「少なさ」という豊かさ 【照明の数編】

  • 投稿日:2020.12.18
  • 家具/収納/雑貨
  • 設計/間取りプラン

必要なところに、必要なだけの灯りを。

影も灯りのひとつ。

灯りを絞れば影ができ、空間に奥行きが生まれ

その陰影が心も優しく癒やしてくれる。

 

マンションのようにどこもかしこも煌々とした灯りの中では、奥行きや趣きは感じにくいものです。

ソーラーコムの注文住宅『陽の木の家』の標準仕様も昔よく

 

「照明めっちゃ少なくないですか?」

 

と言われたものです。

 

その建物にあった本当の照明の付け方は、売れてなんぼの照明屋さんではわかりません。

そこに身を置けばわかる、少なさという豊かさが。

ぜひ灯りの少ない見学会・モデルハウスでご体感を。

ソーラーコムモデルハウスを見る

ぼんやり必要なところに必要なだけの灯りを

天井には付けず、ペンダントで重心を下げる

読み書きも楽しくなる空間になる

カテゴリ

最新記事

【i-works1.0住まい手宅見学レポート】第7回:雨が似合うi-works、雨が好きになる

【i-works1.0住まい手宅見学レポート】第6回:玄関アプローチは小さくかわいく

【i-works1.0住まい手宅見学レポート】第5回:重心を下げて、落ち着きのある暮らし

【i-works1.0住まい手宅見学レポート】第4回:収納アレンジによってストレスを減らす

【i-works1.0住まい手宅見学レポート】第3回:縁側に人や豊かさが集まる

【i-works1.0住まい手宅見学レポート】第2回:住んで分かった伊礼智さんの設計の奥深さ

【i-works1.0住まい手宅見学レポート】第1回:アレンジはした方がいい?しない方がいい?

【性能だけでは快適な家にはなりません】