:2015.12.22
  • 家づくりストーリー

 

現在、大阪、兵庫にて木の家づくりが進行中の、3組のお客様と一緒に、

ご自分の木の家になる木材を、ご自身の手で伐採するために、

高知県の森に行ってまいりました。

その際にいただいた、感動の伐採ツアーの体験文をご紹介します♪

★伐採ツアーのようすはこちらのスタッフブログにご紹介しています♪
↓ ↓ ↓

・・・・・ 竣工予定順にご紹介しています ・・・・・

点線木目

大阪市阿倍野区で木の家づくり進行中! T様
(2016年3月竣工予定。先日、上棟式をおこないました)

◆T様 ご主人より

家族の想い出になること、そして、ものづくり、家づくりを通して自然や人との

結びつきを子供たちや自分たちも学びたいという思いでツアーに参加しました。

 

伐採の瞬間、大きな木がゆっくりと揺れ、「バキバキ!ドシーン!」と大きな音を建てて

倒れる様子が印象的でした。「これが家づくりのスタートだ」、と感じました。

 

伐採前の祈願式、その後の工場見学など、自然の恵み、人の手間をかけて

一本の材木になっていく工程をみれたことはいい経験でした。

 

民宿の郷土料理も食べきれないほどで、おいしく頂きました。

子供たちも、スタッフや他の参加者のお子様と遊んだりして、想像していたよりも

面白かった!と言って満足そうでした。

 

◆T様 奥様

子供たちのいい思い出になればと思い参加しました。

やはり伐採の瞬間が一番感動でした。

 

斧入れのあと、森林組合の方がチェーンソーを入れ、言った通りの方向に

木が倒れていったのを見て感動しました。

 

森林組合の方のお話しなども、普段経験できない貴重な体験でした。

温泉や、食事の時に、他の参加者の方ともお話しする機会があり、

楽しく過ごすことができました。

 

子供たちも木が倒れる瞬間がすごかった!といっていました。

 

点線木目

豊中市でOMソーラーの木の家づくり進行中! S様
(2016年3月竣工予定。先日、上棟式をおこないました)

 

◆S様 ご主人

仕事が入る可能性が高い土日なので迷っていましたが、ソーラーコムで家を建てた

方たちから、「絶対行った方がいい!」と聞いていたので、参加しました。

 

実際行ってみて、家を建てる過程で、このような体験をできとても満足しています。

当たり前のように感じていた木で家をつくるということに、「生命をいただく」という

ことを教えてもらいました。

子供たちによっても貴重な体験になったと思います。

 

森林組合さんが終始、“木で家をつくる”ことの楽しさや有り難み、喜びを、

言葉だけでなく表情からも伝えてくれ、妻とも、このような家づくりを選んでよかったと、

帰路で話していました。

 

◆S様奥様

自分の手で伐採した木が、自分の家に使われると思うとワクワクしました!

自然の命を頂いて家を作るということが、すごく大きなことなんだと実感しました。

毎日、感謝して、お家をより大切に出来そうです

 

森林組合さんのお話しも、私にもわかりやすく、楽しかったです。

丸太が並んでいた様は、すごく感動しました。

材木のことだけでなく、産地や高知のことも知れてよかったです。

 

郷土料理もほんとうに美味しく、民宿の方たちのあたたかい人柄に安心しました。

 

点線木目

伊丹市で木の家づくり進行中! H様
(2016年5月竣工予定。先日、地鎮祭をおこないました)

 

◆H様 ご主人

自分の家に使われる木の産地、製材所、乾燥工程などを見てみたいと思い

参加しました。

実際、製材工場見学が一番印象に残りました。

 

丸太の選別からプレカット前の製材まで、管理の仕組みを整えていること、

木片や樹皮の清掃が行き届いている点が良かったです。

 

また、林道の整備状況が全国2位、3位と言う事で、森の整備への力の

入れ方を感じました。
伐採を終えて、自分で斧を入れた木が自分の家に使われるということが、

まだ実感できませんが、自分と樹齢が近い木を使うことになんだか親近感を

感じています。伐採した木と共に自分の人生も続くのだな、と感慨深いです。

 

◆H様 奥様

倒木の瞬間の音、切ったばかりの切り株のみずみずしさと香りがとても印象的でした。

また、森林組合の西村さんのお話しと製材工場の見学もとても勉強になりました。

 

「この木が我が家になるのだな…」「いよいよ家を建てるのだな…」と少しずつ、

家づくりをすることの実感が湧いてきたところです。

自然の恵みを頂くのだということに感謝の気持ちも生まれました。

 

民宿も風格のあるお宅で、料理の自然そのもの、そのままの味が生きていて

おいしく頂きました。帰りは日曜市場にも行き、旅行気分も満喫できました。

 

 

皆さま、ありがとうございます。

これからも、ご家族様みなさんの手で伐採していただいた木材をつかい、
木の家造りを進めて参ります。

家づくりの間は、色々と決め事も多く、お忙しいこともあるかと思いますが、
お家が完成しましたら、伐採ツアーでのことを思い出しながら
木の香りが広がるリビングでごゆっくりお過ごしいただけたらと思います。

今後とも末永くどうぞよろしくお願いいたします。 

ソーラーコム 一同

カテゴリ

最新記事

シリーズ「奥ゆかしき暮らし」第2回(復刻)

現場監督が木材検品へ

伊礼智 i-works&設計作法講演

シリーズ「奥ゆかしき暮らし」第1回(復刻)

収納が増えるハンガー

家具と照明の定番(一生ものを大切に使う)

伊礼智「12の設計作法」

伐採祈願祭ツアー