「陽の木の家」八尾市M様

  • 投稿日:2019.7.19
  • 家づくりストーリー

きっかけ

賃貸マンションに長年住み、いつかはマンションか戸建て購入をと考えていました。

そんな折に、娘を授かり、家族が増えた事で具体的に動き出しました。

当初はマンション購入も視野に入れていましたが、親の土地を相続するという事も重なり、戸建てに決定しました。

 

工務店選びと決め手

決め手は「安心・メンテフリー」と、「社長の住宅に対する愛情」!!

漠然と情報収集する中、妻がたまたま見つけた市の情報誌に掲載された住宅セミナーに参加しました。

住宅業界を渡り歩いた講師の説明は有意義で、住まいを選ぶポイントがこの時に「耐震、耐久、安心、対応満足度」になりました。

この時、セミナーを開催した企業さんがソーラーコムさんでした。

セミナーのプログラムの一環として、まずは家族の人生設計のプランを作成し、

それを住まい「希望一覧」に落とし込む作業を1年かけて実施。

それをソーラーコムさんに提出し、図面を作成していただきました。

更に他のハウスメーカーや工務店へも「希望一覧」と「耐震、耐久、安心、対応満足度」を基準に自分達にマッチした企業さんは

どこか半年かけて渡り歩きましたが、最終的にソーラーコムさんに決めることに。

決め手はやはり当初の基準にプラス「メンテナンス」。

特に「安心」では、建築物が自然素材であること(他の企業さんは人工素材が多い)、

「メンテナンス」では極力メンテナンスが不要で(耐震・耐久も考慮しつつ)、経済的にも負担が少ないよう素材を選ばれていること、

「対応満足度」では、ソーラーコムの川口さんが親身になって相談にのっていただけたこと、更に家づくりへの想いが熱いことで、

この方に家を作っていただきたい!メンテナンス(ほぼ不要ですが・・・)も含めて今後も末永くお付き合いしたい企業さんだと感じました。

 

 

 

設計

双方(自分達とソーラーコムさん)の想いが詰まった図面に!!

「人生設計プラン」と「希望一覧」通りの暮らしが可能か?図面とにらめっこしながら何度もソーラーコムの川口さんと打合せする月日。

・予算の都合上諦めた間取り(サンルーム)を予算の範囲で実現(リビングで洗濯物を干す)する

・収納力(1F、2F)の調整

・人口空調が苦手なので、OMソーラーの導入と効率的な風の流れ

・日光の効率的な取り込み

・生活動線を意識し、お風呂・洗面所・洗濯物を干す場所をなるべく短距離に

等の数々の要望や急な変更にも(無理難題で困ったなと思われた案件も有り)、

川口さんにアドバイスいただきながら進めた事でイメージが具体的になっ図面に!!

大手ハウスメーカーでは設計打合せ回数に上限がある中(3回等)、少なくとも20回は打合せし、申し訳ないなと思っていましたが、

「全部出し切って、後悔しないようにしましょう」と言ってくださった事で想いがつまった図面にすることが出来ました!!

 

画像の説明文
画像の説明文

 

伐採ツアー

「安心・安全」を体感!!

実際に使用する木材を実際に「見て、触って、感じて」を体験出来るツアーでした。

・見て→高知県高岡郡梼原町の森林組合敷地内での木材加工の見学やその木材を使用した建築物の見学

・触って→伐採の体験、加工木材に触れる

・感じて→木材の質の高さ・安全性。森林組合の方の木材に対する想い。

木は伐採され、家の一部になっても尚生きつづけていること。

大量消費時代になり忘れ去られた生産現場・生産者の方と購入者とのつながりがココには有り、

通じ合う事で使用するモノの「安心・安全」が実感できました。

子供が大きくなった時に、使用されている木材について、想いも含めて伝えられることが何よりの付加価値であると実感しました。

 

画像の説明文
画像の説明文
画像の説明文

カテゴリ

最新記事

空間を小さくすることで得られる絶大な居眠り効果

空間を小さくすることで得られる絶大な居眠り効果

「陽の木の家」八尾市M様

「i-works1.0吹田」吹田市M様

シリーズ「奥ゆかしき暮らし」第2回(復刻)

現場監督が木材検品へ

伊礼智 i-works&設計作法講演

シリーズ「奥ゆかしき暮らし」第1回(復刻)

収納が増えるハンガー